【まとめ】建築士 合格率・過去問・解答速報等【平成30年度】

一級建築士試験・二級建築士試験の関連情報まとめです!

試験日程、合格率や難易度、過去問の閲覧が可能なサイト、おすすめテキスト・問題集、解答速報サイト、Twitter・2ch・YouTube検索用リンク等をまとめています。

試験前後に気になる情報ばかりを集めました。この記事をシェアもしくはブックマークしていただけると、今後、同じ情報を検索する手間が省けますので効率的です。

合格を手にするその時まで、ふるってご活用ください!

(トピックが多いため、この後に出てくる「目次」を使用し、必要な情報をとっていただければと思います!)

スポンサーリンク

建築士試験の概要と公式サイト

建築士試験は、日本の建築に関する国家試験です。一級建築士は高層ビルや病院、百貨店等の巨大建造物の設計・工事監理等を行うことができます。二級建築士はアパート・戸建など。

年間の受験者数は一級建築士が毎年2万人以上、二級建築士が1万5千人以上で、いずれも大人気かつ「食える資格」としてよく知られています。

公式のサイトはこちら。

試験地や試験科目、受験資格、受験手続の方法、問い合せ先等の正確な情報は、上記公式サイトで再確認することをおすすめします。

試験日程

今年度の建築士試験の関連スケジュールです。

一級建築士

実施内容 実施日
学科試験 2018年7月22日(日)
学科試験の
合格発表
2018年9月4日(火)予定
設計製図試験 2018年10月14日(日)
設計製図試験の
合格発表
2018年12月20日(木)予定

詳細はこちらから。

二級建築士

実施内容 実施日
学科試験 2018年7月1日(日)
学科試験の
合格発表
2018年8月21日(火)予定
設計製図試験 2018年9月9日(日)
設計製図試験の
合格発表
2018年12月6日(日)予定

詳細はこちらから。

合格率と難易度

建築士試験の合格率に関する情報です。

一級建築士試験

一級建築士試験の過去3年の合格率は、学科試験がおおむね18%前後で推移、設計製図試験がおおむね40%前後で推移しています。

周知のように、超難関レベルの資格試験となっています。

実受験者数・合格者数を含む詳細は、下記でご確認ください。

二級建築士試験

二級建築士試験の過去3年の合格率は、学科試験がおおむね30%前後で推移、設計製図試験がおおむね20%前後で推移しています。

難関レベルの資格試験です。

実受験者数・合格者数を含む詳細は、下記でご確認ください。

出題基準と出題形式

一級建築士と二級建築士の出題基準・出題形式の概要です。

出典はこちら。

一級建築士

一級建築士の1次試験は、全125問・4肢択一マークシート形式の試験になるのが通例です。次の科目が出題されます。

  • 学科I[計画]
  • 学科II[環境・設備]
  • 学科III[法規]
  • 学科IV[構造]
  • 学科V[施工]

二次試験は設計製図の試験が出題されます。設計課題は予め公表されます。下記ページをチェックしてみてください。

二級建築士

二級建築士の1次試験は全100問・5肢択一マークシート形式の試験になることが通例です。

  • 学科I[建築計画]
  • 学科II[建築法規]
  • 学科III[建築構造]
  • 学科IV[建築施工]

二次試験は設計製図の試験が出題されます。設計課題は予め公表されます。下記ページをチェックしてみてください。

合格基準(ボーダー)

建築士試験の過去の合格基準は、次の通りとなっています。

一級建築士試験

【学科試験】

実施年度 合格基準点
(総得点のみ掲載)
平成26 90
平成27 92
平成28 90
平成29 87

【設計製図試験】

設計製図試験の合格基準は、過去4年間のいずれの年度も「ランクⅠ:「知識及び技能」を有するもの」とされています。

詳細は、下記ページをご確認ください。

二級建築士試験

【学科試験】

実施年度 合格基準点
(総得点のみ掲載)
平成26 60
平成27 59
平成28 60
平成29 60

【設計製図試験】

設計製図試験の合格基準は、過去4年間のいずれの年度も「ランクⅠ:「知識及び技能」を有するもの」とされています。

詳細は、下記ページをご確認ください。

過去問・出題例を閲覧できるサイト

試験実施団体により、過去問3年分の試験問題が公開されています。解答・解答例付きです。

その他、下記の過去問サイトがあります。

【一級建築士】

【二級建築士】

建築士試験の合格に向けて、活用しましょう!

おすすめテキスト・問題集・講座など

一級建築士・二級建築士とも難関試験であり、市販のテキストで評価が定まっているものが無いこともあり、資格対策講座を利用する人が多いようです。人気の講座には次のものがあります。

講座を利用している場合でも、2次の設計製図に関しては次のような補助教材を利用する人が多いです。

解答速報サイト

建築士試験の解答速報提供サイト、および公式の解答掲載ページをご紹介します。

TAC

資格対策予備校のTACは、一級建築士・二級建築士試験の「学科試験」の解答速報・試験講評・合格推定点、「設計製図試験」の講評・参考答案を毎年作成・公開しています。

TACの解答速報は、下記ページをご確認ください。

日建学院

資格対策予備校の日建学院は、一級建築士試験・二級建築士試験の学科試験解答速報を毎年作成・公開しています。

日建学院の解答速報は、下記ページをご確認ください。

総合資格学院

資格対策予備校の総合資格学院は、一級建築士試験・二級建築士試験の即日採点サービスを毎年提供しています。

総合資格学院の即日採点サービスは、下記ページをご確認ください。

コスモ建築塾

資格対策講座のコスモ建築塾は、建築士試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

コスモ建築塾の解答速報は、下記ページをご確認ください。

九州不動産専門学院

資格対策予備校の九州不動産専門学院は、一級建築士試験・二級建築士試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

九州不動産専門学院の解答速報は、下記ページをご確認ください。

公式の解答

建築士試験の実施団体が、試験問題と公式の解答をホームページで提供しています。

試験問題は試験の翌日以降に掲載されます。

公式の解答は合格発表日に掲載されます。

下記のページをご確認ください。

Twitter・2ch・YouTube動画検索

建築士試験に関する情報は、ツイッター2ちゃんねる、YouTubeでも手に入れることができます。

実際に受験した人の感想や、不適切問題に関する情報など、最新の話題を知りたい方は、下記のツイッター・2ちゃんねる検索用リンクを使用してみてください。

参考 Twitterで「建築士」を検索

参考 2ch(新名称:5ch)で「建築士」スレを検索

個人や企業の解説動画等を閲覧したい場合は、下記のYouTube検索用リンクを使用してみてください。

参考 YouTubeで「建築士」を検索(新着順)

合格発表日・合格発表サイト

建築士試験の合格発表日は、上記試験関連日程にてご確認ください。

合格発表日には、試験実施団体ホームページにて合格者の受験番号が掲載されます。

下記ページをご確認ください。

おわりに

以上、建築士試験の試験関連情報まとめでした!