【まとめ】日商簿記 合格率・過去問・解答速報等【平成29年度】

日商簿記検定の関連情報まとめです!

試験日程、合格率や難易度、過去問の閲覧が可能なサイト、おすすめテキスト・問題集、解答速報サイト、Twitter・2ch・YouTube検索用リンク等をまとめています。

試験前後に気になる情報ばかりを集めました。この記事をシェアもしくはブックマークしていただけると、今後、同じ情報を検索する手間が省けますので効率的です。

合格を手にするその時まで、ふるってご活用ください!

(トピックが多いため、この後に出てくる「目次」を使用し、必要な情報をとっていただければと思います!)

スポンサーリンク

試験概要と公式サイト

日商簿記検定は、日本商工会議所が主催する簿記の検定試験です。

簿記は、企業その他の団体・組織が、自らの財政状況を把握するために欠かせない「帳簿の技術」です。簿記のルールに従ってお金の出入りと資産の状況を正しく記録することによって初めて、組織の経営者や代表者は正しい経営判断・運営判断をすることができます。

日商簿記では簿記全般に関する知識と技能が問われます。級ごとにおおよその水準が設定されており、1級は大企業の簿記、2級は中小企業の簿記、3級は個人商店の簿記です。簿記初心者がまず目指すべきは、3級ということになります。

日商簿記検定は1954年から続く歴史のある検定試験であることから、社会的な評価も確立しています。特に経理・財務等担当者の求人募集においては、日商簿記検定の2級・3級を持つことが応募条件となっていることもよくあります。就職・転職にも力を発揮する検定試験であると言えるでしょう。

公式のサイトはこちら。

試験地や試験科目、受験資格、受験料、受験手続の方法、問い合せ先等の正確な情報は、上記公式サイトで再確認することをおすすめします。

試験日程

日商簿記検定の関連スケジュールです。

6月試験(第146回)

6月試験は、1級・2級・3級試験が実施されます。

平成29年度6月試験は終了しました。

11月試験(第147回)

11月試験は、1級・2級・3級試験が実施されます。

【1級】

実施内容実施日
本試験2017年11月19日(日)
インターネット
合否速報
2018年1月9日(火)
成績票発送日2018年1月12日(金)

【2級・3級】

実施内容実施日
本試験2017年11月19日(日)
インターネット
合否速報
2017年12月7日(木)
成績票発送日2017年12月22日(金)

※インターネット合否速報サービス・成績票発送日は、東京商工会議所の場合を示しています。

2月試験(第148回)

2月試験は、2級・3級試験が実施されます。

【2級・3級】

実施内容実施日
本試験2018年2月25日(日)
インターネット
合否速報
2018年3月15日(木)
成績票発送日2018年3月30日(金)

※インターネット合否速報サービス・成績票発送日は、東京商工会議所の場合を示しています。

詳細はこちらから。

合格率と難易度

日商簿記検定の合格率は次の通り推移しています。

1級

実施回合格率
第140回8.8%
第141回9.6%
第143回10.9%
第144回9.3%
第146回8.8%

1級については、実受験者数は8,000~10,000人前後、合格率は9%前後となることが多いようです。

簿記1級はかなりの難関試験であると言っていいでしょう。その分、合格によって得られるものもあります。税理士試験の受験資格がその代表的なものです。独学により税理士を目指している人は、なんとしても合格できるよう研鑽を積む必要があります。

2級

実施回合格率
第142回14.8%
第143回25.8%
第144回13.4%
第145回25.0%
第146回47.5%

2級については、実受験者数は50,000~70,000人前後、合格率は回によって幅があり、10~30%程度です。

合格率が15%を切ってしまうことが時折あります。これは、試験の難易度が回によってばらついているということでもあります。問題の難しさは受験してみるまで分かりませんので、ある程度ハイレベルな問題が出ても対応ができるようにしておきましょう。

3級

実施回合格率
第142回26.6%
第143回34.2%
第144回45.1%
第145回47.4%
第146回50.9%

3級については、実受験者数は毎回80,000~90,000人前後。合格率はここ数回50%前後となっています。

合格率の数値だけを見ると簡単なようにも見えますが、日商簿記で学習する複式簿記は一種の知的技術であり、常識などで解けるものではありません。試験を見くびらず、テキストや問題集を用いて地道な学習を一定期間やり遂げる必要があります。

数値の出典はこちら。

出題基準と出題形式

日商簿記検定は1級から3級までありますが、いずれの級も記述式の出題がなされています。つまり、文章や伝票等を読み、簿記の問題を解いてその答えを記述するという形式です。

検定試験によくあるマークシート形式ではありませんので、注意しましょう。

以下、級ごとの出題科目を見ていきます。

1級

1級の出題科目は次の4つです。

  • 商業簿記
  • 会計学
  • 工業簿記
  • 原価計算

試験時間は、商業簿記・会計学を合わせて90分、工業簿記・原価計算を合わせて90分となっています。

各科目の内容・許容勘定科目表等、さらに詳細を知りたい場合はこちら。

2級

2級の出題科目は次の2つです。

  • 商業簿記
  • 工業簿記

試験時間は、商業簿記・工業簿記を合わせて120分となっています。

各科目の内容・許容勘定科目表等、さらに詳細を知りたい場合はこちら。

3級

3級の出題科目は「商業簿記」のみです。試験時間は120分となっています。

各科目の内容・許容勘定科目表等、さらに詳細を知りたい場合はこちら。

過去問・出題例が閲覧できるサイトも、後述しています。

合格基準(ボーダー)

日商簿記検定の合格基準は次の通りです。

1級

1級の合格基準は、70%以上の得点です。

ただし、1科目ごとの得点が40%以上必要です。

2級

2級の合格基準は、70%以上の得点です。

3級

3級の合格基準は、70%以上の得点です。

過去問・出題例を閲覧できるサイト

過去問そのものを解くことができるサイトは、残念ながら無いようです。

しかしながら、下記のサイトで仕訳問題の過去問をもとにした「類題」を見ることができます。詳しい解説も付いています。

また、下記サイトでは独自に簿記3級予想問題を掲載しています。

日商簿記検定の合格に向けて、活用しましょう!

おすすめテキスト・問題集・講座など

日商簿記検定は、テキストの理解ばかりでなく、問題を素早く正確に解く練習を積むことが必要不可欠な試験です。

テキストは、自分自身のレベルにあったものを読めば誰でも理解できた気になります。でも簿記の問題を実際に解こうとすると、思っていたよりも全然解けなかったり、解けたとしても時間がかかり過ぎてしまったりします。

ですので、日商簿記の勉強の方法としては、まずはテキストを読み、テキスト内に掲載されている問題もひとつひとつ丁寧に解いていきます。その後、過去問題集を中心に繰り返し問題を解き、制限時間内に正確・迅速に解けるよう、実践的な学習をしていくことをおすすめします。

日商簿記にはたくさんのテキスト・過去問題集があり、どれも人気がありますが、ここでは滝澤ななみ著『スッキリわかる 日商簿記』シリーズ(TAC出版)をおすすめします。

『スッキリわかる』シリーズは、その名の通り、初学者がスッキリと内容を理解できることに重点を置いた参考書です。イラストや図表、キャラクターが演じる簿記関連ストーリーを読みながら、必要な知識をインプットしていきます。練習問題も豊富に掲載されているので、手を動かしながら理解を深めていく学習にも適しています。

同じ著者・出版社で『スッキリとける 日商簿記 過去+予想問題集』シリーズも出ています。1冊に過去問6回分と予想問題3回分が収録されています。このブログを書いている管理人も簿記3級・2級に合格していますが、経験から言って、試験問題を9回分繰り返し解き、毎回ほぼ満点を取れるくらいになれれば、試験には自然と合格します。

以下、『スッキリわかる』シリーズをまとめています(ただし、1級は充実度がいまひとつなので除外しています)。

2級

【テキスト】

『スッキリわかる 日商簿記』2級のテキストです。商業簿記と工業簿記に分かれています。

【過去問】

『スッキリとける 日商簿記』2級の過去問題・予想問題集です。

3級

【テキスト】

『スッキリわかる 日商簿記』3級のテキストです。

【過去問】

『スッキリとける 日商簿記』3級の過去問題・予想問題集です。

講座

「自分ひとりで勉強を始めて見たら、意外と難しい・・・」「独学したが何度も落ちてしまい、落ちグセが付いてしまった・・・」そんな風に感じている人もいるかもしれません。

独学には向き不向きがあります。何も分からない状態で参考書を自力で選び、手探りで学習を進めていくのは苦手・・・!という人はいるのです。

そんな人でも、通信・通学講座なら楽しみながら学習を継続できるという場合がよくあります。なぜなら、有料の講座には、学ぶことを心地よく思わせるような工夫がたくさん凝らされているからです。

一度「学ぶことは楽しい」と思うことができたら、学習は自然に続けられます。合格も手の届くところに見えてくるでしょう。以下に代表的な通信・通学講座をピックアップしておきますので、独学が辛くなったら参考にしてみてください。

解答速報サイト

日商簿記検定の解答速報提供サイト、および公式の解答掲載ページをご紹介します。

フォーサイト

通信講座のフォーサイトは、日商簿記検定試験(2級・3級)の解答速報を、毎回作成・公開しています。

フォーサイトの解答速報は、こちらに掲載されます。

LEC

資格対策予備校のLECは、日商簿記検定(1級・2級・3級)の解答速報・解説動画を毎回作成・公開しています。

LEC の解答速報は、下記ページに掲載されます。

クレアール

資格対策通信教育のクレアールは、日商簿記検定(1級・2級・3級)の解答速報・解答解説動画を毎回作成・公開しています。

クレアールの解答速報は、こちらをご覧ください。

資格の大原

資格対策予備校の資格の大原は、日商簿記検定(1級・2級・3級)の解答速報を毎回作成・公開しています。

資格の大原の解答速報は、下記ページをご覧ください。

Net-School

オンライン資格スクールのNet-Schoolは、日商簿記検定(1級・2級・3級)の解答速報を毎回作成・公開しています。

Net-School の日商簿記解答速報は、下記をご覧ください。

TAC

資格対策予備校のTACは、日商簿記検定(1級・2級・3級)の解答速報を毎回作成・公開しています。Web解答速報会オンライン視聴も恒例となっています。

TAC の解答速報は、下記ページに掲載されます。

大栄

資格スクールの大栄は、日商簿記検定(1級・2級・3級)の解答速報を毎回作成・公開しています。

大栄の解答速報は、下記ページをご覧ください。

みとみ学園

通学講座のみとみ学園は、日商簿記検定(1級・2級・3級)の解答速報を毎回作成・公開しています。

みとみ学園の解答速報は、下記ページをご覧ください。

ユーキャン

資格対策通信教育のユーキャンは、日商簿記検定(2級・3級)の解答速報を毎回作成・公開しています。

ユーキャンの解答速報は、下記ページをご覧ください。

Twitter・2ch・YouTube動画検索

日商簿記検定に関する情報は、ツイッター2ちゃんねる、YouTubeでも手に入れることができます。

実際に受験した人の感想や、不適切問題に関する情報など、最新の話題を知りたい方は、下記のツイッター・2ちゃんねる検索用リンクを使用してみてください。

参考 Twitterで「日商簿記 1級」を検索

参考 Twitterで「日商簿記 2級」を検索

参考 Twitterで「日商簿記 3級」を検索

参考 2ch(新名称:5ch)で「日商簿記」スレを検索

個人や企業の解説動画等を閲覧したい場合は、下記のYouTube検索用リンクを使用してみてください。

参考 YouTubeで「日商簿記」を検索(新着順)

合格発表日・合格発表サイト

日商簿記検定試験の合格発表は、基本的に「成績票の発送」によって行われます。

成績票の発送日は、商工会議所ごとに異なっていることに注意しましょう。

上記試験関連日程では、東京商工会議所の例を挙げています。他の地域の方も目安程度に利用してみてください。

なお、東京商工会議所ではインターネット合否速報サービスも実施しています。1日でも早く合格を知りたいという方は、利用してみてはいかがでしょうか。

おわりに

以上、日商簿記検定の試験関連情報まとめでした!