自作の写真集を実現!軽量一眼レフ Canon EOS kiss X7 購入レビュー。人物を美しく撮りたいあなたにお勧めの「世界が広がる」入門機です

茨城県在住のパックです。本業のほかに、細々とフォトグラファーをしております。

今回は世界最小・最軽量という触れ込みの一眼レフカメラCanon EOS kiss X7をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【はじめに】一眼レフカメラで写真集を製作したい!

私はもともと写真撮影が好きでしたが、安価なミラーレスカメラでの撮影に物足りなさを感じていました。カメラがイマイチだからか、単純に私の腕が悪いからか…? 結構考えました。

そんな折り、友人の漫画家・内田慎之介さんが、東京ビッグサイトでのイベントで巨大壁面に大胆かつ細密な漫画を描く、というパフォーマンスを目の当たりにしました。

これは世界初にして唯一の試みであり、是非ともこの模様を本格的に撮影して写真集という形にしてみたい、と思い立ち一眼レフカメラの購入を決めました。

【商品比較】初心者にやさしいCanonとNikon。人物を撮るという観点で比較

一眼レフカメラのエントリー機(初心者向けの機種)は各メーカーが様々な機種を販売していますが、私はCanonNikonの2社に絞りました。

他のメーカーも優れた一眼レフカメラを扱っていますが、やはりこの大手2社はメンテナンスやサポート体制が群を抜いている、とプロのカメラマンさんがおっしゃっていたのを思い出したからです。

Nikonの購入候補は「D3400」というエントリー機でした。

実際に買った Canon の EOS kiss X7 と比較すると、価格もほぼ同じです。しかし、「Nikonはどちらかというと風景写真向き」という情報を得ました。逆に言えば、私が撮影したいのはポートレイト・人物写真なのですが、その点を考慮するとCanonのカメラに分があるとのこと。

人物の顔がかなり血色良く撮れるという点を重視し、CanonのEOS kiss X7を買うことに決めました。

(Nikon製品は、一昔前まで人物写真を撮影するには不向きで「被写体の顔がゾンビみたいに写る」と言う人もいましたが、今はかなり改善はされてはいるようです。)

【商品感想】軽量・操作性良好。美しい仕上がりの写真集も刊行

まず手にとっての最初の感覚を一言で表すと、「すごく小さい!」です。重さも一般的なフルサイズ一眼レフと比べて半分以下。手のひらに十分な余裕を残して乗ります。

「これで本当に一眼レフカメラとしての役割を果たしてくれるのだろうか…?」という心配がなかったと言えば嘘になります。

結論から述べると、その心配は杞憂でした。小さなエントリー機ながら、モノは確か。美麗な画像を楽しめます。操作性も良好。初めて本格的にカメラを始めようという方でも、その使い勝手の良さゆえに、すぐに手になじむことができるでしょう。

喜び勇んで、前述した内田慎之介さんのライブペイントの模様を2日間密着して撮影しました。このカメラは手ブレ補正機能もついているので、ひたすら被写体の動きに合わせて撮りまくることができます。

やはり撮られる側もスマホやコンデジ、ミラーレスなどのカメラで撮られるよりも一眼レフを使われたほうが気分は上がるのではないかと思われます。

電子書籍で写真集を出版(1)内田慎之介さんのライブペイント

このライブペイント撮影後、撮った写真を厳選し、Kindleの電子書籍を制作しました。

決して写真撮影技術が高くない私でも、自分で驚くくらいのきめ細かな画像をものにでき、大変満足です。

そして個人的に印刷所でサイズが大きめの紙の写真集を作ってもらいましたが、印刷してもプロレベル…とまではいかないかもしれませんが、かなり美しい仕上がりとなりました。

電子書籍で写真集を出版(2)モデル「栗本しゅら」さん写真集

うまくいくと、もっと色々試したくなるのが人情です。プロのモデルさんに頼んでグラビア写真集っぽい本も制作しました。

写真の描写力に大変満足です。これも紙の写真集を作ってみました。

電子書籍で写真集を出版(3)『漫画家の仕事場』

そして2018年になり、撮りためていた漫画家さんたちの仕事場の様子を整理し、Kindleで発売しました。

こちらも大変好評をいただきました。

エントリー機でもこれだけの仕事をしてくれるという事実には、驚きを隠せません。

唯一問題があるとすれば、少しでもカメラを知ってる人から「それ本当に一眼レフ? ミラーレスにしか見えないよ」と言われることではないでしょうか…。見た目が可愛らしすぎるこのカメラ、少々威厳が足りないのは否めません。

また、Wi-Fiは使用できないので、今まさに全盛のインスタグラム社会への対応が難しいところではあります。

ですが、小さくて高性能というのは、実はメイドインジャパンの真骨頂。上記のような大がかりな撮影のみならず、このコンパクトさは、旅行のお供に、お子さんがいる方なら成長記録を日常的に撮影するのに、いつでもどこでも携帯して使用できるのでオススメです。

【おわりに】購入後は人との出会いの機会が増え、世界が広がっています

「Canon EOS Kiss X7」の購入から、生活においてカメラが占める割合が高まりました。より質の高い写真を撮れるということは、より質の高い生活を送れるということにつながるのではないでしょうか。

実際、良い写真を撮影すれば被写体の方はとても喜んでくれます。おかげで、カメラを通じて多くの人との素晴らしい出会いがあり、写真について語り合う友人も増えました。

これから一眼レフカメラを初めて購入したい、という方には自信を持って勧められる製品です。自分の世界が広がっていく楽しさを感じることができますよ!