宅建士コラム

宅建士コラム

法定講習は登録地外の都道府県でも受講可能か?【遠隔地へ引越す宅建士が知っておくと良いこと 3/3】

「遠隔地へ引越す宅建士が知っておくと良いこと」の続きです。前回はこちら。 今回は宅地建物取引士証の「更新」に関する話題です。 これを読んでいる方ならおそらくよくご存じのように、宅地建物取引士証には5年という有効期...
宅建士コラム

住所の「変更の登録」は郵送で可能か?【遠隔地へ引越す宅建士が知っておくと良いこと 2/3】

「遠隔地へ引越す宅建士が知っておくと良いこと」の続きです。前回はこちら。 前回見たように、宅建士が、登録を行った都道府県の外に転居する場合、登録の移転はしなくても良いですし、そもそもできない場合があります。 そう...
宅建士コラム

「登録の移転」ができない場合とは?【遠隔地へ引越す宅建士が知っておくと良いこと 1/3】

私は宅建士として福岡県に登録をしているのですが、今回、勤め先を辞めて沖縄県に引越すことになりました。 他県へ移って住民票なども移動しますので、「宅建士の登録についてはどうしたらよいかな?」ということになり、何点か調べたり、考え...
宅建士コラム

厳選!無料で使える宅建過去問サイト7個をまとめて紹介

宅建の確実な合格のためには、過去問は100%に近い正解率で解けるようになることが必須です。 過去問を利用する場合、原則としては「市販の過去問を購入すること」を私はオススメしています。 ですが、インターネット上には...
宅建士コラム

【まとめ】宅地建物取引士試験 合格率・過去問・解答速報等【平成30年度】

宅地建物取引士試験の関連情報まとめです! 試験日程、合格率や難易度、過去問の閲覧が可能なサイト、おすすめテキスト・問題集、解答速報サイト、Twitter・2ch・YouTube検索用リンク等をまとめています。 試験前後に...
宅建士コラム

宅建本試験の前日までにすべきこと・当日に気をつけたいこと

平成28年度宅建試験まで、残すところ3週間となりました! 皆さまの学習も大詰めを迎えているのではないでしょうか。 この記事では、私の宅建受験・合格の体験に基づいて、宅建本試験の前日までにやっておきたいこと、当日に気をつけ...
宅建士コラム

宅建受験と同じ年度に取れるオススメ資格(2)

前回の記事「宅建受験と同じ年度に取れるオススメ資格(1)」の続きです。 一応復習しておくと、宅建受験と同じ年度にもう一つの資格を取るには、満たしておくべきひとつの条件がありました。それは、 そのもう1つの資格の取...
宅建士コラム

宅建受験と同じ年度に取れるオススメ資格(1)

宅建の受験を考えている方は、基本、志の高い人だと思います。難化してきていると言われている国家試験を、敢えて受験しようというのですから。 そういう人の場合、「宅建の受験だけに丸1年を注ぎ込むのは少しもったいない。できればもう1つ...
宅建士コラム

宅建と管理業務主任者のダブル受験って、どうなの?

宅建を狙う人なら1度は考える、宅建と管理業務主任者のダブル受験。 宅建が不動産取引の資格であるのに対し、管理業務主任者はマンション管理に関する資格となっています。どちらも不動産関連の資格であるため、ある程度試験範囲が重なってお...
宅建士コラム

驚愕!都道府県合格率ランキング。宅建に受かる地域とは?東京と福井があんな順位をつけるなんて…

ご存じでしたか? 宅建の試験実施団体は、毎年、試験結果の概要を公表しているんです。 この概要の中には、都道府県ごとの合格率も示されています。たとえば、今年度の福岡県の合格率は14.2パーセント、という具合です。 ...
宅建士コラム

売主の担保責任は暗記不要。最強の覚え方は「理解」すること

宅建試験を突破するのに重要なのは暗記だ、と言う人もいますが、私は反対です。だって、暗記って、頑張ってやってもすぐに忘れてしまいます(少なくとも、私の場合は)。それに、しばらくの間忘れなかったとしても、試験当日には忘れてしまいそうで、...
宅建士コラム

一目でわかる!宅建合格後に必要な手続きと費用の早見表。実務経験が無い場合7万円以上かかることも!

宅建試験に合格するだけでは、宅地建物取引士を名乗ることはできません。 宅建士を名乗るためには、資格登録を済ませ、宅地建物取引士証の交付を受けることが必要です。 これが、意外にお金も時間もかかるんですよね…。特に時間に関し...
宅建士コラム

「37条書面」イコール「契約書」…とはならないワケ

ややマニアックな話。 契約が成立したときに宅建業者に交付義務が生じる「37条書面」。これは、要するに契約書のことなんだ、とよく言われます。 あるいは、もっと正確に「契約書は37書面を兼ねることが多い」とも言われます。 ...