【まとめ】給水装置工事主任技術者 合格率・過去問・解答速報等【平成29年度】

給水装置工事主任技術者試験の関連情報まとめです!

試験日程、合格率や難易度、過去問の閲覧が可能なサイト、おすすめテキスト・問題集、解答速報サイト、Twitter・2ch・YouTube検索用リンク等をまとめています。

試験前後に気になる情報ばかりを集めました。この記事をシェアもしくはブックマークしていただけると、今後、同じ情報を検索する手間が省けますので効率的です。

合格を手にするその時まで、ふるってご活用ください!

(トピックが多いため、この後に出てくる「目次」を使用し、必要な情報をとっていただければと思います!)

スポンサーリンク

給水装置工事主任技術者試験の概要と公式サイト

給水装置工事主任技術者試験は、給水に関する日本の国家資格の試験です。給水するためには、市町村等が管理する公共の水道管に給水管を接続する必要があります。給水装置工事主任技術者はそういった工事の技術的管理を行うスペシャリストです。

給水装置工事事業者は、給水装置工事の事業所ごとに1人以上を設置することが法律で定められています。

試験は年1回実施され、受験者数は毎年1万人以上です。

なお、管工事施工管理技士の試験に合格している方は、一部科目の免除制度がありますので利用しましょう。

給水装置工事主任技術者試験の公式のサイトはこちら。

試験地や試験科目、受験資格、受験手続の方法、問い合せ先等の正確な情報は、上記公式サイトで再確認することをおすすめします。

試験日程

今年度の給水装置工事主任技術者試験の関連スケジュールです。

実施内容実施日
本試験2017年10月22日(日)
合格発表2017年11月30日(木)

詳細はこちらから。

合格率と難易度

給水装置工事主任技術者試験の合格率は次の通り推移しています。

実施年度合格率
平成2434.2%
平成2531.3%
平成2627.0%
平成2731.1%
平成2833.7%

合格率は例年30%前後となっています。難易度だけを見ると、この資格試験はそれほど難関というわけではないようにも見えます。

しかしながら、受験資格として給水装置工事に関する3年以上の実務経験が要求されていることから、受験する人は皆スペシャリストです。その中で30%の中に残るということを考えると、難易度レベルはやや高いと言わざるをえません。

数値の出典はこちら。

出題基準と出題形式

給水装置工事主任技術者試験は通例、マークシート方式、全60問の試験です。試験は下記の範囲から出題されます。

  • 公衆衛生概論
  • 水道行政
  • 給水装置の概要
  • 給水装置の構造及び性能
  • 給水装置工事法
  • 給水装置施工管理法
  • 給水装置計画論
  • 給水装置工事事務論

過去問・出題例が閲覧できるサイトも、後述しています。

試験科目の出典はこちら。

合格基準(ボーダー)

給水装置工事主任技術者試験の配点は1問1点。

合格基準は、次の3つから構成されます。

  • 必須6科目(公衆衛生概論、水道行政、給水装置工事法、給水装置の構造及び性能、給水装置計画論、給水装置工事事務論)の総得点が一定以上であること
  • 全8科目の総得点が一定以上であること
  • 各科目が足きり点以上であること(各科目1点~4点程度の足きり点が設定される)

ここでは、必須6科目及び全8科目の基準について、推移をみていきます。

実施年度必須6科目全8科目
平成2427点40点
平成2524点36点
平成2626点38点
平成2726点38点
平成2827点40点

おおむね、「科目に偏りなく8割を得点すること」が合格基準であると言えます。

出典は下記ページ「合格基準」です。

過去問・出題例を閲覧できるサイト

公式サイトにて5年分の過去問と正答番号が公開されています。

その他、下記の過去問サイトがあります。

給水装置工事主任技術者試験の合格に向けて、活用しましょう!

おすすめテキスト・問題集・講座など

給水装置工事主任技術者試験の学習方法でよくあるのは、「過去問だけを繰り返して解く」というものと、「テキストの読み込みをしてから、過去問を繰り返し解く」の2つです。

どちらのやり方でも合格する人はいます。ですのでどちらが良いというということは無く、自分自身の知識レベルや受験歴に応じて、いずれかを選択するというのが合理的です。

テキストとしては、次の『これだけ覚える!給水装置工事主任技術者試験』が最も人気があります。過去問の徹底的な分析を基礎として編集された点が高く評価されているようです。

問題集は、過去8回分の過去問・解答解説がついた『8ヵ年全問題収録 給水装置工事試験完全解答』を使用すると、最も多くの過去問を解くことができます。

独学での合格はちょっと自信が無い・・・という方は、対策講座の利用を検討するのが1つの手です。お金はかかりますが、合格へのレールが整うのが良い点です。

解答速報サイト

給水装置工事主任技術者試験の解答速報提供サイト、および公式の解答掲載ページをご紹介します。

東北技術検定研修協会

資格対策講座の東北技術検定研修協会は、給水装置工事主任技術者試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

東北技術検定研修協会の解答速報は、下記ページをご確認ください。

日建学院

資格対策講座の日建学院は、給水装置工事主任技術者試験の解答速報(自動採点サービス)を毎年作成・公開しています。

日建学院の解答速報は、下記ページをご確認ください。

公式の解答

試験実施団体である給水工事技術振興財団により、公式の解答が毎年公表されています。

下記ページをご確認ください。

Twitter・2ch・YouTube動画検索

給水装置工事主任技術者試験に関する情報は、ツイッター2ちゃんねる、YouTubeでも手に入れることができます。

実際に受験した人の感想や、不適切問題に関する情報など、最新の話題を知りたい方は、下記のツイッター・2ちゃんねる検索用リンクを使用してみてください。

参考 Twitterで「給水装置工事主任技術者」を検索

参考 2ch(新名称:5ch)で「給水装置工事主任技術者」スレを検索

個人や企業の解説動画等を閲覧したい場合は、下記のYouTube検索用リンクを使用してみてください。

参考 YouTubeで「給水装置工事主任技術者」を検索(新着順)

合格発表日・合格発表サイト

給水装置工事主任技術者試験の合格発表日は、上記試験関連日程にてご確認ください。

合格発表日には、試験実施団体ホームページにて合格者の受験番号が掲載されます。

下記ページをご確認ください。

おわりに

以上、給水装置工事主任技術者試験の試験関連情報まとめでした!

★こちらもご利用ください★

2017年度に実施される管工事施工管理技術検定の関連情報まとめです!解答速報サイトの他、教材検索用リンク、Twitter・2...