2018年、リップルに続いて跳ね上がる仮想通貨は?→NEM(ネム)に決まってるじゃん!今年はNEM元年になる。A Happy NEM Year!!

年、開けましたね!

昨年2017年は「仮想通貨元年」なんて言われていたみたいです。

とすると、今年は「仮想通貨2年」

でも、今年は去年以上に大量のマネーが仮想通貨市場に流れ込んでくるはず。それなら、体感的には「仮想通貨元年ver.2」という呼び名のほうががふさわしいなあっていう気がします。

あるいは、法定通貨の重要性が大きく下がる年だと思うので、「法定通貨 オワコン元年」とか!

まぁそんなことはどうでもいいです!(≧▽≦)

大事なのは今年何の通貨が「来る」のか。

スポンサーリンク

2017年末の振り返り。リップル高騰が印象的

昨年末は仮想通貨リップル(Ripple, XRP)が一気に数倍に跳ねましたよね。

私のウォレットでもプラス50万円の含み益が発生しているくらいです。

他にも草コイン(超マイナーな仮想通貨)で100倍とかに跳ね上がったものもありました。

じゃあ次に値上がりするのはどの通貨なんだよ!って話ですよね!

2018年の仮想通貨はNEM。その理由

私はリップルの次に重要なアルトコインはネム(NEM、通貨名XEM)だと見ています。

image credit: @NEMofficial

2018年、ネムは仮想通貨取引所への新規上場や市場での流動性の向上により、ほぼ確実に値上がりするでしょうね!

なぜそう思うのかというと、NEMは仮想通貨アプリケーションを作りやすいから。

エンジニアフレンドリーと言っても良いと思います。プログラマの情報サイトQiitaにも既にたくさんの記事が投稿されています!

Qiita is a technical knowledge sharing and collaboration platform for programmers. You can record and post programming tips, know-how and notes here.

仮想通貨を使ったアプリを作るのは、一般的にすごく手間暇かかる作業なのですが、NEMは面倒くさいところを省略できる強みがあります。

NEMには、市場で流通しやすくするための仕掛けが既にあるというわけです。

2018年はNEMで商品売買できるサイトがメチャクチャ増えると思いますよ!

NEMというのはNew Economy Movement(新経済運動)の略らしいですが、本当に新しい経済が生まれるだろうなぁ、と思います!

余剰資金のある人はNEMに突っ込んでおきたい! もちろん私は既に買い込んでます!

NEMを買える取引所と、購入時の注意点

NEMは、私も愛用している国内仮想通貨取引所コインチェック、または国内仮想通貨取引所Zaifで購入できます。

一応補足すると、NEMは仮想通貨の名前そのものではなく、この仮想通貨を生み出した「プロジェクトの名前」だとされています。なので通貨の名前は一応別にあって、NEMではなくXEM(ゼム)という名前です。

そこだけ気を付けていれば問題無く買えますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク