【まとめ】建築設備士 合格率・過去問・解答速報等【平成29年度】

建築設備士試験の関連情報まとめです!

試験日程、合格率や難易度、過去問の閲覧が可能なサイト、おすすめテキスト・問題集、解答速報サイト、Twitter・2ch・YouTube検索用リンク等をまとめています。

試験前後に気になる情報ばかりを集めました。この記事をシェアもしくはブックマークしていただけると、今後、同じ情報を検索する手間が省けますので効率的です。

合格を手にするその時まで、ふるってご活用ください!

(トピックが多いため、この後に出てくる「目次」を使用し、必要な情報をとっていただければと思います!)

スポンサーリンク

試験日程

今年度の建築設備士試験の関連スケジュールです。

実施内容実施日
第一次試験(学科)2017年6月18日(日)
第一次試験の
合格発表
2017年7月27日(木)頃
第二次試験(設計製図)2017年8月20日(日)
第二次試験の
合格発表
2017年10月26日(木)頃

詳細はこちら。

合格率と難易度

建築設備士試験の合格率は次の通り推移しています(第一次試験と第二次試験を総合した合格率)。

実施年度合格率
平成24年18.4%
平成25年16.6%
平成26年17.3%
平成27年19.4%
平成28年19.7%

合格率は毎年20%を切っています。難関試験レベルの難易度です。テキスト・問題集を使用し、効率良く学習を進める必要があります。

数値の出典はこちら。

合格基準(ボーダー)

建築設備士試験の合格基準は年度ごとに変動することがあります。

第一次試験(学科)

実施年一般知識法規設備総得点
平成27年12点10点25点60点
平成28年12点10点25点60点
平成29年12点10点25点60点

第二次試験(設計製図)

第二次試験の合格基準は例年、「評価A」を合格とするというものになっています。

採点のポイントについては、下記のリンク先を確認すると良いでしょう。

過去問・出題例を閲覧できるサイト

建築設備士試験の過去問は、過去3回分を試験実施団体のウェブサイトで閲覧することができます。

建築設備士試験の合格に向けて、活用しましょう!

おすすめテキスト・問題集・講座など

建築設備士試験の学習は、過去問を繰り返し解き、マスターするというのがオーソドックスな方法です。過去問題集は日建学院のものが非常によく利用されています。

学習を進めていく上では、法令集も必要になるでしょう。井上書院の法令集が特に人気です。

設計製図の対策教材はほとんどありません。対策講習会が開催されますので、利用しましょう。

解答速報サイト

建築設備士試験の解答速報提供サイト、および公式の解答掲載ページをご紹介します。

総合資格学院

資格対策予備校の総合資格学院は、建築設備士試験 学科試験の即日採点サービス・総評公開と、設計製図試験の解答例公開を、毎年実施しています。

総合資格学院の採点サービス・解答例は、下記ページをご覧ください。

日建学院

資格対策予備校の日建学院は、建築設備士試験(学科試験)の自動採点を毎年作成・公開しています。

今年度の解答速報があるのかどうか、はっきりとしたことは不明です。下記ページを随時チェックしてみてください。

公式の解答

公式の解答が毎年公表されています。

下記ページをご確認ください。

Twitter・2ch・YouTube動画検索

建築設備士試験に関する情報は、ツイッター2ちゃんねる、YouTubeでも手に入れることができます。

実際に受験した人の感想や、不適切問題に関する情報など、最新の話題を知りたい方は、下記のツイッター・2ちゃんねる検索用リンクを使用してみてください。

参考 Twitterで「建築設備士」を検索

参考 2ch(新名称:5ch)で「建築設備士」スレを検索

個人や企業の解説動画等を閲覧したい場合は、下記のYouTube検索用リンクを使用してみてください。

参考 YouTubeで「建築設備士」を検索(新着順)

合格発表日・合格発表サイト

建築設備士試験の合格発表日は、上記試験関連日程にてご確認ください。

合格発表日には、合格者の受験番号が試験実施団体の検定試験サイトに掲載されるのが通例です。

下記ページの「試験情報」をご確認ください。

おわりに

以上、建築設備士試験の試験関連情報まとめでした!