【まとめ】電気工事士試験 合格率・過去問・解答速報等【平成29年度】

電気工事士試験の関連情報まとめです!

試験日程、合格率や難易度、過去問の閲覧が可能なサイト、おすすめテキスト・問題集、解答速報サイト、Twitter・2ch・YouTube検索用リンク等をまとめています。

試験前後に気になる情報ばかりを集めました。この記事をシェアもしくはブックマークしていただけると、今後、同じ情報を検索する手間が省けますので効率的です。

合格を手にするその時まで、ふるってご活用ください!

(トピックが多いため、この後に出てくる「目次」を使用し、必要な情報をとっていただければと思います!)

スポンサーリンク

電気工事士試験の概要と公式サイト

電気工事士試験は、電気工事士法に定められた「電気工事士」の国家資格を得るための試験です。

電気工事士には、第一種と第二種があります。第一種電気工事士は一部の自家用電気工作物(中小工場など)と一般電気工作物(住宅・店舗)の電気工事を行うことができます。第二種電気工事士は一般電気工作物の電気工事を行うことができます。

受験申込者は第二種だけでも毎年10万人を超えており、高い人気とニーズのある資格です。

公式のサイトはこちら。

試験地や試験科目、受験資格、受験手続の方法、問い合せ先等の正確な情報は、上記公式サイトで再確認することをおすすめします。

試験日程

今年度の電気工事士試験の関連スケジュールです。

第一種試験

実施内容実施日
筆記試験2017年10月1日(日)
筆記試験の
合格発表
2017年11月2日(木)
技能試験2017年12月3日(日)
技能試験の
合格発表
2018年1月12日(金)

詳細はこちらから。

または、下記ページ下段「受験案内」よりご確認ください。

第二種上期試験

実施内容実施日
筆記試験2017年6月4日(日)
筆記試験の
合格発表
2017年7月3日(月)
技能試験2017年7月22日(土)
または23日(日)
技能試験の
合格発表
2017年9月1日(金)

詳細はこちらから。

または、下記ページ下段「受験案内」よりご確認ください。

第二種下期試験

実施内容実施日
筆記試験2017年9月30日(土)
筆記試験の
合格発表
2017年11月2日(木)
技能試験2017年12月2日(土)
技能試験の
合格発表
2018年1月12日(金)

詳細はこちらから。

または、下記ページ下段「受験案内」よりご確認ください。

合格率と難易度

電気工事士試験の合格率の推移(過去5年間)を表にまとめました。

全体として合格率は高めです。教材を使用してコツコツと座学・技能練習を積むことにより、合格を手にすることができるでしょう。

第一種の合格率

【筆記試験】

年度受験者数合格者数合格率
平成24350801492742.6%
平成25364601461940.1%
平成26387761664942.9%
平成27378081615342.7%
平成28390131962750.3%

第一種・筆記試験の合格率は、40~50%程度で推移しています。資格試験としては、易しくも難しくも無い、一般的な難易度です。

【技能試験】

年度受験者数合格者数合格率
平成24169881021860.1%
平成25199111508375.8%
平成26196451140458.1%
平成27217391541970.9%
平成28236771460261.7%

第一種・技能試験の合格率は、60~70%程度で推移しています。資格試験としては、易しくも難しくも無い、一般的な難易度です。

第一種の受験者数・合格者数の出典はこちら。

第二種の合格率

※上期・下期の合計値です。

【筆記試験】

年度受験者数合格者数合格率
平成24997255803658.2%
平成251095646838862.4%
平成261055286227259.0%
平成271184496970458.8%
平成281145286715058.6%

第二種・筆記試験の合格率は、60%前後で推移しています。資格試験としては、易しくも難しくも無い、一般的な難易度です。

【技能試験】

年度受験者数合格者数合格率
平成24752055308270.6%
平成25841816400076.0%
平成26778815775174.2%
平成27840725944170.7%
平成28848056221673.4%

第二種・技能試験の合格率は、70%台で推移しています。資格試験の難易度としては、易しいほうになります。

第二種の受験者数・合格者数の出典はこちら。

出題基準と出題形式

第一種・第二種に分けてみていきます。

第一種

【筆記試験】

四肢択一、マークシート方式による出題で、通例50問が出題されます。

出題範囲は次の9つの分野です。

  1. 電気に関する基礎理論
  2. 配電理論及び配線設計
  3. 電気応用
  4. 電気機器・蓄電池・配線器具・電気工事用の材料及び工具並びに受電設備
  5. 電気工事の施工方法
  6. 自家用電気工作物の検査方法
  7. 配線図
  8. 発電施設・送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性
  9. 一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安に関する法令

【技能試験】

技能試験は持参した作業工具を用いた実技です。配線図で与えられた問題を支給される材料で完成させます。出題は10問で、次の事項のうちからなされます。

  1. 電線の接続
  2. 配線工事
  3. 電気機器・蓄電池及び配線器具の設置
  4. 電気機器・蓄電池・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
  5. コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
  6. 接地工事
  7. 電流・電圧・電力及び電気抵抗の測定
  8. 自家用電気工作物の検査
  9. 自家用電気工作物の操作及び故障箇所の修理

筆記試験の免除等、その他の詳細はこちら。

第二種

【筆記試験】

四肢択一、マークシート方式による出題で、通例50問が出題されます。

出題範囲は次の7つの分野です。

  1. 電気に関する基礎理論
  2. 配電理論及び配線設計
  3. 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
  4. 電気工事の施工方法
  5. 一般用電気工作物の検査方法
  6. 配線図
  7. 一般用電気工作物の保安に関する法令

【技能試験】

技能試験は持参した作業工具を用いた実技です。配線図で与えられた問題を支給される材料で完成させます。出題は13問で、次の事項のうちからなされます。

  1. 電線の接続
  2. 配線工事
  3. 電気機器及び配線器具の設置
  4. 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
  5. コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
  6. 接地工事
  7. 電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
  8. 一般用電気工作物の検査
  9. 一般用電気工作物の故障箇所の修理

筆記試験の免除等、その他の詳細はこちら。

過去問・出題例が閲覧できるサイトも、後述しています。

合格基準

電気工事士試験の合格基準は、合格発表日に、試験実施団体の電気技術者試験センターが発表します。

そのため、今年度(平成29年度)の合格基準については、合格発表日を迎えるまでは明確になりません。

ここでは参考資料として、昨年度(平成28年度)の合格基準についてまとめました。

(※その他の年度もほぼ同様の合格基準となっています。)

第一種の合格基準

昨年度(平成28年度)の合格基準は、次の通りでした。

【筆記試験】

60点以上

【技能試験】

  1. 電気的に致命的な欠陥(A欠陥)及び施工上重大な欠陥(B欠陥)がなく、施工上軽微な欠陥(C欠陥)箇所数が4以内の場合
  2. 電気的に致命的な欠陥(A欠陥)がなく、施工上重大な欠陥(B欠陥)箇所数が1で、かつ、施工上軽微な欠陥(C欠陥)箇所数が2以内の場合
  3. 電気的に致命的な欠陥(A欠陥)がなく、施工上重大な欠陥(B欠陥)箇所数が2で、かつ、施工上軽微な欠陥(C欠陥)がない場合

第二種の合格基準

昨年度(平成28年度)上期・下期の合格基準は、次の通りでした。

【筆記試験】

60点以上

【技能試験】

電気的に致命的な欠陥又は施工上重大な欠陥がなく、かつ、施工上軽微な欠陥が2以内

過去問・出題例を閲覧できるサイト

電気工事士試験の過去問を掲載しているウェブサイトのまとめです。

公式サイトにて過去問が公開されています。

その他、下記サイトにて第二種電気工事士の過去問を閲覧することができます。

電気工事士試験の合格に向けて、活用しましょう!

おすすめテキスト・問題集・講座など

電気工事士試験の学習法としては、テキストの内容をおさえつつ、過去問を繰り返し解くというオーソドックスなやり方が効果的であると言われています。

筆記試験の参考書としては、「ぜんぶ絵で見て覚える」シリーズが評判が良いです。こちらはテキストと厳選過去問集が一体となっているタイプで、絵や写真も多く付属しており、現場で実務を日々こなしている人には特に好まれるようです。

技能試験は、オーム社のものが広く使われています。

参考書選びで悩むのがイヤな場合や、経済的に余裕のある人の場合は、資格対策講座を利用するというのも良い選択肢です。お金がかかる分、合格に必要な学習がコンパクトにまとまった教材が届きます。

以下で参考書と代表的な講座をまとめています。

第一種の教材・講座

対策講座はこちら。

第二種の教材

対策講座はこちら。

解答速報サイト

電気工事士試験の解答速報提供サイト、および公式の解答掲載ページをご紹介します。

オーム社

理工学系技術書の出版社であるオーム社は、毎年、電気工事士試験(第一種・第二種)の筆記試験・技能試験の解答速報を提供しています。

オーム社の解答速報は、こちらをご覧ください。

電気ライセンス研究所

電気関係の国家資格取得の講習会を開催する電気ライセンス研究所は、毎年、電気工事士試験(第一種・第二種)の筆記試験の解答速報を提供しています。

電気ライセンス研究所の解答速報は、こちらをご覧ください。

電気書院

電気関係の資格取得専門の出版社電気書院は、毎年、電気工事士試験(第一種・第二種)の技能試験の解答速報を提供しています。

電気書院の解答速報は、下記ページをご覧ください。

東京技術者協会

東京技術者協会は、毎年、電気工事士試験(第一種・第二種)の筆記試験の解答速報を提供しています。

東京技術者協会の解答速報は、下記ページをご覧ください。

名古屋工学院専門学校

名古屋工学院専門学校は、毎年、電気工事士試験(第一種・第二種)の解答速報を提供しています。

名古屋工学院専門学校の解答速報は、下記ページをご覧ください。

公式の解答

筆記試験、技能試験ともに、試験日の翌日または翌々日の月曜日には、試験問題・解答及び正解作品例等が試験実施団体により公開されます。

下記ページをご覧ください。

Twitter・2ch・YouTube動画検索

電気工事士試験に関する情報は、ツイッター2ちゃんねる、YouTubeでも手に入れることができます。

実際に受験した人の感想や、不適切問題に関する情報など、最新の話題を知りたい方は、下記のツイッター・2ちゃんねる検索用リンクを使用してみてください。

参考 Twitterで「電気工事士」を検索

参考 2ch(新名称:5ch)で「電気工事士」スレを検索

個人や企業の解説動画等を閲覧したい場合は、下記のYouTube検索用リンクを使用してみてください。

参考 YouTubeで「電気工事士」を検索(新着順)

合格発表日・合格発表サイト

電気工事士試験の合格発表日は、上記試験関連スケジュールにてご確認ください。

合格発表日には、受験者あてに試験結果通知書が発送されます。また、当日9:30より約一か月間、下記サイトにて、受験番号で合否を検索できるようになるのが通例です。

下記ページをご確認ください。

おわりに

以上、電気工事士試験の試験関連情報まとめでした!