平成29年度エンベデッドシステムスペシャリスト試験 解答速報・合格発表サイト等まとめ

平成29年4月16日(日)に実施されるエンベデッドシステムスペシャリスト試験(春期試験のみ実施)の解答速報サイト等まとめです。

解答速報サイトのほか、Twitter・2ch 検索用のリンクや、合格基準点に関する情報、合格発表日・発表サイトの情報を載せています。

試験前後にきっと必要になる情報を集めました。シェア・ブックマークしていただくと、同じ情報を繰り返し検索する手間が省けますので効率的です。

ご活用ください!

スポンサーリンク

解答速報サイト

データベーススペシャリスト試験の午前I試験・午前II試験(いずれも多肢選択式)については、試験日当日中に公式サイトに解答が掲載されます。

午後I試験・午後II試験(記述式)の解答もいずれは公式サイトに掲載されますが、できるだけ早く解答を手に入れたい場合は、他の団体が提供している解答速報を利用すると良いでしょう(後述)。

公式の解答

試験実施団体であるIPAの公式の解答は、下記ページに掲載されます。「新着情報」をご確認ください。

情報処理推進機構(IPA)の「情報処理技術者試験」「情報処理安全確保支援士試験」ページです。

アイテック

アイテックは、情報処理技術者の人材育成を行っている企業です。

アイテックは午後I試験・午後II試験(いずれも記述式)の解答速報を作成・公開しています。こちらに掲載されます。

本試験の解答速報と自身の試験結果が確認できる自動採点サービスを本試験当日より無料で誰でも利用できる。IT人材教育は株式会社アイテック。これまで8,000団体、90万人以上の学習をサポート。

公開予定日は、2017年4月19日(水)です。

Twitter・2ch 検索用リンク

エンベデッドシステムスペシャリスト試験の最新情報は、ツイッター2ちゃんねるでもやり取りされています。

実際に受験した人の感想や、不適切問題に関する話題など、最新の情報を知りたい方は、下記リンクを使用して検索してみてください。

Twitterで「エンベデッドシステムスペシャリスト」を検索

2chで「エンベデッドシステムスペシャリスト」スレを検索

合格基準

エンベデッドシステムスペシャリスト試験の合格基準についておさらいしましょう。

合格基準の前提として、午前I試験・午前II試験・午後I試験・午後II試験はいずれも100点満点です。

合格基準は、午前I試験・午前II試験・午後I試験・午後II試験それぞれ60点以上となっています。

全ての区分で合格基準以上をとることにより合格となります。

合格発表日・発表サイト

合格発表日については現在のところ不明ですが、試験日から2ヶ月後が目安となります。

合格発表は、IPA のサイト上に合格者の受験番号を掲載することにより行われます。下記ページの「合格者受験番号一覧」をご確認ください。

情報処理推進機構(IPA)の「情報処理技術者試験」ページです。

別途、合格者に対しては合格証書が発送されます。また、官報においても合格者の受験番号が掲載されます。合格証書発送日・官報公示日については、下記を参照してください。

情報処理推進機構(IPA)の「情報処理技術者試験」ページです。

おわりに:お疲れ様でした

長きにわたる受験勉強、神経を使う受験当日、大変お疲れ様でした。

少し息抜きをするために、マンガを読んでみてはいかがでしょうか?エンベデッドシステムスペシャリスト試験を受験したあなたにおすすめの本は、こちら。

上記『まんがでわかる 伝え方が9割』は、2013年~2014年にベストセラーになった『伝え方が9割』を読みやすくマンガ仕立てに変えたものです。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験を受験したあなたは、組み込み開発の技術者としての実力も相当にあり、今後のキャリアパスも明るく、今後人の上に立つ、あるいは今まさに立っているところではないでしょうか。

会社内での立場が上がると、部下との関係、会社幹部との関係、会社外部の重要人物との関係など、人とのコミュニケーションのことで悩むことが増えてくるはずです。そこで、この『まんがでわかる 伝え方が9割』を一読して「伝え方の法則」を学んでおけば、無用なトラブルや不安に悩まされる機会を少なくできるはず。

Amazon の「なか見!検索」Kindle 無料サンプルも提供されていますので、一度手に取っていただければと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク