高価格帯レトルトカレーを食べてみた!vol.1 鳥肌カレー

thailand-1055952_960_720

ゴールデンウィークということで、いつも美味しいご飯を作ってくれる交際相手が実家に帰省してしまいました。

残された私としては、彼女のいない数日間の苦難を、少しでも楽しく乗り越えたいわけです。

そこで考えました。

レトルトカレーを食べよう、と。

スポンサーリンク

高価格帯レトルトカレーを買って来た!

じゃ~ん!
カレー4種

レトルトカレーはレトルトカレーでも、学生時代にはとても手が出せなかった高価格帯レトルトカレーを買い揃えてみました。

全部で2,000円したので、1個平均500円。高い!

すごくセレブなレトルトカレーだ!

テンション上がります。

今日の1品

鳥肌の立つカレー

今日選んだのはこちらのカレーです。小野員裕の鳥肌の立つカレー

色鮮やかなパッケージがとても良い。このパッケージを店頭で見かけて、「あっ!レトルトカレーにしよう」と決めたのでした。

外箱猫

エキゾチックな外箱ですが、良く見ると時計を持った猫がいます。さらに目を凝らすと、肉球の足跡も。

外箱の別の場所には、

「カレー専門店の味を超えるレトルトカレーが可能であることを証明してみたかった」

と記載されていました。このカレーは、カレー研究家の小野員裕さんが到達した境地だということです。自信ありげ。これは楽しみですね。

箱の裏も見てみましょう。

辛さ表示

ゲッ 買うときは気が付かなかったけど、辛さ度合が一番辛口になっている。私、胃腸弱いので辛いのは避けたいんですよね…

ならカレー買うなよって? まあね、いいじゃん、食べたいときもあるのよ、胃腸弱くてもさ。

湯煎で温める

レトルトカレーを湯煎中

レトルトカレーは湯煎で温めます。このお湯が後で使えるんですよね。

5分ほど温めました。

完成!

完成品

ご飯に盛りつけて完成! おいしそう!

キーマカレーなので、鶏肉のミンチがメインです。玉ねぎは小さくきざんだものがまだ原型をとどめていました。

食べてみると… これはかなりスパイシー。色々な香辛料の味がします。口の中の細胞が熱く刺激されて、目が覚める感じ。この感覚は、今まで食べてきた低価格帯レトルトカレーでは得られない。

一方、塩気や旨みは控えめです。あくまで香辛料の刺激感、スパイシーさを追求した感じで、それ以外はあっさり系のお味となっています。

辛いので、先にご飯が無くなってしまうほどでした。

夏に食べたいカレー、というのが私の印象です。さっぱりとしていて、でも食欲はそそる。ガッと胃に流し込んで、今日もハツラツと生きるぜ、カレーとともに…!みたいな。

ところで、気になるのは実際に鳥肌が立ったのかどうか?かもしれません。

でもそこは是非、皆様の食卓で試してみてください★

完食しました

完食

完食しましたので、片付けをします。

ここで先ほどの湯煎のお湯が役に立つのです。

流し

バシャバシャ…

お湯で洗い流す!これで皿を洗うのが超ラクになるのは間違いありません。

温めるだけでなく、汚れ落としにも使えるという一石二鳥。これ、頭良くないですか?

(もしかして誰でも知ってる? 私は今日思いついたのですが…orz)

おわりに:デザート食べました

デザートのヨーグルト

デザートに、ブルガリアヨーグルトのブルーベリーソースかけをいただきました。

これで胃腸もニコニコです。

皆さまも、お休みの日などに高価格帯カレー「鳥肌の立つカレー キーマカレー」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク