フォーサイト宅建士講座の選び方!申込み時の注意点は?

宅建士一発合格&高得点合格のKiryuです♪

フォーサイト宅建士講座の購入を考えているとき・・・

「コースがたくさんあるけど、どれにすれば良いの??」

と迷ってしまう人は多いのではないかと思います。

というのも、実は私も最近フォーサイトの宅建士講座を購入してみたのですが、最初どのコースを選べばよいのか分からず、「???」状態でした。

ですが、じっくり考えてみると宅建に合格したい人が選ぶべきコース・選ぶべきでないコースは明確だったんです。

そこでこの記事では、今後フォーサイトで宅建士講座を買ってみようという人の役に立つよう、私の経験をもとに次のことを書いていきたいと思います!

  • どんな講座があるのかを分かりやすく説明
  • 購入する際はどれを選ぶのが良いか?料金と注意点は?
  • 実際の購入時の様子

ぜひぜひ参考に~!

基本的な選択肢は2つ

フォーサイト宅建講座を申し込む際、最も基本的な選択肢は2つあります。

  • バリューセット1
  • バリューセット2

以下、バリューセット1と2について、詳しく説明します。

バリューセット1って?

バリューセット1は「基礎講座」「過去問講座」の2つで構成されているセットです。

「基礎講座」って何?というもっともな疑問が湧いてきますが、簡単に言うと次の画像の内容が基礎講座です。

基礎講座ではテキストを使いながらDVDで講義を視聴します。

宅建士の試験範囲をゼロから学ぶことができる「基礎力養成」のための講座です。

一方、「過去問講座」というのは何でしょうか。これも簡単に言うと次の画像の内容です。

過去問講座は、講師とともに実際に問題を解いていくスタイル。

基礎講座で身に付けた知識をもとに問題を解く力を養う「応用力養成」の講座です。

以上のような「基礎講座」と「過去問講座」を組み合わせたのがバリューセット1の内容となっています。

バリューセット2って?

バリューセット2は「基礎講座」「過去問講座」「直前対策講座」の3つで構成されているセットです。

言い換えると、バリューセット1に「直前対策講座」を付け加えたのがバリューセット2なんです。

ここで「直前対策講座」の教材を画像で示したいところですが、この記事を書いている時点ではまだ送付されてきていません。

試験直前期の9月頃送られてくるので、届いたら画像を載せようと思います!

「直前対策講座」では、講師の講義を視聴しながら、今年度の法改正情報に触れていきます。また、最新の統計資料に関する知識を深めます。仕上げに、全科目の演習問題を解いていきます。

以上のように「基礎講座」「過去問講座」「直前対策講座」の3つがセットになったのがバリューセット2なんです。

バリューセット1・2どちらが良い?

以上見たようにバリューセットには1と2があります。

なので、「どちらを選べばいいの?」という問題が当然出てきてしまいますよね。

私も購入するにあたって色々と考えたのですが、結論としてはその年に合格したいのなら絶対にバリューセット2を選ぶ必要があると思っています。

なぜかというと、それはバリューセット2の「直前対策講座」の中身に関係しています。

「直前対策講座」には、次の2つの講座が含まれています。

  • 法改正・統計資料対策講座
  • 択一対策講座

特に「法改正・統計資料対策講座」に注目してほしいです。

実は、宅建士試験では「法改正に関する出題」と「統計資料に関する出題」は毎年必ずあります。法改正が1~2問、統計資料が1問ほどです。

必ず出題されると分かっており、かつその学習範囲も限定されているのですから、法改正と統計資料については深く学習し、得点源にするべきです。

そこで大きな力になってくれるのがバリューセット2の「直前対策講座」ということになります。講師の講義を通してその年の法改正・統計資料を学ぶことができるからです。

※バリューセット1には法改正・統計資料についての講師の講義は含まれていません。

本試験で1点でも多くとり、合格の可能性を少しでも高めたいなら、バリューセット2を選びましょう。

なお、バリューセット2のほうがバリューセット1よりも少し金額的には高いです。1万円くらいアップします。

人によっては、「1万円アップは痛いから、バリューセット2は避けたい・・・」と思う人もいるでしょう。

でも、その1万円をケチったことで1点・2点を取り逃し、不合格となってしまったらどうするのでしょうか?

来年もまた学習計画を立て、教材を買って毎日勉強しなければならなくなるのですから、失われる時間とお金は甚大です。1万円どころではありません。

宅建士試験は、取れたかもしれない1点・2点を逃がしてしまい、あえなく不合格となってしまう人が非常にたくさん出てしまう試験です。

そんな1人になってしまわないよう、バリューセット2で万全を尽くすべきだと私は思います。

合格者はどの講座を選んでる?

実際のところ、フォーサイトの受講生はどの講座を選んでいるのでしょうか?

フォーサイトが受講者から集めたデータを提供しているので、参考にしてみましょう。

2017年度にフォーサイトの講座を受講した後、アンケートに答えた合格者のうちの82.7%が、バリューセット2を選択しているとのこと。

上記の私の考察が、データからも裏付けられた形になっています。

つまり、合格したければバリューセット2を利用するのがベストなんです。

データの出典はこちら。

まとめ

以上のことから、その年に合格したいのならバリューセット2を選ぶべきです。

極論すれば、バリューセット1はそもそも無くても良いくらいだと思います。初めから無かったものと考えれば、悩む必要もありませんから・・・

話を簡単にするためにも、以下では思い切ってバリューセット2のみに焦点を絞ることにしたいと思います。

メディアを選ぼう!CD or DVD

バリューセット2は、さらに次の3つのコースに分かれています。

  • CDコース
  • DVDコース
  • CD+DVDコース

これら3つの違いは、講師の講義が収録されているメディアがCDなのか?DVDなのか?という点です。

CDコース

CDコースでは、基礎講座や過去問講座の講義がCDに収録されています。

CDは何枚もありますが、そのうちの1枚はこんな感じ。

CDコースではCDを再生して講義を聞くことになります。

(※直前対策講座はDVDのみとなっているため、CDコースであってもDVDメディア付属となります。)

DVDコース

DVDコースでは、基礎講座や過去問講座の講義がDVDに収録されています。

DVDは何枚もありますが、そのうちの1枚はこちら。

DVDコースでは、DVDを再生して講義を視聴します。

CD+DVDコース

CD+DVDコースでは、基礎講座や過去問講座の講義がCDとDVDの両方に収録されています。

CD+DVDコースでは、外出先ではCDで講義を聞き流し、自宅ではDVDで講義をじっくり視聴する、といった使い分けができます。

(※直前対策講座はDVDのみとなっているため、CD+DVDコースであってもDVDメディアのみ付属となります)

CDコースは絶対に避けるべき!

まず言えることは、CDコースを選ぶのはかなり注意が要ります。

逆に言うと、特別な理由が無い限りは、DVDコースまたはCD+DVDコースを選ぶのがオススメです。

というのも、CDコースは音声のみの講義だからです。DVDのように映像はありません。

しかも、CDコース用の講義を別途収録しているわけではないんです。

DVDに収録されている映像つき講義から音声だけを取り出したものがCDに収録されています。

映像つきの講義では、今講師がどんな表情で話をしているか、学習者に対して資料のどこを見せながら話をしているか、といった視覚的情報が多く含まれるため、聞いていて分かりやすいです。

反対に、そういった視覚情報が全てカットされた音声のみ講義は、かなり分かりにくくなります。学校の先生の授業を目をつぶって聞いたらどんな感じか?というのを想像してもらえれば良いと思います。

以上のように考えると、通常はCDコースは避けておき、DVDコースまたはCD+DVDコースを選ぶことになるでしょう。

DVDのみか、CD+DVDか

では、「DVDコース」と「CD+DVDコース」はどちらを選ぶべきでしょうか?

この点は、あなたが今後とるであろう学習スタイルに合わせて選べば良いと思います。

つまり、「DVDは使うけど、CDを使う予定は無さそう」であれば、DVDコースを選ぶと良いでしょう。

逆に、「CDも使うことになりそうだ」「CDがあると便利かも」という人は、CD+DVDコースを選ぶと良いでしょう。

この点は人それぞれであり、優劣は特に無いと考えています。

ひとつ思うのは、車で通勤していて、運転中の時間を学習に充てたいという人は、車中ではCDを使用することにしてCD+DVDコースを選ぶのが良いということです。

車を運転中にDVDを流す人もいると思いますが、危険だと思います。

宅建士の勉強をしたいあまりに目が映像のほうに行ってしまい、よそ見運転で交通事故を起こすことになれば、宅建士の資格どころではなくなってしまいます。

車中ではCDによる音声学習に留める、という方針をとることをオススメします。

そう考えると、CD+DVDコースが最良の選択肢です。

他の受講者はどれを選んでる?

他の受講者はどのメディアで学習しているのでしょうか?

フォーサイトが提供しているデータによると、2017年度受講者のアンケートに答えた人のうち、7割以上がDVDコースを選択していました。

データからも、無難なのはDVDコース、CDを使う明確な目的があるときはCD+DVDコースを選択するというのがセオリーだということが読み取れます。

データの出典はこちら。

料金はいくら?

フォーサイト宅建講座の場合、バリューセット2を選ぶべきだというのは以上見た通りです。

また、CDコースは避けるほうが良く、DVDコース・CD+DVDコースのいずれかを選ぶほうが良いということも分かっていただけたと思います。

では、バリューセット2の「DVDコース」「CD+DVDコース」の料金はいくらでしょうか?

これはその時どきで変化する可能性がありますが、2018年6月中旬時点だと、次の価格となっています。

通常価格とキャンペーン価格の両方が提示されていますが、基本、常にキャンペーン価格が出ている気がします(^^;)

キャンペーンと言われると、なんとなく嬉しいような気持ちにはなりますが(≧▽≦)

最新情報は下記で確認可能です。

教育訓練給付金の対象となるのは?

フォーサイトで宅建講座を受講する場合、教育訓練給付制度を利用することができます。

教育訓練給付制度というのは、失業している方で一定の条件を満たす場合に、修了までに支払った学費の20%がハローワーク(公共職業安定所)から給付されるという制度です。

フォーサイトで教育訓練給付制度の対象になっているのは次の2つのコースのみとなっています。

  • バリューセット2のDVDコース
  • バリューセット2のCD+DVDコース

バリューセット1の全てのコースと、バリューセット2のCDコースは対象外ですので、ご注意ください!

ちなみに、教育訓練給付金は実際のところいくらくらい給付されるんでしょうか? また、給付金を差し引くと講座の実質料金はいくらでしょうか?

下の表にまとめてみました。

バリュー2
DVDコース
バリュー2
CD+DVDコース
講座料金 56,900円 65,600円
給付額 11,380円 13,120円
講座実質料金
(料金-給付額)
45,520円 52,480円

実質料金が1万円も下がるので、オトク感ありますね♪

失業している方は是非利用しましょう。下記で詳細を確認できます。

バリューセット2の内容詳細

バリューセット2は「基礎講座」「過去問講座」「直前対策講座」の3つで構成されているセットだと言いました。

上で簡単に写真も見ましたが、もっと詳しく知りたい方は、次の記事へどうぞ。

フォーサイト宅建士講座を3か月間使ってみた感想!インプット・アウトプット・直前対策までカバーする「バリューセット2」は○○な人にオススメ
フォーサイト宅建士講座を検討しているあなたの疑問にお答えします!「お金を払う価値はある?」「どんな人におすすめ?」「本当に合格できる?」など。画像も19枚掲載中。個人の口コミではありますが、読んで損はさせません!

上の記事では、私が購入したバリューセット2・CD+DVDコースを全てお見せしています!

「単科講座」の使いどころ

繰り返しているように、バリューセット2のセット内容は「基礎講座」「過去問講座」「直前対策講座」です。

実は、これらの講座はセットではなく「単科講座」つまり単品として買うことも可能です。

ただし、単品購入はあまりオススメではありません。というのも、単品の講座購入は割高なんです。

2018年の例でいうと次の価格ラインナップとなっています。

たとえば単品で「バリューセット2・DVDコース」と同じ内容を購入すると、次の表のようになります。

講座名 料金
基礎講座 35,600円
過去問講座 38,000円
直前対策講座 15,000円
合計 88,600円

合計すると88,600円です。

先に見たように、この内容をセットで購入した場合は56,900円。

単品購入のほうが3万円以上高いことになります。

なので、初回購入時はセット購入がオススメです。

その後、万が一受験に失敗してしまったら、翌年度、内容をアップデートさせたい講座だけを選んで、単品購入すると良いでしょう。

たとえば、「直前対策講座」の「法改正・統計資料対策編」の内容は、毎年大幅な変更があると思われます。

これだけを入れ替える意味で単品購入するというのが、単科講座の賢い利用法だと思います。

単科講座の詳細・料金は下記で確認可能です。

おわりに

冒頭で書いたように、私は数年前に宅建士試験に合格しています。

(今回購入した理由は、実際に使ってみて自分なりにレビュー・評価するためです。)

ですが、既に宅建士のことを一通り理解している私ですら、どれを買えばいいのか大いに迷ってしまいました!

そこで、自分なりに考えた結論をまとめておけば、後でフォーサイトの講座を買う人にとって有益な情報になるのではないかと思い、この記事を書きました。

少し長くなりましたが、結論を2点にまとめます。

  • バリューセット1は選ばない。バリューセット2を選ぶ
  • CDコースは選ばない。DVDコースまたはCD+DVDコースを選ぶ

あなたの講座購入の参考にしていただければ、嬉しいです!

コメント