福岡市内の大型書店2選。地下鉄・JRからアクセス便利です。本をよく買う方にオススメ♪

読書する女性

私が福岡に移住して最初に困ったこと。それは、どこで本を手に入れたらいいんだろう?ということでした。

私はそこそこ本が好きな人間で、本は常に1冊持ち歩いているくらい。だから書店の確保って重要な問題なのですが、何しろ身一つで福岡に来たので、当時は右も左も分かっていなかったのです。

しかし苦節6年を経て(?)、今では福岡でおさえておくべき書店もバッチリ知っています!

そこで今回は、福岡市内の2つの大型書店をご紹介します。福岡に移住したばかりの方や、福岡に出張中の方、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ジュンク堂書店福岡店

ジュンク堂

ジュンク堂はホント最強です。

地下1階から地上4階まで、計5フロアぶちぬきで書店になっています。蔵書量は実に140万冊。店を訪れる全て客のニーズに応えようということのなのでしょう。

「あなたが居てくれてよかった」というセリフは、もし人間以外のものに対して捧げるとしたら、この書店に対してこそ使いたい。

POP の素晴らしさでも話題を集めているようです。

検索用PCコーナーあります

検索コーナー

さて、忙しい現代人が本を探すために5フロア全てをあてもなくうろつくとすれば、ムダが大きいですよね。

ジュンク堂福岡店では、各フロアに検索用のコンピュータ端末が置かれていますので、利用しましょう。どの階のどの棚にありますよ、っていうことをPCが教えてくれます。もちろんその情報をレシートタイプの紙に印刷することもできます。

ジュンク堂福岡店の場所とルート

書店の場所は、天神の北のほうにあるメディアモール天神(MMT)っていう建物です。

私は地下鉄ユーザーなので地下からの入り口をよく利用します。意外と知られていないのですがルートは2つあります。

天神地下街の天神コア入口から

一つは、天神地下街の天神コア入口から入るルートです。

IMG_1082

上の画像のコア入り口からずっと奥のほうへ進むと、MMTの地下2階(ダイソー)にたどり着きます。地下1階に上がるとそこがジュンク堂です。

地下鉄天神駅の13番出口から

もう一つは、地下鉄天神駅の東側改札から出たあたりにある13番出口から行きます。

地下鉄天神駅13番出口

上掲画像の出口を進み、

13番出口分岐

この分岐の標識に来たら右に行き、まっすぐ進みます。

IMG_1078

ジュンク堂地下1階に到着しました。

どちらのルートも便利なのでお試しあれ。

営業時間等の詳細はこちら。

福岡店/MARUZEN 福岡店(文具):ジュンク堂 営業時間10:00~21:00の書店情報サイト。店舗検索や書店ランキング、書店員の書評・レビューなど書籍に関する充実コンテンツも満載。

MARUZEN 博多店

丸善博多店

image credit: MARUZEN

MARUZEN の蔵書は60万冊。上記ジュンク堂には劣りますが、それでも満足行くレベルの品ぞろえです。

博多駅の駅ビル8階の半分くらいが MARUZEN になっています。駅ビル内なので、キャリーバッグを引いた旅行者っぽい人もよく見かけます。新幹線の待ち時間を潰すのにもおすすめの場所です。

1フロア構成なので、上階・下階を行ったり来たりしないで良いという、ほどよいコンパクトさもお気に入り。

検索用PCコーナーあります

もちろん検索用端末もあります。

レジカウンターの後ろの部分にあってちょっと目立たないのですが、6台くらいあるので込み合うこともないです。利用しまくりましょう。

MARUZEN 博多店の場所

前述のように、MARUZEN 博多店は博多駅の駅ビル(アミュプラザ)の8階に位置しています。

駅ビルなので、地下鉄博多駅・JR博多駅直結。市民にとっても、訪問者にとっても、アクセス便利な場所です。

営業時間等の詳しい情報はこちら。

博多店:丸善 営業時間10:00~21:00 の書店情報サイト。店舗検索や書店ランキング、書店員の書評・レビューなど書籍に関する充実コンテンツも満載。

おわりに:ウェブ蔵書検索もあるよ

実を言うと、ジュンク堂の会社と MARUZEN の会社は2015年に合併しています。

なので嬉しいことに、同じウェブサイトで蔵書検索ができるんですよね。

目当ての本が決まっている人は、公式サイトで蔵書検索をしてから書店に行くと効率的です。

以上、福岡市の2大書店のご案内でした。福岡市内でも読書を楽しみましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク