人生をやり直す方法について実体験から語る

人生をやり直す方法について実体験から語る

今日までの人生を振り返ってみたときこんな思いに駆られることはないでしょうか。

  • 「こんなはずじゃなかった」
  • 「もっと違う生き方ができたはずなのに」

私自身、20代が終わる頃にそれまでの自分の生き方に強烈な違和感を覚えて立ち止まりました。「今さらどうしようもないのでは?」とあきらめの気持ちも強かったのですが、それでも人生を変えていく方向にかじを切りました。

その時からもうすぐ10年が経とうとしています。私の人生はどうなったかというと過去のものとは全く異なる素晴らしいものに変化しています。

今回は私の人生のやり直し経験を述べつつ、あなたが今日から取り組める人生をやり直す方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

私が人生をやり直した実体験

28歳のときの私は定職に就いていませんでした。それどころか職歴すら皆無の人間でした。一応学生という肩書きはありましたが、たいして学業に励むこともなくダラダラと毎日を過ごしていました。

しかしあるとき田舎で一人暮らしている母が体調を悪くしました。幸い大事に至ることなく回復したのですが、この出来事は私が自分のそれまでの生き方を激しく後悔し反省するきっかけになりました。

女手一つで私を育てた母が年々年老いて弱っていくのです。この先病気になったり働けなくなったりすることもあるでしょう。にもかかわらず私にはお金も仕事もない。大切な人を助けたいとき今の自分には何もできることがないと思い知ったのです。

目的も目標も定めず毎日をなんとなく過ごす生活をこれ以上続けていてはダメだ。社会に出てお金を稼いで、守りたい人を守れるようにならなくては…でも、どうやって?

* * *

私は20代後半の年齢でありながらそれまでまともに働いたことはなく、就職に役立つような能力・技術なども全く持っていない状態でした。

今から人生をやり直して一人の社会人として生き直すのはとても無理そうに思えました。もしかするとこの先ずっとアルバイトで食いつないでいくのが精いっぱいかもしれない。私はそう悲観し落ち込みました。

それでも、自分にできることを1つずつやってみるしかない。私は退学の手続きを進めつつ、ハローワークや求人サイトで未経験可の正社員求人をたくさん見て、わずかでも雇ってもらえる可能性を感じた会社に手当たり次第に履歴書を送りました。

幸運なことに某社の書類選考と面接がうまく進み、入社することが決まりました。といっても、後でわかったことですがその会社はブラック企業でした。従業員が全然定着しないので私のような人材でも雇ったのです。

過酷な労働環境に耐えられなかった私は半年で1社目を辞めました。その後は再就職に苦戦する時期もあったものの、宅建・簿記といった資格を取って最大限にアピールし、合計4回の転職に成功しました。

転職するたびに給与や働く環境が良いものになるよう努めた結果、ホワイトな大企業で正社員として働くこともできました。そのかたわらで育てていた副業が軌道に乗ったため、2020年に会社務めをやめて独立し、現在は自営業者として生活をしています。

自営業者は不安定な身分なので、将来の不安がないわけではありません。とはいえ少なくとも現時点では満足のいく生活ができていますし、守りたい人を守れるだけの収入を確保できています。

30代後半の年齢になりましたが、状況は10年前とは比べ物にならないほど良いものになりました。

スポンサーリンク

人生をやり直す方法

自分の経験から人生をやり直す方法みちびきだすとすれば、それは長い時間をかけて行動を積み重ねていくことに尽きます。「長い時間をかけること」と「行動を積み重ねていくこと」に分けてもう少し説明します。

長い時間をかけること

短期間だけ何かに一生懸命に取り組んでも人生を変えるほどのパワーは持ちえません。

私たちの現状は子どもの頃から何年、何十年もの時間をかけて形成されたものです。それを短い時間で激変させようとすることには無理があります。

人生をやり直したいと思うなら少なくとも10年くらいの時間を見積もるべきです。その間に少しずつ、こうありたいと思う方向に軌道を修正していきます。

今の状態を1年かけて10%くらい修正するくらいのイメージです。1年で10%ずつ変えられれば10年間で100%に達します。全く違う人生が実現するのです。

行動を積み重ねていくこと

日々わずかでも未来を良くするための行動をすることが大切です。

「なんでこんな人生になったんだ」「もっと良い家に生まれたかった」等、思い悩んでしまう気持ちもわかりますが、頭の中でグルグル考えていても現実は何一つ変わりません。

自分にできることを毎日実行に移しましょう。たとえば働き方を変えたいのなら今日は求人票を見てみる。明日は求人サイトに登録してみる。明後日は履歴書を送ってみる。必要な資格の勉強を始めてみる、等。

もし人間関係を作り直したいのなら、今日は連絡帳を整理してみる。明日は引っ越しを検討してみる。明後日は同好会・サークルを探してみる、等。

今日のあなたの人生が過去のあなたの行動の結果であるように、未来のあなたの人生は今日のあなたの行動の結果です。

考えること・悩むこと・迷うことはほどほどにして、手を動かしましょう。足を動かしましょう。口を動かしましょう。少しずつ人生をやり直すための行動を積み重ねてください。

手っ取り早く人生をやり直したい人へ

「いや、そんな時間も手間もかかるようなことはしたくない。もっと手っ取り早く人生をやり直したいんだけど…」

そう思う人もいると思います。気持ちはわからなくはありません。できることなら楽をして、今より圧倒的に良い生活を送れるようになりたいですよね。

でも私はそんなことはできないと断言します。

そんな方法はないと言い切れる理由

手っ取り早く人生をやり直す方法はないと言い切れるのはなぜか。たとえば来月から魔法のように人生が変わって素晴らしい人生を送れるようになる。そんな方法があるとしましょう。

きっとみんなが飛びつきます。そして日本中・世界中の人々が人生をやり直して幸せに生きれるようになります。もし困っている人がいたら皆がその方法を紹介するでしょう。誰もが幸せな日々を過ごせる理想の社会が実現しそうです。

でも実際にはそうなってはいませんよね。皆どこかで現状に不満を感じていたり、悩んだり泣いたりしています。そんな中で「明日はこうしよう」と決めたり「もうこんなことはやめよう」と反省したりして、少しずつ未来に向けた行動を積み重ねて生きているんです。

何の蓄積もなく一瞬で人生をやり直せる方法があると仮定すると現実との整合性がとれません。ですのでそんな方法は無いと言い切れます。

人間ですからそんな都合のいい欲求を抱いてしまうこと自体は無理からぬことです。とはいえ実際には都合の良い空想にすぎないと理解しておきましょう。

欲望に付け込む詐欺に気を付けよう

少しだけ補足します。「手っ取り早く人生を変えたい」という欲望に付け込んだ詐欺が世の中にはたくさんありますので気を付けてください。次のようなフレーズには要注意です。

  • 医師も推薦した特別な健康法で病気が治る!やせる!肌つやも美しくなる!
  • 社畜を続ける人は情弱!会社なんて秒速で辞めてコンサルを受ければ自由になれる!
  • △△投資をするだけで年利○%!働かずにお金持ちになれる!

この類のものは全て詐欺です。こういったものにお金を使うとますます余裕がなくなり、人生がハードモードになってしまいます。

あなたの人生は他人にお金を払うことでどうこうできるものではありません。むしろあなた自身が1つずつ小さなパーツを組み合わせて構築していくものであると考えていただければと思います。

おわりに:あなたも今日から人生をやり直せる

step by step

今回は私の人生やり直し経験とそれに基づいた人生をやり直す方法についてお伝えしました。お金も仕事もなく大切な人も守れなかった私は10年間ひたすら行動を続けました。その結果今ではお金も仕事も得て大切な人も守れるようになりました。

この記事をここまで読んだあなたはきっと人生をやり直したいと考えていることでしょう。ぜひ私の方法を参考にしてください。

今回紹介したやり方は短期的に一発逆転を狙うようなものではありません。でも誰にでも実践できますし、ゆっくり確実に現状を変えていけるやり方です。

長い時間をかけて行動を積み重ねていく。その方針で取り組めばあなたも10年後には人生のやり直しが完了しています。今日からスタートしましょう。

以上、参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました