賃貸の初期費用に出てくる家賃保証料って何?保証料と保険料の違いは?不動産スタッフの私が全てお答えします

旅立ち

部屋の賃貸契約をするときに「初期費用の見積もり」をもらうことってありますよね。その中に「家賃保証料」という項目が入っていることがよくあります。

引越しに慣れていない方には分かりにくいと思います。実際、私は不動産会社に勤めているので賃貸物件を探している方とよく話すのですが、家賃保証についてよく知らない方はとても多いです。

実は、家賃保証料は家賃を滞納しない大多数の人にとっては関係の無い話なので、知らなくても無理はありません。

とはいえ、きちんと理解した上で契約したい、納得済みで引越ししたい、という人も多いと思いますので、この記事では家賃保証料について詳しく解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

一言で言うと

家賃保証料は、「家賃保証会社」に支払うお金です。

では、家賃保証会社とは一体何なのか。それを理解する前提として、「連帯保証人」という制度と、その問題点について考えてみましょう。

「連帯保証人」その問題点

壊れて役に立たない

連帯保証人という言葉は、多くの人がご存じのことと思います。部屋を借りている人(借主)が万一家賃を滞納したときには、私が代わりに払いますよと約束している人のことです。

賃貸契約をするときに、両親や兄弟など、親しい間柄の人にお願いするのが通常のパターンですね。

しかしながら、人というものは時に身勝手なものです。契約時に連帯保証人になりますと宣言していても、いざ家賃が滞納になって、代わりに払えと言われると、なかなか払わない人も多くいます。

これだと部屋を貸している大家さんは家賃を取りっぱぐれるので、困ってしまいます。

大家さんは裁判を起こして連帯保証人を訴えれば勝てるかもしれませんが、訴訟には手間も費用もかかるので、現実的にはやってられません。

保証会社の登場

保証会社のイメージ(なんとなく)

そこでニーズが出てくるのが、家賃保証会社です。この種の会社は、借主の保証人になるということを事業として行っています。

個人とは違い、会社というのは信用が大事なので、身勝手なことは基本しません。なので、滞納家賃を代わりに払えと要請されれば、必ず払います。大家さんにとっては安心のシステムだというわけです。

もちろん、家賃保証会社は事業として保証人になるわけなので、その対価をどこかかもらわなくてはなりません。そこで、あらかじめ、借主から一定の額のお金を保証の委託料として受け取ります。これが家賃保証料なのです。

支払う額の相場としては、家賃1ヶ月分の50~100%くらいでしょうか。

ワンポイントアドバイス

ひとつアドバイス!

ところで、滞納時には家賃保証会社が代わりに支払う、といっても、その支払いの性質は「立て替え払い」です。

つまり、一時的にお金を出してあげているだけのことなんです。部屋の借主は、後になって家賃保証会社から取り立てを受けることになります。

しかも、取り立ての際には、家賃に手数料が上乗せされた額を請求されてしまいます。もったいないので、家賃は滞納しないのが賢明です。

また、保証会社からの請求には速やかに応じましょう。応じないで何か月も放置すると、自宅に来ることもありますし、マジで訴えられることありますので、注意してください。

「保証料」と「保険料」の違い

混乱

家賃保証料は、火災保険料と混同されることがよくあります。たまに、経験の浅い不動産営業マンが間違えていたりします。気をつけましょう。

家賃保証料は単に「保証料」と呼ばれ、火災保険料が「保険料」と呼ばれて、かなり似た響きの言葉になるため、間違えやすいんですよね。

では、保証料と保険料はどのように違うのか、考えてみます。

家賃保証料については、上記の説明で分かっていただけたと思います。

火災保険料というのは、部屋の中で火災が起こったり、風水害が起きたりして、家財が汚損・損傷したときに備えて、15,000円~20,000円程度を保険として支払っておくものです。

保険をかけた上で、災害等の被害にあった場合、保険金がおります。つまり、お金がもらえます。

保証料と保険料。似ているようで、実は全く違うんです。

まとめ

借主が初期費用として家賃保証料を支払う場合、それは家賃保証会社に対して「お金を払うので保証人になってください」とお願いをしている、ということを意味しています。お分かりいただけたでしょうか。

では、スッキリした気分で引越しをしましょう!

以下、関連リンクです。

賃貸物件を借りる時に保証会社の審査が通らなかった!何で審査落ちたのか分からない!どんな審査してるの?などの声が多かったので、保証会社の審査基準、審査内容をまとめてみました。項目ごとの詳しい審査基準、保証会社の審査裏情報!詳しく書いてます。よかったらご参考下さい。

家賃保証会社に関するさらに詳しい情報はこちら。勉強になります。

こんばんは。今日は全保連と言う保証会社の取立て方法に疑問点を持ちましたので、ブログに書きます。保証会社は、数多くありますが、管理人の判断では、この全保連と言う…

Yahoo知恵袋で活躍されている「賃貸住宅トラブル質問相談」さんのブログ。リンク先は某保証会社の取り立てについての記事です。取り立てが実際どんなものかが分かって興味深い。困った人はこの方に相談してみるのもいいかもしれません。

部屋を借りる際、一昔前は連帯保証人がいればよかったのですが、最近良く目にする「家賃保証会社の利用必須」。連帯保証人がいるのに、わざわざ家賃保証会社を利用しなければならないのはなぜなのか……。“不動産・住生活”のプロに聞いてみました。 Q.部屋を借りる際に「家賃保証会社の利用必須」とある。これ何? A

マイナビ賃貸のコラムです。必須か必須でないかとか、が気になる方はどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク