ヒゲ脱毛体験記 vol.5 無料カウンセリングに行ってみた!(2)

ヒゲ男の絵

この「ヒゲ脱毛体験記」シリーズでは、私のヒゲ脱毛の体験談を書いています。

前回はこちら。

ヒゲ脱毛体験記 vol.4 無料カウンセリングに行ってみた!(1)
この「ヒゲ脱毛体験記」シリーズでは、私のヒゲ脱毛の体験談を書いています。前回はこちら。前回は、福岡市内でレー...

前回は、福岡市内でレーザー脱毛をしている湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングに行って、すっかり不安が無くなったとお話ししました。

今回はその続きです。検討対象のもう1つのクリニック、赤坂クリニックの無料カウンセリングに行ったときのことをお話しします。

スポンサーリンク

赤坂クリニックの無料カウンセリングを予約

ヒゲの男が電話をかける

赤坂クリニックの予約方法は電話でした。メール以上にドキドキします。(小心者なんです…orz)

女性の方が電話に出られました。「男性のヒゲ脱毛のカウンセリングを受けたいのですが…」と伝えたところ、スムーズに予約できました。

美容外科や美容皮膚科は女性のお客が多いです。なのであえて「男性のヒゲ脱毛」と伝え、こちらの意図を明確にしました。

およそ2週間後にカウンセリングを受けることになりました。

赤坂クリニックのカウンセリングに行ってみた

行ってみた

湘南美容外科クリニック同様、まず簡単なアンケートに回答しました。次に、女性スタッフの方からヒゲ脱毛のメカニズムと施術内容について分かりやすい説明があり、さらに希望の施術部位について聞き取りがありました。

私のほうから、脱毛時の痛みや脱毛プラン完了後の仕上がりについて質問もしましたが、やはり丁寧に回答していただきました。

さて、実を言うと、本題はそこから後です。赤坂クリニックの独自色の強いカウンセリングサービスが始まりました。

テスト照射を受けられた!

「テスト照射を受けますか?」と聞かれました。事前にホームページの情報で分かっていたのですが、このクリニックではレーザーの痛みを前もって体感しておくため、実際に施術台に横になって、数発のレーザーをあててもらうことができるんです。

まず始めに、女性スタッフの方が自分の手の甲にレーザーを打つところを見せてもらいました。「毛が無いところには打っても痛くないんですよ~」と言っていました。

実際にレーザーが放たれるところを肉眼で見せてもらいましたが、極小サイズの雷のように見えました。青白い光で、一瞬で消えてしまいます。

次に、私は施術台で横になりました。そして、口の周りの5か所ほどにレーザーを打ってもらいました。照射のたびに、初めて感じる類の強い痛みが走ります。思わず眉間に力が入るくらいですが、堪えられないほどではなかったです。

ちなみに、人間の髪の毛が焼けるにおいってご存知でしょうか? かなり独特のにおいですが、今回のレーザー照射後すぐに、髪の毛が焼けるのと同じにおいがしてきました。レーザーによってヒゲが焼かれるためでしょう。ヒゲも毛髪の一種なのです。「あぁ、レーザーがヒゲを焼き殺しているんだな」と感じました。

塗り薬をもらえた!

赤坂クリニックではさらに、テスト照射後に塗り薬を2種渡してくれました。まずその場で塗り、さらにその後3日ほどの間は、1日1回程度塗るようにと指示を受けました。

薬はテスト照射のときだけではなく、本番の照射が開始されてからも毎回塗ることになります。手持ちの薬が無くなったら、無料で新しいのを渡してくれるとのことです。

レーザー照射は、当然、肌への負担になります。私の場合は、照射から一晩の間、一見して分かるほど赤くなっていました。肌への負担を減らし、回復を早めるためには、薬があったほうが安心だな、と感じました。

当初の想定よりも料金が安くなった!

ところで、脱毛範囲について希望を聞かれたとき、顔全体と首回り全て、と私は答えていました。そのプラン通りだと、そのクリニックが提供しているプランの中では最大の照射範囲となり、料金も最も高いものでした。私は始めからそのプランで行こうと思っていたので、高額な支払いについても覚悟を決めていました。

ところが、スタッフの方が私のヒゲの範囲をチェックしてみたところ、頬の部分に関してはヒゲの生えている範囲が狭いということでした。そこで、本来なら左右の頬をそれぞれ1か所としてカウントして料金がかかるところを、左右合わせて1か所としてカウントして、少し安くしますよ、という提案がありました。

これにはかなりビックリ。確かに頬の照射範囲が狭いのであれば、2か所をまとめて1か所として考えるというのは合理的ではあります。でも、クリニックからすれば売上が減るだけで、得なことは無いわけです。にも拘わらず、私に有利になるようなプランを提案してくださいました。

受け取るお金が少なくなってもいいから、顧客の利益になるように柔軟な対応をとるこのクリニックの配慮に、私は心をつかまれてしまいました。

赤坂クリニックの無料カウンセリングの感想

ヒゲ面の「やった!」

以上、赤坂クリニックでは、「テスト照射を受けた」「ダメージ回復を助ける薬をもらえた」「柔軟な対応で料金が安くなった」という3つの体験をしました。いずれも、顧客の不安や不利益を解消しよう、という思いからの施策だと思われます。

そこから私が感じたことは、このクリニックなら、自分のことを最優先に考えてくれるだろうから、多少高いお金を払っても良い。是非このクリニックに任せたい!ということでした。

ヒゲのレーザー脱毛を始めると、この先1年くらいはその医院と付き合っていかなければなりません。1年もの期間であれば、その間にはきっと予想していなかった良くない事態というのも起こる可能性があります。そういうことになったときも、きっとこの人たちは私の利益になるように行動してくれるはず。私はカウンセリングを通じてそう判断することができました。

以上のことから、私は脱毛を受けるクリニックとして、赤坂クリニックを選択することにしました。

実際にクリニックに足を運んでみると、優柔不断な私が意外なくらいにハッキリと「こちらで受けたい!」と決めることができたのは、印象深い出来事でした。

ちょっと補足

さて私は選択しなかった湘南美容外科クリニックですが、ここも本当に魅力的ですので、そのことを補足しておきます。まず、臨床数が膨大なので、施術方法は洗練されていることでしょう。間違いのないレーザー脱毛が受けられますし、万が一トラブルが起こっても、その対処に慣れている、といったことが期待できます。

またプラン面でも、口周りのヒゲの施術を何回でも受けられるという、おそらく湘南美容外科以外ではおそらくどこも実施していないプランがあります(期間は何年以内という制限があると思いますが)。ヒゲの濃い男性の中でも特に濃さには自信がある!という方であるほど、安心できる内容ではないでしょうか。

無料カウンセリングのまとめ

ヒゲ神

無料カウンセリングに行くことによって、実際の医院を見ることができ、スタッフの人と話してみることができました。また、赤坂クリニックではレーザーのテスト照射を受けることができ、痛みの程度もだいたいのところが分かるようになりました。

今ヒゲ脱毛を検討している人に、伝えたいことがあります。それは、是非カウンセリングに行ってほしい、ということです。私のようにどの医院で脱毛するかというレベルで迷っている人はもちろん、脱毛をするかどうかというレベルで迷っているという人も含めてです。

行ってみないと分からないことが色々あります。前回・今回の記事でカウンセリングの様子を色々と書きましたが、それは特に印象に残ったことを書いたまでであって、他にも考えたことや感じたことが様々にありました。

カウンセリングは、時間もかかるし、自分がヒゲを気にしていることをつまびらかにしなければならないので、ちょっと恥ずかしいような気もします。2つ以上の医院をカウンセリングによって比較するのであれば、選択しなかったほうの医院は切り捨てることになるので、心理的な葛藤も出てきます。

でも、ヒゲ脱毛をするとなれば多大なお金をつぎ込まなければなりません。そうれであれば、カウンセリングに必要な時間くらいは確保すべきですし、羞恥心はかなぐり捨てて、担当の方と真剣に打ち合わせをするべきです。

また、医院の側としても、カウンセリングによって最も良い選択をしてほしいと思っているはずですので、その思いに甘えて、遠慮なく比較検討をしましょう。

そして、自分が「ここなら任せられる!」と確信できたら、そこにお金をつぎ込むことは、それほど思い切りの要ることでもなくなります。この医院での施術と信頼はこの額に見合うと思えるようになるからです。

以上、無料カウンセリングについてお話ししてきました。次回は、いよいよ本番のレーザー照射のことを語っていきます。

ヒゲ脱毛体験記 vol.6 実際にレーザー脱毛の施術を受ける
この「ヒゲ脱毛体験記」シリーズでは、私のヒゲ脱毛の体験談を書いています。前回はこちら。2つのクリニックの無料...

関連 男性脱毛クリニック おすすめの3院!大手・レーザー限定

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク