レーザー脱毛後の「泥棒ヒゲ状態」について、私の体験から語る

早くヒゲの無いキレイな顔になりたいなぁ!

レーザーをビシッと打って、1日でも早くツルツルになりたい!

それは自然な気持ちだとは思いますが、少し気持ちが先走っているかもしれません。

結論から言えば、レーザー脱毛に1~2回行ったからといって、すぐにヒゲの無いツルツル肌になる…というわけではないんです。

レーザー脱毛は、比較的短期間で永久的な脱毛を目指せる方法ではあるのですが、それでも、ある程度の時間をかけて、少しずつツルツルを目指して行くという側面を併せ持っています。

ここではレーザー脱毛施術後の経過について、考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ショック!一時的に泥棒ヒゲ状態に…!?

実はほとんどの場合、初めての施術や2~3回目の施術後から1週間程度は、ヒゲが黒々として目立つ状態が続いてしまいます。

これは「泥棒ヒゲ」とも言われるような、ちょっと汚らしい状態です。

この状態、かつてレーザーのヒゲ脱毛施術を受けた私も、なりました。

初めての脱毛を受けてから翌々日くらいでしょうか。非常にヒゲが目立つようになり、会社で「ヒゲ剃ってないの?」と言われてしまいましたorz

ヒゲが嫌で嫌でたまらなくなって脱毛をするというのに、レーザーで痛い思いをした挙句、泥棒ヒゲ状態になってしまうなんて、悲し過ぎますね…

泥棒ヒゲ状態になる理由

どうして泥棒ヒゲのような状態になってしまうのでしょうか。

実は、これはレーザーで焼け焦げて膨張したヒゲが、毛穴に残ったものなのです。膨張しているので、どうしても黒々と目立ってしまいます。

誰でもなるものなので、特に心配することはありません。単に、ちょっとみっともないだけなんですよね。

しかも、後で述べる通りこれは一時的なものなので、数日我慢すれば状況はかなり変わって、きれいな顔になっていきます。

ただ、いくつか注意点もあるので、知っておいてください。

まず、この泥棒ヒゲは非常に柔らかくなっているため、通常のヒゲ剃りでは非常に剃りにくい、という点です。

変に意地になって剃ろうとすると、肌をボロボロにしてしまうため、注意が必要です。

どうしても恥ずかしくて、人の目が気になってしまう場合は、マスクをするなどして隠してしまいましょう。

次に注意したいのは、なんとなく違和感があるからといって、変に爪で引っかいたり抜こうしたりすると、雑菌が入って炎症を起こすことがあるという点です。いわゆる毛嚢炎(もうのうえん)になってしまうと、最悪です。

泥棒ヒゲ状態になったとしても、できるだけ気にせず、いじらないようにしましょう。

ヒゲが抜け落ちていくタイミング

では、いつ頃からヒゲが抜けて行って、目立たなくなっていくのでしょうか? レーザー脱毛を考えている人が、最も気になるポイントの1つですよね。

レーザー脱毛によってヒゲが抜け落ちていくタイミングには、大きく2回に分けて考えることができます。

レーザー脱毛直後

まずは、「レーザー脱毛直後」のタイミングです。

このときは、縮れたヒゲが飛び出すように抜けていく現象が起こります。これを「ポップアップ現象」といいます。

この現象は、レーザー脱毛のレーザーが、毛根にある「毛母細胞」を熱で破壊するために起こります。

レーザーが当たった毛根は、熱を吸収し、すぐに放熱するのですが、その際、ヒゲのたんぱく質が変質し、縮れて、勢いよく飛び出してくるのです。

ただし、この現象を自分で実感することはまずありません。

なぜなら、施術を受けた直後に、看護師さんがポップアップしたヒゲを拭きとってくれるからです。

照射後1~3週間後

次に抜け落ちていくのは、泥棒ヒゲの期間を経た後のタイミングになります。

体質などにより期間は変わりますが、おおよそ1~3週間程度で、ヒゲがポロポロぽろぽろっ…と抜け落ちてきます。

洗顔などをしているときに、泡などに抜けたヒゲが付いていることが見られるのがこの時期です。

この時期を迎えると、顔からヒゲが無くなったように感じますので、よっしゃ!レーザー脱毛してよかったぁ!!と、とてもハッピーな気持ちになります。

毛周期について

では、この施術1回が終わり、1~3週間経てば、後はずっとツルツルなのでしょうか。

実のところ、そうではありません。しばらくすると、またちょっとずつ生えてきます。ガーン…orz

でも、これも自然なことなんです。

というのも、毛には毛周期というものがあります。

毛周期というのは、いわば毛の一生です。毛が誕生してから抜け落ちていくまでの、ライフサイクルのことです。

一般に、「成長期」「退行期」「休止期」に分けて考えることが多いです。

「成長期」には、毛が生えて皮膚の上に出てきて、伸びていきます。

「退行期」には毛は痩せて弱くなり、最終的には抜け落ちます。

その後は「休止期」で、毛根はしばらくの間毛を生やすことをやめ、お休みしています。

この中で、レーザー照射で脱毛の効果があるのは、成長期の毛だけなんです。

退行期の弱った毛や、休止期で眠っている状態の毛根に、いくらレーザーを打っても効き目が無いんですね。

そして、ある1時点で顔に存在しているヒゲを考えたとき、成長期を迎えているヒゲは、全体の2割ほどであると言われています。

ということは、結局、「2割ずつヒゲ減らしていくことでツルツルを目指そう」というのが、脱毛の基本的な考え方なのです。

そのため、レーザー脱毛はどうしても1回の施術だけでは終わりません。

1ヶ月~2ヶ月後に、再びレーザー照射を受け、そのときに成長期を迎えているヒゲを迎え撃つ、ということになります。

毛周期に合わせる形で、何回かに分けて、レーザーを照射することが必須なのは、そういう理由なんです。

まとめ

急いてはことを仕損じるという言葉がありますよね。

ツルツルになりたい!と焦る気持ちはわかりますが、冷静になりましょう。

落ち着いて、しっかりと脱毛に取り組めば、いずれ満足のいくツルツル具合になっていきます。

「レーザーを照射したら、次の施術のときまでヒゲのことは気にしない!」

それぐらいでちょうどいいのではないでしょうか。

関連 男性脱毛クリニック おすすめの3院!大手・レーザー限定

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク