自宅やエステサロンの脱毛とクリニックでできる脱毛の違いを具体的に述べる。

「ヒゲ脱毛をしたいからといって、何もクリニック(医院)に通うことはないよね。自宅でもやろうと思えば不可能ではないし、料金が安いエステサロンで脱毛することもできる」

上記のような声を聞くことがあります。確かにその通りです。間違っているわけではありません。

でも、自宅・エステサロンでできる脱毛と、クリニックでできる脱毛には色々な違いがあります。

ですので、まずはどんな違いがあるのか、具体的におさえておきましょう。

そして、それぞれを比較しながら、総合的に考えてみましょう。

きっと、レーザー脱毛のほうがずっと経済的であり、不安も少ないということが分かっていただけると思います。

スポンサーリンク

自宅で行う2つの脱毛方法とデメリット

自宅でできる脱毛についてですが、主に使われるのは次の2つです。

  • 脱毛クリーム
  • 家庭用脱毛機

それぞれについて、詳しくみていきます。

脱毛クリーム

脱毛クリームは手に入りやすく、安価で使いやすいと思っている人も多いのですが、是非理解しておきたいポイントがあります。

それは、脱毛クリームは実際には肌表面の毛を溶かしているだけだということです。言い換えれば、これは脱毛というよりも、単なる除毛と言ったほうが正しいんです。

確かに、毛は一時的には無くなります。でも、そう見えているだけで、肌の少し深いところには、ヒゲが元気に生きています。なので当然、すぐにまた毛が伸びて肌表面に出てきてしまいます。

せっかく毛を無くしたいからお金を出して処理をするのに、それで良いの?っていう感じがしませんか。なんだか、根本的な解決には全然なってないですよね。

さらに悪いことに、脱毛クリームは毛を溶かすほど強い薬品ですから、肌荒れなどのリスクもあります。それを顔という目立つところに塗ることは、できるだけ避けたほうがよいのではないでしょうか。

家庭用脱毛機

次に、家庭用脱毛機です。

家庭用脱毛機の脱毛方法はフラッシュ脱毛(光脱毛)と言われるもので、エステサロンで使われるものと基本的に同じ方法となります。

しかし、家庭用脱毛機の大きさは、手のひらサイズです。言うまでもなく、エステサロンで使われているものよりも出力が落ちます。また、冷却装置もついていないため、痛みを和らげることもできません。

家庭用脱毛機は、脱毛の技術を持っていない人が処理することを前提に開発されていますので、比較的安全性が考慮された製品ではありますが、万が一もありえます。

(実際に家庭用脱毛機を使うとわかりますが、鏡を見ながら処理を進めるのは意外に難しく、肌にダメージを与えてしまったらどうしようとヒヤヒヤするものです。)

さらに、一見割安に見えて、使用を続けているうちに本体やカートリッジなどの交換が必要となるため、最初に想定していたよりもずっと高くつくことがよくあります。

自宅でのヒゲ脱毛はやめるべきである

以上のように、家庭での脱毛方法もあることはあります。脱毛クリームも、家庭用脱毛機も、初期費用が安く済み、取り組みやすいのは良いところです。

でも、全体的に肌に対するリスクが大きいですし、その割に脱毛の効果が小さすぎると思います。したがって、自宅でのヒゲの脱毛はお勧めできません。

エステサロンでヒゲ脱毛をするデメリット

では、エステサロンのヒゲ脱毛はどうでしょうか。

先ほども述べたように、エステサロンではフラッシュ脱毛(光脱毛)を行います。このフラッシュ脱毛の仕組みを簡単に説明しましょう。

人間の皮膚では、メラニンという色素が日々生産されています。この色素は黒く、毛が黒いのは実はこのメラニン色素に由来しています。

フラッシュ脱毛においては、このメラニン色素にのみ反応する波長の光を肌に照射します。そうすることで、光の熱で毛根を焼き、生えてこないようにする、という仕組みです。この仕組みは、医療機関で受けられるレーザー脱毛と、大まかには同じものです。

しかし、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の大きな違いは、その出力の差にあります。

法律により、出力が大きいレーザー脱毛は、医療従事者しか扱うことができないことになっています。このため、エステサロンで受けられる脱毛は、出力が弱いものに限定されているんです。

出力が弱いので、必然的に、脱毛の効果も小さいものとなります。つまり、エステサロンでは、いわゆる永久脱毛などは望むことができません

エステサロンでヒゲ脱毛をしたと思っても、また生えてくるため、また時間とお金を使って脱毛を受けに行かないといけなくなる。

そんなことの繰り返しになってしまいます。

クリニックのレーザー脱毛のメリット

それでは、クリニックで受けられるレーザー脱毛についてはどうでしょうか。

クリニックのレーザー脱毛は、出力が高いです。ですので、家庭用脱毛機やフラッシュ脱毛に比べて、痛みも強いと言えます。そこが少し辛いところです。

その反面、脱毛の効果はテキメンです。ヒゲを毛根から消滅させてしまいますので、痛ければ痛かった分、毛が生えてこなくなります。

そして大事なポイントとして、レーザー脱毛は医療機関(クリニック)で行うため、万が一ケガや肌のトラブルが起こっても、その場でアフターケアを受けることができるということを指摘しておきます。

ここは強調しすぎてもし過ぎることはありません。というのも、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、まれにヤケドをしてしまうことがあるからです。

ヤケドは、初期対応できちんと処置をしておくことが重要です。その点、医療面でのフォロー体制が整っているクリニックという場所でヒゲ脱毛を行うことには、大きなメリットがあると言えます。

まとめ

問題の解決にならない「脱毛クリーム」や、効くのかどうか分からない「家庭用脱毛機」で、いつまでも無駄なお金を使うのはやめましょう。

手軽だから、なんとなくオシャレだからといって、効き目が弱いエステサロンでお金を使うのもやめましょう。

大事なお金は、クリニックで使う。医療機関であるクリニックで、効き目が十分に期待できるレーザー脱毛を受けて、早く安全にヒゲとサヨナラする。

それが、ヒゲの問題を本当に解決したい人の、経済的で安心できる唯一の方法なのではないでしょうか。

関連 男性脱毛クリニック おすすめの3院!大手・レーザー限定

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク