ヒゲ脱毛と季節の関係。秋や冬が勧められるのは何故か?

ヒゲの脱毛におすすめの時期・季節はあるのか。

ヒゲ脱毛を検討している人が、いつ頃から脱毛を開始しようかと考えたとき、ぶつかることがあるテーマです。

そして、その答えとしては、「どちらかといえば秋~冬である。寒い季節に脱毛を始めたほうが良い」と言われることがあります。

しかし、管理人は、そのような意見にはあまり賛成していません。

というのも、最終的には、1年以上かけて脱毛する場合がほとんどだからです。結局、脱毛している期間中に、すべての季節をめぐってしまいます。

なので、季節にとらわれるのはあまり意味が無いんです。

また、一般的に良いとされる季節を待つことを優先して、何か月もヒゲだらけの顔で過ごすほうが良いでしょうか。

それよりも、さっさと脱毛してしまったほうが精神的にも経済的にもメリットが大きいと私は思います。

とはいえ、「秋・冬が良い」という意見を分析すると、参考になる知見も得られます。今回は、ヒゲ脱毛と季節の関係について、少し考えていきましょう。

スポンサーリンク

ヒゲ脱毛には秋・冬がおすすめだとされる理由

秋・冬にヒゲ脱毛するのが良いと言われる理由は、レーザー脱毛の仕組みに秘密があります。

医療レーザー脱毛では、ヒゲの内部にある「メラニン色素」がレーザーの熱を吸収し、毛根に熱が伝わります。すると、毛根部分にある細胞を焼かれます。細胞が焼けることで、ヒゲが生えてこなくなります。

つまり、メラニン色素に容赦なくレーザーが照射される、ということなのですが、この色素の名前、他の話題でも聞いたことはないでしょうか?

そう、この色素は日焼けに関係しています。

春や夏など活発に出かけているときに、紫外線が肌に当たり、体内に入ってきます。すると、体は紫外線に反応して肌にメラニン色素を作り出し、体を守ろうとするのです。

とするならば、日焼けしている肌というのは、メラニン色素に満遍なく覆われている状態ということになります。

その状態でレーザーを当てれば、当然ながら、ヒゲのみならず肌をも直接焼いてしまいます。最悪の場合、ヤケドの原因にもなるのです。

そのため、日焼けの程度によっては、ヒゲ脱毛は断られる場合もありますし、施術をしても弱い出力での施術になってしまい、あまり意味がありません。

そのため、日焼けをする恐れがつよい春~夏よりは、秋~冬のほうがオススメである、と言われます。

秋・冬も油断は禁物

しかし、秋~冬だからといって絶対大丈夫かと言えば、そうではありません。

特に、日焼けしやすいウインタースポーツは避けるべきです。どうしてもスキーやスノボを楽しみたい場合は、顔は全部厳重に覆ってしまうくらいの覚悟が必要です。

また、秋に入ったばかりの頃も要注意でしょう。というのも、秋の初旬は、夏の間に蓄積された肌のダメージが出やすい季節だからです。

とにかく、日に焼けてはいけない

以上のように、結局守るべきポイントは、日焼けをしないという点です。

その点を守っていれば、夏だろうと冬だろうと、どちらの季節に脱毛を始めても同じように脱毛が可能です。

女性の脱毛のように、夏ほど需要が多い=値段が高くなる、ということも、ヒゲ脱毛の場合は無いですしね。

逆に言うと、夏だろうと冬だろうと、日焼けしてしまえばアウトです。脱毛期間中であっても、施術を1ヶ月先延ばしにされてしまうことは有り得ます。

ヒゲ脱毛は秋・冬が良い、という一般的な意見をそのまま鵜呑みにするよりも、「なぜそう言われるのか?」「脱毛にとってよくない要因を避けるためにはどうしたらよいのか?」ということを考えることのほうが、重要かなと思います。

関連 男性脱毛クリニック おすすめの3院!大手・レーザー限定

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク