面倒くさくない光インターネット新規契約!回線・プロバイダ込み(一体型)を月額料金の安い順にランキングしました【マンション版】

fire-1527473_960_720

私の自宅は、いまだに 1M の超低速回線でインターネットをしていたりします。oh…

YouTube 等の動画コンテンツはスムーズに見れないこともあるので、いい加減、うちも光インターネットにしたいな?と思っています。そこでネットで契約や申込みのことを調べてみたんですが、その中でとても驚いたことがありました。

何と、光インターネットを使うには、「回線の契約」と「プロバイダの契約」の2つを結ぶ必要があるんですね! メンドくさっ!!

なぜ、インターネットという1つことをするのに2社と契約をしなければならないのか。有り得ない… こっちは忙しいのに…orz

と思っていたのですが、よくよく調べてみると、回線とプロバイダ料がコミコミで契約できるプランも最近は出てきているようです。ワンストップサービスっていうやつですね。有難い!

インターネットの開通って、工事が必要だったりもするので、窓口は1個にまとまっていたほうが契約時も解約時も楽になるに違いありません。

そこでこの記事では、各社から提供されている地回線・プロバイダコミコミ最新プランをピックアップして比較してみました。

比較の基準に関する話を少し。私は、インターネット契約のように、いくつも種類があるプランを比較するときは、キャッシュバック等の特典に惑わされないように気を付けています。

というのも、企業がキャッシュバックをしてくれるのはいいのですが、その財源は結局、後々自分が支払う月額利用料や工事費から捻出されていると思うからです。つまり、いったんはキャッシュバックがもらえるものの、結局その分を後で支払うことになるんです。

目先のキャッシュバックにつられて、割高な契約をしてしまったら、意味がないですよね。

であれば、最初から純粋に安くて質の良いプランで契約をしたほうが、長期的に見た場合にトクします。そして、もしそのような良質な契約にキャッシュバックがついていたら、ラッキー!くらいに思うのが良いのではないかと。

前口上はこのくらいにして、以下が私が調べた結果のまとめです。今回はマンションタイプの契約に限定しています(一戸建てについての情報は、次回)。そして、月額基本料と初期費用の情報を中心にまとめた後、一番良さそうなプランを指摘します。

この記事の情報がお役にたてば幸いです。

主要な回線+プロバイダ込みプランのまとめ

いったん、月額利用料金が安い順にランキングしていきます(必ずしもおすすめ順ではありません)。

金額は全て税抜表示です。2016年9月中旬の情報を調べたものですが、詳細は契約前にご自身で確認をされてくださいね。

エキサイト光

エキサイト光は、伊藤忠商事株式会社の子会社であるエキサイトが提供している「光回線+プロバイダ込みプラン」です。

速度や月額利用料などの基本スペックを確認しましょう。

速度下り最大1Gbps
月額3,360円
工事費用15,000円
事務手数料1,000円
備考契約期間の縛り無し

エキサイト光が他と違うなと感じるのは、インターネット契約では珍しく契約期間の制限や解除手数料が無いことです。

OCN 光

OCN 光は、NTTコミュニケーションズが提供している「光回線+プロバイダ込みプラン」です。基本スペックはこちら。

速度下り最大1Gbps
月額3,600円
工事費用15,000円
事務手数料3,000円
備考2年継続契約

OCN はプロバイダ事業として長い歴史がありますので、知名度・ブランド力・安心感がありますね。

au ひかり

au ひかりは、誰もが知っている au の運営会社 KDDI の「光回線+プロバイダ込みプラン」です。基本スペックは次の通り。

速度下り最大1Gbps
月額3,800円
工事費用30,000円
登録料3,000円
備考期間制限無し

特殊な点としては、他の光回線サービスが基本的にNTT回線であるのに対し、au ひかりの回線はKDDI回線であることです。まあ、利用者から見ればあまり関係ない気もしますが…

プロバイダは一応自分で選ぶことになるようですが、支払額はプロバイダ料込で提示されています。年数の縛りが無いのも特徴です。

So-net 光コラボレーション

So-net 光コラボレーションは、SONY 系列の会社である So-net が提供している「光回線+プロバイダ込みプラン」です。単に So-net 光と呼ぶこともあります。

速度下り最大1Gbps
月額4,100円
工事費用24,000~27,000円
事務手数料なし
備考2年半継続契約

ここまでくると、若干、月額利用料が高く感じられますね。ただ、契約当初は30か月にわたって毎月の支払いを700円割引してくれるそうです。

また、auのスマホ、タブレット、ケータイを持っている人は、割引を受けられることがあります(月額料金が最大1,200円引き)。

NURO 光 (G2V)

最後にもうひとつ So-net が提供している NURO 光について確認します。こちらは残念ながら現在は1都6県限定の提供、かつ5階建て以下の集合住宅向けのプランとなっています。

速度下り最大2Gbps
月額4,743円
工事費用40,000円
事務手数料3,000円
備考2年継続契約

最大の特徴は、速度が通常の光回線よりもさらに早い、下り最大 2Gbpsである点。これなら、月額利用料がお高めなのもうなずけますね。

それで結局、どれがいいの? 私のおすすめ

どれが良いのかは、最終的には契約する方の好みや目的によるのですが、総合的に非常にバランスが取れていて、全ての人おすすめできるのは、やはりエキサイト光だなぁと思います。

エキサイト光がおすすめな理由

理由は、第一に月額料金が安いこと。上の比較でも第1位を獲得しています。

第二に、契約期間の制限や解約時の手数料が無いこと。人生、数年先には何があるかわかりません。急な引越しや経済状態の変化によって解約をしたくなったときや、プランを乗り換えたくなったときに、迷わずに解約できるというのが私的には魅力を感じます。

最後に、工事費用が15,000円とかなり良心的な金額であることも良い点です。

他のプランのおすすめポイント

その他のプランについては、自分の希望に合っていれば選択する、というのが良いのではないかと思います。

OCN光は、プロバイダとしての歴史が長い OCN 提供プランですので、安心感・信頼感や実績を重視したい方は選ぶ価値があります。

au のスマホを持っている人は、au ひかりSo-net 光を検討してみると割引の適用が受けられる可能性が高いです。

最後に、1Gbps じゃとても足りない!という超ヘビーインターネットユーザーな方は、2Gbps の NURO 光 (G2V) を選択すると良いでしょうね。

契約申込みは代理店からすると良い理由

契約の申込みは、公式サイトから申し込むのも良いのですが、代理店がある場合は代理店から行うのがおすすめです。

代理店というのは、公式の会社から頼まれて契約業務だけを代行している会社のことです。ネット接続の会社は、自社だけでは契約業務がおいつかないので、他の会社に協力してもらっているわけですね。

なぜ代理店のほうが良いかというと、代理店は契約をとるのが仕事ですので、色々なキャッシュバックや特典を、プラン提供元の特典にさらに上乗せする形で出している場合が多いからです。

既にお話ししたように、最初は特典に惑わされずにプランを決めて、代理店から申し込むことで最大限のキャッシュバックを受ける、というスタイルなら、一番オトクですよね。

さらに言うと、申込みの際は、電話ではなく Web から申込み、その後もできる限りメールでやり取りを進めていくのが良いと思います。

理由は、相手方と万が一トラブルになったとき、Web 申込み・メールのやり取りであれば証拠が形に残るからです。また、文面が残っていれば、そもそもトラブルになりにくいということもあります。

エキサイト光の契約申込先

エキサイト光は、公式サイトから申し込みます。月額料金が安い反面、特にキャッシュバックはしていないようです。

OCN 光の契約申込先

OCN 光は、代理店の株式会社ラプターから申し込むのが良さそうです。オプションに加入しなくても、キャッシュバックが受けられます。

au ひかりの契約申込先

au ひかりは、代理店のジェイ・コミュニケーションがありますので利用しましょう。こちらもオプション加入無しでのキャッシュバック有。

So-net 光の契約申込先

So-net 光に関しては、株式会社NNコミュニケーションズが代理店をやっています。オプションに加入しなくても、1,000~10,000円のキャッシュバックが受けられそうです。

NURO 光 (G2V) の契約申込先

NURO 光は、ソニーネットワークコミュニケーションズを通して契約することができます。キャッシュバックの額は30,000円!

まとめ

以上、光回線とプロバイダを一緒に契約できるプランを見てきました。

私のおすすめはエキサイト光ですが、その他のプランにもそれぞれの魅力があるようです。

サクッと契約を済ませて、早いとこ光の高速インターネットを楽しみたいですよね!