クロスバイクは、迷ったら買うべき!2万円台でも全然楽しい!

初めてクロスバイクを買ってみました!

私が自転車に乗るようになったのは22歳くらいの頃です。それ以来8年ほど、購入して乗り回していたのはママチャリ一筋

ですが、以前働いていた職場の人にクロスバイク乗りの人がいまして。

「クロスバイクは良いぜ! 軽いし、すごくスピード出るし、通勤もできるから交通費も浮くし。一回くらい、買って乗ってみたら?」

と勧められていました。

ドケチな私は、「まぁ今度買い替えるときで良いかな…」と思い、そのまま数年が経過。

しかしこのたび!引越しをするにあたって、ボロくなったママチャリを処分したため、自転車を買い替えるチャンスが訪れたのです!

んで、思い切って買ってしまいました。クロスバイク。えへ。(//▽//)

そして最近はクロスバイクで街を走っているのですが、これがスゴく楽しい!!

こんな良い乗り物があったんですね~!

というわけで、購入したクロスバイクのご紹介と、クロスバイクに乗ってみた感想です。付属で買ったものの中で、買って失敗したものについてもご紹介しています。

スポンサーリンク

2万円台のクロスバイクを購入しました

今回購入したのは、冒頭にも画像を出していましたが、こちらのクロスバイクです。

TRAILER(トレイラー) 700Cクロスバイク6段変速 adjustable stem BGC-C70という長い名前です。

愛称はトレイラー様にします。

気になる価格は、通常は2万円台前半くらいじゃないでしょうか。私が買ったときはちょっと安くなっていて、1万9,800円で買えました。

この価格帯は、クロスバイクにしてはかなり安いですよね。ひょっとして、ガチのクロスバイク乗りの人からすると、「あんなのはクロスバイクじゃない」っていうレベルかもしれません。

でも私としては、初めてのクロスバイクだし、乗りこなせるかも分からないし、最初から5万円とか10万円とかする本格的なクロスバイクを買う気にはなれませんでした。

それでも、一生に一度はクロスバイクというものを体験してみたいな、、、という気持ちから、購入を決めました。

そうしたら、後述のように速いわ軽いわ簡単だわで、超満足。買って良かったです。

高いクロスバイクなら、もしかするともっと乗り心地が良かったりしたかもしれませんが、そもそも私はライトユーザーですし、この価格帯でも十分に楽しめるなと感じています。

店頭にて購入

私は今回、近所のサイクルショップの店頭にて購入しました。なので、クロスバイクは予め組み立てられ、すぐ乗れる状態での購入です。

Amazon でもこちらのクロスバイクが売られているようですが、レビューを見ていると、組立が少し大変っぽいですね。なので、私のように面倒くさがりの人は、店頭で買うのが良いと思います。

通販で買う場合のメリットがあるとすれば、Amazon だと送料無料になると思うので、遠方にしかサイクルショップが無い、という人には良い選択肢かなと思います。

カゴもつけました

クロスバイクはママチャリと異なり、前カゴが付いていないことがほとんどです。

デザインの面でも、車体を軽くするためにも、カゴは付けないのがデフォルトとなっています。

私も当初はカゴなんて要らないだろうと思い、カゴ無しでトレイラー様を購入しました。

ところが、いざ乗って帰ろうとしたところ、肩にトートバッグを掛けた状態では乗れない…ということに気が付きました。

クロスバイクを乗る際は前傾姿勢になってしまうため、肩にトートをかけていてもすぐにずり落ちてくるんです。

慌ててお店に戻り、カゴを購入して取りつけてもらいました。

以後は、カゴにトートバッグを載せて運転しています。

ちょっとした荷物を持って出かける人は、こんなふうにカゴがあると便利だと思います。

費用は全体で3万円に

今回、クロスバイク等購入費用は、全部で3万円ほどになりました。

車体そのものは19,800円でしたが、防犯登録・車両保険が1,500円、カゴが4,300円ほど、あとワイヤー錠1,000円、夜につけるライト1,800円、雨よけのカバー1,400円を買うと、33,000円ほどですね。

買う前は、全部合わせても2万数千円以内に収まると思い、甘く見ていました。

正直少し高くついたな・・・と感じていますが、それでもクロスバイクを手に入れて乗り回す費用としてはかなり安い範囲に収まっていると思います。

自転車カバーで失敗

雨よけの自転車カバーは安物を買いましたが、これが失敗でした! 

自転車に固定できるタイプじゃなかったのがまずかったです。いざ使ってみると、風が強い日はカバーが吹き飛ばされてしまい、役に立たず。

そもそも、カバーの大きさがカゴつきのクロスバイクより小さく、車体全部は覆えないような状況でした…。

幸い、雨風にあまり晒されないところに置くことができたので、カバーを使わなくても大丈夫そうなのですが、もし雨よけカバーを買うなら、風が吹いてもしっかり固定されるように、紐やゴムがついたものを買うのが良いと思います。

コレ↓とか、かなり良さげですね。

ワイヤー錠でもプチ失敗

あと、ワイヤー錠を買った後で気が付いたことがあります。私が買ったのは次のもので、「カギで施錠・解錠する」タイプのものでした。

でも、実際に使ってみて思ったのは、鍵の管理が面倒くさいということ。私はモノをよく無くすので、無くしてしまったらと思うと気が気じゃないですね・・・ 

次に買うときは、カギが不要なダイヤル式。かつ、番号を忘れてしまうといけないので、番号を自分の覚えやすいものに設定できる、次のようなタイプのワイヤー錠にしたいなと思います。

初めてのクロスバイクの感想

クロスバイクの感想は、一言でいえば「速い!軽い!簡単!」です。

クロスバイク、速い!!

クロスバイクに乗ってみて、やはり一番強く感じたことは、

速い!!!!

ということ。メッチャスピード出ますね!!コレ!!!!

最初のひと漕ぎ、ふた漕ぎはあまりママチャリとの差を感じませんが、3漕ぎめくらいからビュンと速くなる感じがします。

4漕ぎめ以降は大して足に負担をかけることもなく、高速に移動できます。「爽快そうかい 」という言葉がぴったり。

ママチャリだと、フン・フン・フンガーって踏ん張らないと、スピードが維持できませんが、クロスバイクなら軽やかに足を回すだけで、優雅に速度を保てる感じです。素晴らし過ぎる…!

クロスバイクに慣れてしまうと、もう徒歩での移動やママチャリでの移動がバカバカしくなってきます。それくらい速い。

ここ数日は、用もないのにクロスバイクで出かけて、10キロメートルほどをドライブしてしまいました(≧▽≦)

ただ、あまりにスピードが出るので、歩行者や車両にぶつかったり、危険に思われたりしないように、十分注意して走る必要がありますね。

クロスバイク、軽い!!

噂には聞いていましたが、クロスバイクってママチャリに比べてすごく軽いですね!

頑張れば片手でも持ち上げられる重さです(男性の場合)。

ママチャリに比べて、軽い素材を使ったり、不要なモノ(泥除けや台座など)をつけなかったりしているからでしょう。

勾配のキツい登り坂では自転車から降り、押して歩くこともありますが、クロスバイクだと車体が軽いので、押し歩きをしても大変な感じが無い。

これだけ軽いからこそ、スピードも上がりやすいわけですね。

クロスバイクって私はなんとなく男性が乗るイメージがあるんですが、これだけ軽いのであれば、むしろ女性にオススメなんじゃないかと思います。

たとえば、スタンド付きの自転車置き場で、女性がママチャリを停めるのにちょっと大変そうにしているシーンを見かけることがあります。でもその自転車がクロスバイクだったなら、もっとラクに停められるんじゃないかなと。

クロスバイク、簡単!!

私って運動神経は悪いし、機械っぽいものを操作するもあまり得意ではないです。

象徴的な出来事は、18歳くらいの頃にマニュアル車の免許を取ろうとしたときのこと。

周りの人が自動車学校を速攻で卒業していく中、私は卒業試験に2回も落ちるという偉業を達成しました。

「誰も落ちないのに何で落ちるの?」とか言われました。要は運動神経・反射神経や機械モノを操作する能力が劣っているっていうことだと思うんですよね。

(そもそも自転車だって20代前半まで乗れなかったですからね、、、)

そんなこともあったため、これまで、クロスバイクに変速ギアが付いているという事実に、私は非常にビビっていました。

ママチャリダーからしたら、ギアとか意味不明です。最近は自動車だってオートマが一般的なのに、なぜ自転車ごときでギアが要るのかと。。。何より、自転車に乗りながらギア切り替えなんて、できるか不安だよ!

そんな感じでした。かなりのビビりですね。

でも、実際乗ってみたらなんのことは無かったです。自転車に乗って走っているときに、右手を置いている柄の部分を、軽くひねって回すだけの単純な操作でギアチェンジできました。

ギア設定の目安ですが、6段変速の場合、ちょっとした登り坂のときは1~2あたりにして、通常は3~4くらいで走って、平坦で見通しの良い直線道路とかでスピード出したいときは5~6くらいにする、っていう感じでしょうか。

案ずるより産むがやすし。というか、ギアチェンジに抵抗があるなら、ずっとギア3か4にしておいても、特に問題無く走れそうです。ギアなんか別に気にするほどのことじゃなかった、と今となっては思います。

坂が多いのでどうなのか?

私は現在、沖縄県浦添市という街に住んでいます。

ここは、以前住んでいた福岡市や京都市に比べると坂がかなり多いです。あっちもこっちも丘みたいになっています。

そのため、坂が多い中で自転車に乗るのは大変じゃないのか?と思い、購入自体、やめておいたほうが良いのではないかとずっと思っていました。

でも、クロスバイクだと、ゆるい坂なら全然楽に走れます。車体が軽いので、それほど踏ん張らなくてもまあまあ走れますし、ギアを1に入れれば、速度は落ちますがペダルはサクサク踏めます。

きつい坂の場合は、さすがに降りて押しますが、やはり車体が軽いため、疲れません。

それに、上り坂が終わって下りになれば、当たり前ですが超楽に、スピーディに移動できます。

なので、坂が多いとはいっても、クロスバイクがあればかなり便利です。

ちょっとした移動で車を出すのは、ガソリンを使ってしまうので不経済ですし、環境にも良く無いですしね。チャリンコなら、排気ガスも出ないし健康にも良い!

ってことで、坂が多くてもクロスバイクを持つのは全然良い選択肢だなと、購入後の今は思っています。

おわりに

以上、私の初クロスバイク体験を書いてみました。

はじめてのクロスバイク購入を迷っている人は、ちょうど私がそうしたように「少しお金はかかるけど、一生に一度くらいはクロスバイクに乗って、体験してみても良いよな~」って考えると、購入に踏み切れると思います。

そして実際に乗ってみると、一生に一度といわず、今後も乗りたいなって思えるはず(私がそう)。クロスバイクって、それくらい良い乗り物です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク