ITパスポート学習7日目。第2章「経営戦略」を読んでみたよ!

ITパスポート試験対策の7日目です。使用している教材はこちら。

今日はストラテジ系の2つ目「第2章 経営戦略」を読みました。前の章に引き続き、この章の内容もIT業界限定の話題というわけでなく、企業経営一般に成り立つものでした。(もちろん、若干IT業界よりにはなっていますが)

第2章の内容を簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

「経営戦略マネジメント」

2-1「経営戦略マネジメント」では、経営戦略の立て方、マーケティング手法、経営管理に関する内容を学習しました。

さて、本章の内容によると、経営戦略にはいくつもの種類があり、代表的な経営戦略には次のようなものだそうです。

  • 競争地位別戦略
  • ブランド戦略
  • プッシュ戦略
  • プル戦略
  • ニッチ戦略
  • イノベーション戦略
  • ブルーオーシャン戦略

(本書は非常に多くの項目について、上記のような図表で情報が整理されていますので、分かりやすくてとても良いなと思っています。)

それぞれの詳細は本書を読んでいただくとして、、、

想像してみてほしいのですが、たとえば駅などにあるお土産屋さんにいくと、よく試食販売とかやっていますね。あれはお客さんになってくれるかもしれない人に対して「実際に食べれます」というメリットを提供して売り込むという経営戦略のひとつであると言えます。

では、このように「メリットがある」ということを提示するタイプの戦略は、上記の分類でいくとどれにあたるか?正解はプッシュ戦略ですが、ITパスポートの経営戦略分野の出題例としてこのようなものがあるようです。

「技術戦略マネジメント」

2-2「技術戦略マネジメント」はわずか2ページでした。

内容としてはこんな感じ。企業が生き残っていくためには、市場の未来を見据え、これからどのような技術を開発・改良していくのかを見極めて、その領域に投資をしていくのが肝要です。そのような投資を技術開発戦略といいます。

「ビジネスインダストリ」

2-3「ビジネスインダストリ」の内容は、情報システムを活用したビジネスにはどんなものがあるのか、という話題でした。

POSレジのシステム、ICカード、電子マネー、GPS、ETCなど、かなり身近なところにITがありますね、という紹介がされています。そんなことは知っとるわ~というような簡単な内容です。

おわりに

この章の内容は、前半は私にとって初見の用語や概念も多く、またマーケティングの手法など個人的に興味のある内容でかなり楽しめました。所要時間としては、前半から後半までのんびり読んで、1時間ほどでした。

マネジメント系は次の章が最後です。ここまで特に問題もありませんので、引き続き学習を進めていこうと思います。