フリーターや高卒もOK!就職支援サービス「ジェイック」を利用するメリットまとめ【厚労省認定企業】

就職支援サービス「ジェイック」を利用するメリットまとめ

30代なかばにしてようやく大手企業の子会社で正社員として勤めることができているKiryuです。

この記事では、私がおすすめしている就職支援サービスジェイックについての情報をまとめています。

具体的には、次のポイントについてお伝えします。

  • ジェイックとは何なのか
  • ジェイックを利用するとどんなメリットがあるのか
  • ジェイックは優良企業か?それとも怪しい企業か?

私自身は「もし20代のもっと早くにジェイックに出会えていたら、こんなに苦労することもなかった」と思っています。

それくらい良いサービスです。あなたにもぜひ使ってほしいと思っているので、紹介します。

就職・転職のことで思い悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ジェイックとは?

ジェイックは、正社員としての就職に不利な経歴を持っている「就職弱者」に向けて作られた無料の就職支援サービスです。

具体的には、こんな人の就職を支援しています。

  • ずっとフリーターをやってきた人
  • 契約社員や派遣社員の就業経験しかない人(いわゆる非正規の人)
  • 最終学歴が高卒の人や大学中退の人
  • 大学を卒業したけどうまく就職できなかった人(いわゆる既卒者)
  • 新卒で入った会社をすぐに辞めてしまった人
  • 正社員経験が3年未満の人
  • 未経験の業界に飛び込みたい人

普通なら、上記のような人は正社員求人に応募しても書類で落とされてしまうのがオチですよね。(私も何度もそういう経験があるので分かります…。)

ですが、ジェイックはまさにそういう人たちを対象に、とても積極的な就職支援を行っているんです。

なぜ「就職弱者」向けの就職支援サービスが成立するの?

でも、不思議ですよね。どうして、ジェイックは他の一般的な就職支援サービスからは「お断り」されかねない就職弱者を受け入れているのでしょうか。

そこにはこんな事情があります。まず、就職・転職市場の求人は2つの種類に分けられます。

  1. 「高学歴で専門知識がある」「正社員経験が3年以上」などの即戦力となる人材を求めている企業の求人
  2. 人材は自社で育てるので、「未経験」「学歴・職歴なし」でも全然構わないと考えている企業の求人

就職・転職市場では、1の求人が多数派です。そのため、多くの就職支援サービスでは、1の求人を中心に取り扱っています。

このタイプの求人はいわば「就職強者」のためのものです。だから、就職弱者のあなたが一般的な就職支援サービスに登録しても、なかなかスムーズには仕事が見つかりません。

一方で、近年の日本は人手不足が深刻化していますよね。そのため、2のタイプの求人が急速に増加しています。

そこで、ジェイックは2のタイプの求人だけを取り扱うことにしたのです。

それにより「意欲があるにも関わらず就職弱者になってしまっている人」と「意欲のある人材なら積極的に採用したいという企業」とが、うまくマッチングします。

だから、もしあなたが働く意欲をもってジェイックに登録すれば、正社員として就職できる可能性を一気に高めることができます。

INFO

ちなみに、ジェイック利用者でフリーター・未経験・既卒からの就職成功率は、80%を超えています。詳細はこちら。

ジェイックを利用するメリットは?

ジェイックには、ほかの就職支援サービスにはないメリットが色々とあります。

【メリット1】全て正社員求人

まず、ジェイックで扱っている求人はすべて正社員求人です。

他の就職支援サービスを利用した人はきっと分かると思いますが、担当者に「正社員希望です」とを伝えていても、契約社員や派遣社員の求人を勧めてくることがよくあります。

なぜそうなってしまうのかというと、一般的な就職支援サービスだと、どうしても正社員求人は「良い経歴の利用者」にとられてしまいやすいんですね。

そのため「残り物」として非正規採用の求人が回ってきやすいという側面があります。

ですが、むしろ就職弱者だからこそ安定していて待遇も良い「正社員」という立場を手に入れたいのが本音ですよね。

そんな私たちの願いをかなえてくれるのがジェイックです。

あなたの経歴がどうであろうと、応募可能な正社員求人をジェイックは紹介してくれます。

最短距離で正社員としての採用内定を目指せるのが、ジェイックなんです。

【メリット2】ブラック企業を徹底的に除外

ジェイックは、ブラック企業を徹底的に除外する取り組みを行っています。

なぜそれがメリットだと言えるのでしょうか。

私の個人的な経験を言うと、最初に就職した会社はハローワークで見つけた求人だったのですが、見事にブラック企業でした。

そのため、半年で辞めてしまいました。

ブラック企業って、短期間で辞めてしまえば経歴に傷がつきますし、かといって勤め続ければ精神的にも肉体的にも搾取・酷使されます。

どっちにしても、長い目で見てコスパ悪過ぎです。

なので可能な限りブラック企業への入社は避けるべきなのですが、ジェイックならその点を心配しないで済みます。

というのも、ジェイックは独自の審査基準を持っていて、何度も企業に足を運ぶことで「ブラック企業でないかどうか」を審査しているんです。

もし審査の結果ブラックであると判断されれば、当然ながら紹介する求人からは除外されます。

つまり、ジェイックを使えば初めからブラック企業に関わらないで済むということなんです。

利用者としては就職活動を効率良く進めることができますし、就職したあと長く働くという観点からもとても優れたシステムになっています。

INFO

ちなみに、ジェイックでは外食産業・投資用不動産といった離職率が高い業種(要するにブラックになりがちな業界)の求人は「一切紹介しない」と宣言しています。

詳細はこちら。

【メリット3】人物重視の企業と面接できる(書類選考無し)

ジェイックで紹介される求人は、人物重視の企業のものばかりです。実際、書類選考すらありません。

先にお伝えしたように、ジェイックが取り扱っているのは「人材は自社で育てる」という気概を持った企業の求人です。

社内で育成するのであれば、それまでの学歴・職歴は企業からすればどちらでも良いポイントになります。

むしろ重視されるのは、人柄や雰囲気・意気込みといったパーソナリティの側面になるわけです。

これまで、やる気では誰にも負けないのに書類選考で落とされてばかりだった…という苦い経験を持っている人も多いと思います。

私も経験があるので、その気持ちがとてもよく分かります。せっかく書類を送ったのに「お祈り」の通知ばかりが届いて、本当に悔しいですよね。

ジェイックであれば、あの悔しさ・悲しさを味わうことなく、面接に進めます。採用担当者の前で、しっかりと自分をアピールできるんです。

人物重視の企業とたくさん巡り合いましょう。その中には、きっとあなたを高く評価し、採用してくれる企業があるはずです。

ジェイックは怪しくないの?

ところで、就職支援サービスはとてもたくさんありますが、中には怪しげな会社がやっているものもあります。

なので、「ジェイックも実際には怪しい会社なんじゃないか…」「変な企業に就職させられたらどうしよう…」と心配してしまう人もいると思います。

でも、安心して大丈夫です。ジェイックは、国から「職業紹介優良事業者」として認定されています。

どういうことか説明します。実は、厚生労働省が「優良な就職支援会社」を認定する制度を実施しています。

職業紹介優良事業者認定制度は、「職業紹介優良事業者行動指針」を遵守し、適正な業務運営と経営改善努力を行ない、一定の基準を満たした事業者を優良認定する国の委託事業です。

就職支援会社は全国に約18,000社ありますが、厚労省から「優良」と認定されているのは、わずか39社(2021年6月末現在)。

そして、ジェイックはそのうちの1社です。

ジェイックは、厚生省の審査を受けて「この就職支援会社は適正に運営されている」と認定されるくらい、優良な会社なんですね。

さらに言うなら、「就職弱者向け」の就職支援サービスはジェイック以外にもいくつか有名どころがあるのですが、その中で優良事業者の認定を得ているのはジェイックのみです。

ここまでくると、もはや就職弱者であるあなたや私がジェイックを利用しない理由は皆無だと私は思います。ぜひ第一候補に入れておきましょう。

以上のことから、ジェイックは怪しい会社ではなく、国からのお墨付きを得た信頼できる会社であることがお分かりいただけたかと思います。

おわりに:ジェイックを利用して正社員になろう

今回は就職弱者向けの就職支援サービス「ジェイック」を利用するメリットについてお伝えしてきました。

内容をざっと復習すると、ジェイックを利用するメリットは次の3点でした。

メリット1
全て正社員求人
メリット2
ブラック企業を徹底的に除外
メリット3
人物重視の企業と面接できる(書類選考無し)

また「ジェイックは怪しくないの?」という問いに対しては、「ジェイックは厚生労働省から「職業紹介優良事業者」として認定を受けている信頼性の高い会社であるとお答えしました。

最後に少しだけ自分語りをします。私は30歳が目の前に差し掛かったころ、一度も定職についたことがないという最悪の状況でした。

焦った私は、先にも触れた通りひとまずハローワークを利用して就職活動を行い、見事にブラック企業に飛び込んでしまいました。最悪です。

実際ブラック企業はすぐに内定を出しますので、あなたや私のような「就職弱者」はひっかかってしまいやすいんです。

そういうリスクを完全に避けた上で、正社員になるための就職活動ができるのがジェイックの良いところ。

今では私も正社員としてとある企業に勤めていますが、やはり安定した給料が入ってきて自立した生活ができるのは良いものです。

賃貸物件の部屋を借りたり、クレジットカードを作ったりすることも、正社員であれば何の問題もなくできます。

今まで「あいつは大丈夫なのか」という目で自分のことを見ていた親や親戚・友達にも、「ちゃんと働いているよ!」と胸を張れます。

あなたもジェイックを利用して少しだけ努力してみてください。きっと正社員としての地位と仕事を手に入れることができますよ。

もっとジェイックのことを知りたくなった人は、次の記事もどうぞ。

登録前に知っておきたい!就職弱者向け支援サービス「ジェイック」の利用の流れ・説明会開催エリア・実績まとめ
厚生労働省が優良と認めた職業紹介企業「ジェイック」。前回のメリットまとめ記事で紹介しきれなかった情報を追加でお伝えしていきます。
この記事を書いた人
Kiryu

福岡市在住。取得済みの資格は宅地建物取引士管理業務主任者日商簿記2級TOEIC890点Excel VBA Expertなど。Windows使用歴約20年。職歴なしアラサーを脱し、5社での正社員勤務(不動産会社・IT企業等)と副業(翻訳)を経て、2020年よりフリーランスとして独立。[プロフィール詳細]

Kiryuをフォローする
職歴なしの20代・30代におすすめの就職支援サービス4選

職歴なしの20代・30代におすすめできる就職支援サービス(無料)を厳選して紹介しています。

最初の一歩を踏み出すきっかけになるはずです。チャンスは最大限活用して、今日から少しずつ未来を変えていきましょう。

スポンサーリンク
職歴なしアラサーの就職
キリュログ