宅建の勉強を1月から始める人は「勝ち組」になれる。理由3つ!

こんな悩みや疑問に答えます!

1月から始める人は「勝ち組」

宅建士の勉強を1月から始めるのって、さすがに早すぎるよね?

1月から始める人は「勝ち組」

1月に試験対策を始めるメリットって、何かあるの?

1月から始める人は「勝ち組」

1月から勉強をスタートしても良いけど、何か理由が欲しいな~

宅建の勉強を1月から始めるなんて早すぎる!という人もいますが、私はそうは思いません。早く始められるなら、そうしたほうが絶対に「勝ち組」になれます(^^)

この記事では、私がそのように考える理由をお伝えします。読み進めていくと、あなたは次のメリットを得られます。

  • 1月から始めると、学習計画上有利であると分かる
  • 1月から始めると、教材はお得に使えることが分かる
  • 1月から始めると、「挫折」にも対応できると分かる

「早起きは3文の得」と同じようなものです。早期に始めたほうが、そりゃメリットはありますよ!具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

学習計画が立てやすい

1月から勉強する人は、時間の余裕がありますよね。

宅建試験は毎年10月半ばに実施されます。1月の半ばから勉強を始めたとしても、9か月たっぷりあります。1ヶ月を30日とすると、270日です。

宅建試験に合格するのに必要な学習時間は300時間と言われています。300時間を270日で割ると…1.1時間。毎日1時間ちょっとの学習で、十分な学習時間を確保できます。

働きながら勉強する人や、理系の学部にに通っている人など、平日1時間を確保するのもかなり大変…という人もいるでしょう。日曜日は趣味の時間にしたいという人もいるかもしれません。1月から始めるなら、フレキシブルに計画することも可能です。

計算上、「1週あたり8時間」勉強すれば300時間になるので、それをクリアできる範囲で調整します。

たとえば、平日の月~金は30分ずつ勉強して、土曜日は集中して5.5時間勉強して、日曜日はお休み。これで1週あたり8時間達成です。この計画ならどんな人でもできると思います。

自分の仕事・学校やプライベートに合わせて計画を立てやすい。これが1月から勉強を始める一番大きなメリットです。

教材を長く使える

宅建試験の通信講座って、実は「期限」があるって知っていますか?

通信講座には、「質問サポート対応」や「専用アプリでの講義視聴・問題演習」といった機能がついています。これらは、試験の前日や当日までしか使えないことがほとんどです。長くても12月末で終了となります。

その一方、同一の講座であれば受講料は年間を通じてそんなに変わりません。(むしろ1月のように申込者が少ないときのほうが「先行販売」のような形で安かったりします。)

使える期間が短くなっても支払う金額が変わらないのなら、さっさと通信講座を購入して勉強を開始してしまったほうが得ですよね。

独学で使うテキストや問題集なども同じことが言えます。「テキスト・問題集は手元に残るから、万が一落ちても翌年使える」と思うかもしれません。

でも、基本的には翌年度の学習に前年のバージョンは使えないと思ったほうが良いでしょう。毎年の法改正の影響で、内容が古くなってしまうからです。

まとめると、1月に学習を始めれば、購入した教材は9か月間もの間使えます。これに対して、仮に5月に学習を始めた場合、半年足らずの5か月間しか使えません。1月に学習開始してしまったほうが、よほど得です。

途中で挫折しても復活できる

勝ち組になれる理由の3つ目は、次の動画を見てほしいです。フォーサイトという資格対策講座を利用した女性の合格体験談です。(※時間が無い人は3:00~くらいからどうぞ)

松本加容様 【合格者の声】 平成28年度 宅地建物取引士試験

こちらの女性は1年計画で受験対策をスタートしました。途中、民法があまりにも難しいと感じて、勉強を続けることを一度やめてしまっています。そして、再び意欲が湧いた2ヶ月後に、学習を再開しているんです。

宅建士の学習は意外と大変です。こちらの女性のように、一度始めても「もう、わけ分からない!」と感じて挫折してしまう人が少なからずいます。

そういう人でも、数か月時間を置くと再びやる気が湧いてくるのです。が、そこからが問題です。試験開始まであとどのくらいの時間があるのか?という話になってきます。

1月から学習を開始していれば、たとえば2月頃に勉強がイヤになって、3月と4月は学習をお休みしてしまっても、まだ間に合います。5月から5か月間、走りぬけば良いわけですから。

これに対して、学習を始める時期が遅いと、同一年にやり直すのは難しいです。簡単に想像できますよね。

1月に学習を始めれば、ドラマチックな復活・挽回劇だって可能です!

この記事のまとめ

以上、「宅建試験の勉強を1月から始めると勝ち組になれる理由」を見てきました。ポイントをまとめておきます。

  • 1月から始めれば、自分の仕事・学校やプライベートに合わせて柔軟に計画を立てられる
  • 1月から始めれば、教材を長く使える分、得である
  • 1月から始めれば、途中で挫折して2ヶ月くらいサボっても、復活できる

どれも、4月・5月に学習を始めると得られないメリットばかりです。

だから、1月に勉強を始めようとしているあなたは、実はかなり目の付け所が良いんです(^^)

その調子で行きましょう。通信講座・独学のどちらかにするのなら、当ブログの記事もしっかり読んで、役立てていただければと思います。色々な記事を用意していますので、ぜひどうぞ。

【通信で宅建士】宅建の通信講座を比較&徹底レビューした6記事!
【宅建士合格ブログ】宅建士一発合格者の管理人が、身銭を切って通信講座を購入・受講してみました!フォーサイト・スタディング・オンスク.JP・資格スクエアの4つを徹底比較。おすすめ情報をチェック!
【独学で宅建士】宅建試験の独学ノウハウ・教材レビュー特集!
【宅建士独学ブログ】宅建試験・管理業務主任者試験に独学一発合格した経験に基づき、独学合格に必要な知識・教材レビューをシェアします。あなたの学習パフォーマンスをグン!と向上させる情報満載!

コメント