J:COM インターネットを自力で無線化(wifi化)する方法を図解!ルーターを有料レンタルするよりずっとお得です。

PCと女性

最近は、有料または無料でJ:COM のインターネットができる賃貸マンションが増えています。私の住まいでも利用させてもらっています。

でも、J:COM のインターネットは有線形式が基本なので、ケーブルの管理が少し煩わしいですよね。それに、複数の PC でインターネットに接続することもできません。

J:COM のルーターを有償で借りれば無線化することもできますが、月額500円のレンタル料が必要です。これはちょっともったいない。

そこで、我が家ではできるだけ安く無線 (wifi) 化&マルチ接続化する方法を実践してみました。ご紹介します。

2017/01/21追記:本記事は、「J:COM 無料インターネット」を wifi 化した経験をもとにして書いたものです。当時は無料インターネットを利用していたのですが、最近有料インターネットに切り替え、そのまま移行できました。なので、本記事の内容は有料インターネットでも有効な内容となっています。

スポンサーリンク

手順をざっくり説明

これから何をするのかをざっくりと説明します。J:COM の無料インターネットを利用している人の環境を模式図にすると、下の図のようになります。

模式図

説明すると、まず壁にあるケーブルテレビ端子とモデムがつながっていると思います。モデムっていうのはこれです。

JCOMモデム

J:COM のシールが貼ってあるのですぐ分かります。そのモデムからさらにもう1本のケーブルが伸びて、PC に接続されているはずです。上の図はそういう様子を表しています。

この環境を次のように変更します。

ルーター導入

つまり、PCの部分をルーターというものに置き換えるのです。ルーターは無線 LAN ルーターという種類のものを使います(おすすめのルーターは後述)。

無線 LAN ルーターは、その名の通り無線で通信するための機器です。なので、設定をきちんとすれば無線でPCと繋がってくれます。無線接続を緑色の稲妻マークで表すと、次のようになります。

無線つながる

こうして、無線LAN環境が実現できるのです。

さらに、ルーターは複数台の PC と無線通信できますので、次の図のような無線ネットワークもできてしまいます。

複数台も可能

こうして、無線化とマルチ接続を同時に達成します。

(ところで、モデムとルーターは、見た目がよく似ていますが、機能は結構違います。間違えないようにしましょう。どう違うのかは、話が長くなるので省略。今は2つのモノがあるということだけ認識しておけば大丈夫です。)

以下で、PCをルーターに置き換えるやり方を詳しく書いていきます。(Windows 7 で実施していますが、他の Windows でも応用はできると思います。)

必要なもの

買う必要があるものはルーターだけです。特にこだわりが無ければ、次のものをおすすめしておきます。

おすすめの理由は安さです。その時々で値段は代わりますが、安い時でおよそ2,500円なので、J:COM の月額500円のルーター貸与に比べると、5ヶ月で元がとれます。

下記では、このコレガのルーターを例に解説していきます。

とはいえ、無線LANルータと名前がつくものなら、ある程度の大きさがあればどれでも大丈夫です。小型のモバイルタイプのものは、ケーブルを挿せないことがありますので注意してください。

楽天で無線ルータを探してみたい人はこちらからどうぞ。

↓これとか、良さそうですね。

やり方

これから、無線LAN化を説明していきますが、ルーターによって多少やり方に違いがあるかもしれません。取扱説明書もご覧になってくださいね。

モデムの電源を切って15分放置する

はじめに、モデムの電源プラグを抜いて、15分ほど置いておく必要があります。

電源を切って放置

これは、モデムが持っている余計な情報を消去するためです。やらなくてもうまく行くかもしれませんが、一応やっておきましょう。

モデムとルーターをケーブルでつなぐ

モデムと PC をつないでいるケーブルを見てください。PC側の先端をつまんで、ケーブルを抜き取りましょう。

ケーブルを抜いて放置

抜いたケーブルの先を、ルーターの「WAN」って書いてある穴に入れます。

ルーターに接続

ルーターのWAN

赤い矢印の先にある WAN というところに、ケーブルを入れるのです。

WANにLANケーブルを入れる

ケーブル先端のツメがカチッと鳴るまで入れてくださいね。

モデムとルーターの電源を入れる

先にモデムの電源を入れます。J:COM のモデムであれば、モデムをコンセントにつなぐだけで OK。

次に、ルーターの電源を入れます。こちらも上で紹介したコレガのルーターであれば、ルーターとコンセントをつなげば電源が入ります。

ネットワーク名とセキュリティキーをメモする

ルーターに貼ってあるシールを見てください。「ネットワーク名」と「セキュリティキー」をメモっておきましょう。次の手順で使います。

ネットワーク名とセキュリティ名

こういうシールです。ネットワーク名もセキュリティキーも半角英数字の羅列です。このルーターの名前みたいなものだと思ってください。

PC側で無線の設定をする

ここからは PC 側の設定をしていくことになります。PCを起動したら、画面右下の無線 LAN のマークをクリックしてください。

無線LANマーク

このマークですね。(これが無かったり、赤い×が出ている場合は、ちょっと厄介です。周りの詳しい人に助けを求めてください。ここでは、この状態になっているものとして話を進めます。)

マークをクリックすると、周りに無線ネットワークがいっぱいあるよ~っていう表示が出てくると思います。
ワイヤレスネットワーク接続

こういうやつです。無線ネットワークは目に見えないので分からないのですが、そこらじゅうを飛び交っているんですね。それをPCがキャッチしているということです。先の手順でメモしたネットワーク名を探して、クリックしましょう。

そうすると、セキュリティキーの入力を求める画面が出てきます。

セキュリティキー入力

こういう画面。先の手順でメモしたセキュリティキーを間違えないように入力してください。入力が済んだら、OKを押してしばらく待ちましょう。

Windows 7の場合、ホームネットワークか、会社のネットワークか、とかを選ぶ画面になると思いますが、自宅であればホームネットワークで大丈夫です。これでインターネットにつながるはず!

接続完了

無線マークをクリックして、「インターネットアクセス」という表示になっていれば、ネット接続が完了しています。

終わりに

うまく行きましたか? お疲れ様でした。

他の PC がある場合は、「PC 側で無線の設定をする」を他の PC でも実施してもらえば大丈夫です。

(手持ちのスマホをネットワークに繋げたいという人もいるかもしません。希望があれば、また記事を改めてご説明しますね。)

それでは、快適なネットライフをお楽しみください!