米国出身タレントが「日本人と愛国心」について何を語るか?ケント・ギルバート氏の新刊『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』を読んでみたら目が覚めた!

書店内を散策していたら目に入ってきたこちらの本。

テレビでも見たことのあるアメリカ出身の弁護士でありタレント、ケント・ギルバート氏が表紙にいる。タイトルは『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』という少し刺激的なもの。

私はこの人のことはあまり知らないのだが、基本的にはアメリカ人だろう。アメリカ人が日本人の愛国心について何かを語るというのが面白い。本書のタイトルとコンセプトに惹かれて購入。

本書を読んで、この人はそこらの日本人(というか私)よりずっと日本のことを理解していると感じる部分が多くあった。私自身は愛国心とか国家云々はあまり深く考えないタイプなのだが、この本を読んで結構目覚めさせられた部分もあった。以下、特に印象に残った点を記していく。

スポンサーリンク

GHQによる「日本人精神改造」があった

本書の最初から最後まで出てくる話題が「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)」だ。直訳すると「戦争有罪情報プログラム」かな?

これが何かというと:第二次世界大戦後、日本は敗戦国となった。日本と戦い勝利した連合国は、日本を物理的・政治的に武装解除するにとどまらず、精神的な武装解除も図った。具体的には報道規制と検閲を行い、戦時の日本の行為を正当化する言説は一切を禁止した。そして日本軍は国外の各地でこんな酷いことをした、こんな残虐なことをしたという報道を行い、当時の日本人に戦争に対する罪悪感・嫌悪感を徹底的に植えつけようとした、というもの。

GHQの周到な情報統制は効を奏し、これが戦後日本の愛国心への拒否反応・抵抗感の根っこになった、とギルバート氏は考えている。成程、そんな組織的な洗脳作業があったとは私は知らなかった。でも終戦後の連合国が即座にしそうなことだし、事実そうしたのだろう。

このWGIPというのは非常に大がかりな洗脳・マインドコントロールだ。日本に対するこれほど重大な戦後政策を今まで知らずに生きてきたと気づいて、ちょっと恥ずかしい。良し悪しは別にして、学校の歴史の授業でちゃんと教えてほしかったと思う。(なんでこの事実を「コントロールした側」のアメリカ人に教わらなきゃならんのだ・・・!)

私たちは「愛国心」を語るべきか?

ギルバート氏は、日本人が国や郷里に対する深い愛を抱いていながら、「愛国心」という言葉に抵抗を示すことに違和感を持っている。そして、そのような態度は外国人から見ると、祖国を愛したり尊敬したりできない異常な状態に見えてしまうという。これが原因で外国人が日本人のことを誤解してしまうから、日本人は愛国心をもっとはっきりと表明するべきだと呼びかけている。

確かに、私もそうだ。「国を愛していますか?」と聞かれたら「う~ん」となってしまう(つまり、日本は素晴らしい国だと思っているにも関わらず「ハイ愛しています」と即答できない)。それは、「愛国心」という言葉と、右翼や国粋主義・軍国主義がこの日本社会で結びつき過ぎてしまっているから。「私は愛国者です!」と発言して、あの人右寄りだね、ネトウヨだねと評価されてしまってはたまらないからね。

それに加えて、日本では必ずしも「愛情」をダイレクトに表現しないという文化も少し影響していそうだと思う。奥さんのことが好きでしょうがなくても、「私は妻を心から愛しています!」と公の場で発言する日本男性はあまりいないだろう。愛は個人的な感情で、あまり外に出すものでは無いという意識がある。日本という国に対する愛着は相当に深くても、それを「愛」「愛国」という言葉で表現するのははばかられるな、という感じがする。

でも、ギルバート氏によればそういう態度が外国人から見て分かりにくく、誤解の種になるのだということ。だから彼は日本人がもっと素直に愛国心を表明するようになれば良いと言っていて、まぁそれもそうだねと思う。でも、現状では多くの日本人がこういう態度を変えるのは難しいだろう。

差し当たってできることは、「日本は好きですか・国を愛していますか・愛国者ですか」と外国の人から聞かれたときに限り、私たちが分かりにくい態度をとることをやめ、「ハイ」ときっぱり答えることだろう。つまり、対日本人では愛国表明は今まで通り特にしない(だいたい、多くの日本人は日本のことが好きだという共通理解があるので、敢えて積極的に表明する必要もない)。だが、外国人に対してはする。私は愛国者であると断言してあげる。そうすることで、私たちが私たちの国を誇りに思っていることをうまく伝えることができ、誤解を回避できる。

このやり方はダブルスタンダードで面倒くさいし、ギルバート氏も不満かもしれないが、実際に採りやすい方法ではあると思う。異文化コミュニケーションのちょっとした技術(?)として、頭に置いておきたい。

『万葉集』や「十七条憲法」「五箇条の御誓文」に対する意義付け

ギルバート氏は古代日本・中世日本に対しても造詣が深いらしいことが本書の随所で分かる。本当に私などよりずっとよく日本史・日本文化を知っていると驚かされる。そのひとつが『万葉集』に対する彼の見方である。

本書で『万葉集』は身分や階級に関する話題の中で持ち出されている。いわく、万葉集には貴族が読んだ歌ばかりでなく、防人のような地方庶民が歌った歌も収録されている・・・ここまでは誰もが学校で習うところである。

ギルバート氏の見方はここからだ。古来の日本人は和歌などの芸術文化の前では、身分や階級の区別を重視しなかったのではないか。つまり、その歌を作ったのが貴族か侍か地方の農民かというのは全く周辺的なことであるとみなされており、ただその歌が優れているかどうかが問題だった。日本人が芸術文化に対してそのような態度を持っていたからこそ、万葉集にはあのような多様な階級の人々の歌が盛り込まれているのだ、と。

言われてみればそうだ。一般的に、古代日本で歌を作って楽しんでいたのは貴族階級だと思われている。その他、当時の文化として伝わっているのも貴族階級が作り出したものが多いので、あまり意識する機会が無いが、『万葉集』は確かに名も無い人々の歌も収録している。これは当時万葉集の編纂に関わった人達が「貴族は神!庶民はゴミ。」とは全く考えていなかったことを示すものだ。

こんなふうに「芸術と社会階層に対する当時の人々の認識」という観点で万葉集のことを考えたことは無かった。この見方は「和歌の前の平等」というふうに言うらしいが、このような視点もあるのだと知れたのが良かった。

他にもギルバート氏は「十七条憲法」や「五箇条の御誓文」を取り上げ、そこに深い理念と道徳、民主主義的思想が込められていることを語っている。いや、私にとってはそれらは本当にただの「日本史の暗記項目」でしか無かったんだけど、本書に記されているギルバート氏の解説で、それらが有している精神性・哲学が当時としてどれほど先進的なものだったか(というか今でも十分通用する内容だ、と)良く理解できた。

こういう日本の素晴らしい歴史的遺産を、学校の暗記項目に終わらせておくのは本当にもったいないと思う。学校は何を教えているのか? 私は日本の学校の教育がもともと嫌いなのだが、ますます評価が低くなってしまいそうだ。

おわりに

ギルバート氏の本書での主張は簡単に言うと次のような感じだ。「日本人よ、天皇を中心として一貫して発展してきたあなたの国は本当に素晴らしいよ!だから自信を持とう!アメリカの洗脳からも脱して、もう一度威厳ある国家像を取り戻すべきだ!(でないと中国や韓国にしてやられるよ!)」。

私自身はおそらく思想的には割と左寄り・リベラル寄りだ(といっても中国や韓国の国家としての振る舞いは全く好ましく思わないし、国家体制は共産主義より資本主義をベースにしたほうが良いと考えているが)。だから彼の物言いは古き良き日本の美しい部分に焦点を当てすぎていると思うし、同意できないところもある。それでも本書に書かれていることの大部分が私にとってハッとさせられることだった。なので左巻き巻きな人にもオススメ、素直に読んだら良いと思う。

本書を読んでいると、日本のことを誉めすぎじゃない?持ち上げすぎじゃない?と感じる部分が多くあるが、ギルバート氏は多少持ち上げすぎてでも日本人に自信と誇りを取り返してもらいたいと考えているんだろう。外国人をしてここまで世話を焼かせるほどに、日本人は自尊心を失ってしまっている。GHQの日本人洗脳の試みは大成功し、深く深く私たちの心に浸透しているわけだ。まずは本書を一読し、「戦後、私たちの精神性は巧みに操作されてきた」と気付くところからスタートしよう。