【まとめ】高卒認定試験 合格率・過去問・解答速報等【平成29年度】

高卒認定試験の関連情報まとめです!

試験日程、合格率や難易度、過去問の閲覧が可能なサイト、おすすめテキスト・問題集、解答速報サイト、Twitter・2ch・YouTube検索用リンク等をまとめています。

試験前後に気になる情報ばかりを集めました。この記事をシェアもしくはブックマークしていただけると、今後、同じ情報を検索する手間が省けますので効率的です。

合格を手にするその時まで、ふるってご活用ください!

(トピックが多いため、この後に出てくる「目次」を使用し、必要な情報をとっていただければと思います!)

スポンサーリンク

試験概要と公式サイト

高校卒業認定試験は、高校を卒業するのと同じ程度の学力があることを認めてもらうための試験です。

不登校や両親の不在など、様々な理由により高校に行くことができない人がいます。そのような人達はいくつもの問題に直面することになります。高校を卒業していないと受験することができない学校や資格試験はたくさんありますし、就職でも不利になりがちです。

そこで文部科学省は高卒認定試験を導入し、合格した人に対して高校卒業と同程度の学力を認めることにしました。試験に合格することで大学や資格試験を受けられるようになったり、就職活動で学力上の問題が無いことをアピールできたりします。

なお、従来の大検(大学入学資格検定)が、本制度の前身となっています。

公式のサイトはこちら。

試験地や試験科目、受験資格、受験料、受験手続の方法、問い合せ先等の正確な情報は、上記公式サイトで再確認することをおすすめします。

試験日程

高卒認定試験の関連スケジュールです。

第1回試験

実施内容実施日
本試験2017年8月2日(水)
2017年8月3日(木)
結果通知2017年8月29日(火)
発送予定

第2回試験

実施内容実施日
本試験2017年11月11日(土)
2017年11月12日(日)
結果通知2017年12月7日(木)
発送予定

詳細は下記ページ「試験期日・時間割」で確認できます。

合格率と難易度

高卒認定試験の合格率は次の通り推移しています。

科目合格率

1科目以上合格した人の割合です。

受験年度受験者数合格者数合格率
平成26-111,92210,71289.9%
平成26-211,82110,52089.0%
平成27-111,87410,94792.2%
平成27-211,2969,99188.4%
平成28-111,42810,37790.8%
平成28-211,1119,63786.7%

おおむね、90%前後で推移しています。ある程度の学習を経て挑むことにより、1科目合格を得ることが可能な試験です。

高卒程度認定率

合格要件を満たし、高卒程度認定を受けられた人の割合は次の通り推移しています。

受験年度受験者数合格者数合格率
平成26-111,9224,42337.1%
平成26-111,8214,76540.3%
平成27-111,8745,04342.5%
平成27-211,2964,50339.9%
平成28-111,4284,58840.1%
平成28-211,1114,44040.0%

おおむね、40%前後で推移しています。この中には複数回の受験を経て合格に至った人も含まれています。

諦めずに学習を続ければきっと合格できる、そんな希望が持てる数字です。

受験者数・合格者数の数値の出典はこちら。

出題基準と出題形式

高卒認定試験は次の4教科から成り立っています。

  • 【国語】
  • 【地理歴史】
  • 【公民】
  • 【数学】
  • 【理科】
  • 【外国語】

上記の教科は、さらに「科目」に細分化されます。

  • 【国語】…国語
  • 【地理歴史】…世界史A、世界史B、日本史A、日本史B、地理A、地理B
  • 【公民】…現代社会、倫理、政治・経済
  • 【数学】…数学
  • 【理科】…科学と人間生活、物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎
  • 【外国語】英語

上記の「科目」の全てが高等学校卒業程度認定試験の試験範囲ということになります。(ただし、全ての科目を受験しなければならないわけではなく、一定の選択の余地があります。)

出題形式は多肢選択式・マークシートです。

詳細は下記ページの「試験科目・合格要件・出題範囲」で確認できます。

過去問・出題例が閲覧できるサイトも、後述しています。

合格基準(ボーダー)

合格には、最低でも8科目の科目合格が必要です。なお、8科目の合格を1度の試験で獲得する必要はありません。

1科目の合格に必要な得点については公表されていませんが、4割程度の点が必要であると言われています。

高卒認定試験の合格基準(合格要件)の詳細は、下記ページにて「試験科目・合格要件・出題範囲」をご確認ください。

過去問・出題例を閲覧できるサイト

公式サイトにて過去問が公開されています。

高卒認定試験の合格に向けて、活用しましょう!

おすすめテキスト・問題集・講座など

高卒認定試験を受けようかと考えている人には、まずは『高認があるじゃん!2017-2018年版(高卒認定試験完全ガイドブック)』の一読をおすすめします。

高卒認定試験制度はやや複雑で、分かりにくい制度です。「どんな科目を勉強すれば良いのか?」「受験科目はどのように選べば良いのか?」「どんなふうに勉強を進めていけばよいのか?」と、分からないことがたくさん出てくると思います。そういった疑問にひとつひとつ答えているのが上記のガイドブックです。

ガイドブックを一読した後は、一度、過去に出題された問題を解いてみてください。

この時点で解ける・解けないは問題ではありません。実際に自分で取り組んでみることで、試験問題の形式や難易度、自分自身の実力がどの程度かということが良く分かるようになります。この感覚をもとにして、書店等で自分にあった教材を探してみると良いでしょう。

なお、市販の教材をもとに独学だけで合格するのはさすがに大変だ、という人も少なからずいます。そういう人はどうしているのかというと、通信制高校を利用しています。

通信制高校にも色々なスタイルがありますが、「学校にはほとんど通う必要が無いにも関わらず、決められたカリキュラムがあるので学習を続けることができ、自然に高卒認定試験の合格に近づける」というものが多いです。

でも、通信制高校を探すのって面倒だし、資料をひとつひとつ取り寄せて比較するのも大変そう・・・と思うかもしれません。そういう人のために、次のサイトで自分にあった通信制高校を一括で資料請求することができるようになっています。

情報は意外と簡単に手に入ります。試してみましょう。

解答速報サイト

高卒認定試験の解答速報提供サイト、および公式の解答掲載ページをご紹介します。

J-Web School

高認対策講座のJ-Web Schoolは、高卒認定試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

J-Web Schoolの解答速報は、下記ページをご確認ください。

第一学院高認予備校

高認対策予備校の第一学院高認予備校は、高卒認定試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

第一学院高認予備校の解答速報は、下記ページの「第一学院高認予備校からのお知らせ」をご確認ください。

河合塾

高認対策予備校の河合塾は、高卒認定試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

河合塾の解答速報は、下記ページをご確認ください。

公式の解答

文部科学省により、高卒認定試験の公式解答が公開されます。

公式解答は、下記ページをご確認ください。

Twitter・2ch・YouTube動画検索

高卒認定試験に関する情報は、ツイッター2ちゃんねる、YouTubeでも手に入れることができます。

実際に受験した人の感想や、不適切問題に関する情報など、最新の話題を知りたい方は、下記のツイッター・2ちゃんねる検索用リンクを使用してみてください。

参考 Twitterで「高卒認定試験 OR 高認」を検索

参考 2ch(新名称:5ch)で「高卒認定試験 OR 高認」スレを検索

個人や企業の解説動画等を閲覧したい場合は、下記のYouTube検索用リンクを使用してみてください。

参考 YouTubeで「高卒認定試験 OR 高認」を検索(新着順)

合格発表日・合格発表サイト

高卒認定試験の合格発表は、結果通知の発送により行われます。

結果通知の発送日は、上記試験関連スケジュールにてご確認ください。

おわりに

以上、高卒認定試験の試験関連情報まとめでした!