関連コンテンツユニットでは「スポンサーリンク」表記は外して良いと思う

最近、「関連記事の中に広告が含まれている」タイプの広告ユニットを色々なサイトで見かけます。

上のアイチャッチ画像の背景にも出ている、アレです!

「何だろう?どうやったら設置できるんだろう?良いなぁ~」とか思っていたのですが、

普通に Google Adsense で設置できる広告なんですね!

「関連コンテンツ機能」または「関連コンテンツユニット」と呼ばれているようです。

早速私のブログにも設置してみました。

ところで、設置に関連して、ひとつ気になる話題が。

それは、「スポンサーリンク」の表記は外しても良いのではないか?というウワサです。

スポンサーリンク

ウワサを信じちゃいけない?

「スポンサーリンクを外して良い」というのは、私が見かけたのはあくまで噂レベルの情報です。

なので、鵜呑みにすることはできません。

「ウワサを信じちゃいけないよ♪」と歌う歌も昔ありましたしね。(古っ!!!!)

こういうときは、規約やポリシーをしっかり確認して、自分で判断するのが大事だと思います。

Adsense のポリシーを確認してみる

「スポンサーリンク」の表記に関して、Adsense のポリシーでは次のように記載があります(このポリシーは関連コンテンツユニットでも適用されます)。

誤解を招く見出しの下での広告配置

サイトのユーザーに誤解を与えないようにし、ユーザーがコンテンツと Google ディスプレイ広告を簡単に区別できるようにすることが大事です。AdSense のポリシーでは、「関連情報」や「関連リンク」といった誤解を招く見出しの下に広告を配置することは禁止されています。Google 広告のラベルには、「広告」または「スポンサーリンク」のみを使用するようお願いいたします。

次に示すように、サイトの見出しが不適切な広告ラベルと見なされることもあります。このような位置にある広告は、リンクやリストと間違われる可能性があるため、こうした配置方法は許可されていません。サイトとそのレイアウトを入念に確認して、同様の問題が発生しないようにしてください。

次のような表現を使用して、広告をクリックするようユーザーを誘導することはできません。

  • 「広告をクリック」
  • 「広告をクリックして、チャリティ活動に募金」
  • 「スポンサーをチェックして、サイトの運営にご協力を」
  • 「新しいサーバーが必要です。ご協力をお願いします!」
AdSense 公式ブログでも、プログラム ポリシーに関する最新情

(太字強調は Kiryu による)

以上を読む限り、やってはいけないのは、「ユーザーを誤解させる表示をすること」なんですね。

言い換えれば、「スポンサーリンク」は必ず表示しないといけないというものではないということ。誤解を与えないんだったら、表示しなくてもOKということになります。

「誤解を与えなければOK」の例

「誤解を与えないならば、スポンサーリンクの表示をしなくて良い」って言っても、本当?と思われる人もいることでしょう。

ひとつの例として、WordPress の テーマ「Simplicity 2」の作者わいひらさんのこんな指摘を挙げてみます。

サイドバーは、本文中のような紛らわしい場所ではないので、(スポンサーリンク表示は)あえて非表示にしています。

アドセンスポリシー的にも、広告と明確にわかるところには、必ずしもラベルを記入する必要はないということで僕は解釈しています。

Simplicityの特徴 › フォーラム › Simplicityについての質問 › サイドバーに設置した広告に「スポンサーリンク」が表示されない このトピックには3件の返信が含まれ、

(カッコ書きの補足は Kiryu による)

実際、Simplicity 2 のサイドバーで Adsense 広告を出すと、デフォルトでは「スポンサーリンク」の表示は出ないようになっています。

わいひらさんのサイト「寝ログ」でも、サイドバートップの広告には「スポンサーリンク」の表示はありません(2017年2月現在)。これまで、表示無しで問題無くやってきているということになります。

関連コンテンツユニット

やってはいけないのは、「ユーザーを誤解させる表示をすること」である。

その観点から「関連コンテンツユニット」をよくよく見てみましょう。下の画像の赤枠内に注目してください。

こちらのユニット内の広告部分には、そもそも広告部分に「広告」と明示されています。

これだと、「ユーザーを誤解させる表示」には、なりようがありません。

以上のことから、「関連コンテンツユニット」からは、スポンサーリンクの表示は外すことができる、と結論できます。

おわりに

以上のように私は考えているのですが、これはひとつの解釈であって、Google の公式見解ではありません。

ご利用は自己責任で♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク