【まとめ】メンタルヘルス・マネジメント検定試験 合格率・過去問・解答速報等【第23回・第24回】

メンタルヘルス・マネジメント検定試験の関連情報まとめです!

試験日程、合格率や難易度、過去問の閲覧が可能なサイト、おすすめテキスト・問題集、解答速報サイト、Twitter・2ch・YouTube検索用リンク等をまとめています。

試験前後に気になる情報ばかりを集めました。この記事をシェアもしくはブックマークしていただけると、今後、同じ情報を検索する手間が省けますので効率的です。

合格を手にするその時まで、ふるってご活用ください!

(トピックが多いため、この後に出てくる「目次」を使用し、必要な情報をとっていただければと思います!)

スポンサーリンク

試験概要と公式サイト

近年、日本では長時間労働やブラック企業等、労務関連の問題が注目されるようになりました。そのような中、社会で働く人々の「こころの問題」もまた大きな関心を集めています。人々が労働に関連して精神的な不調を訴え、うつなどの症状を呈してしまうことが増えているためです。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、心の健康に関する知識と技能に関する試験です。働く人々が毎日を健やかな気持ちで過ごすには何が重要なのか? 万一、精神的な不調に陥った場合にはどのような対処が必要になるのか?といった事項を広く一般の人が習得することで、明るい労働環境の実現や労働生産性の向上に資することが期待されています。

試験はI種・II種・III種に区分されており、それぞれ次のような人が対象とされています。

  • I種:企業等における「人事労務管理スタッフ」「経営幹部」
  • II種:企業等における、メンタルヘルスの「管理監督者」「管理職」
  • III種:企業等の「一般社員」

(※上記は受験資格ではないので、対象外の人でも受験は可能です。)

公式のサイトはこちら。

試験地や試験科目、受験資格、受験料、受験手続の方法、問い合せ先等の正確な情報は、上記公式サイトで再確認することをおすすめします。

試験日程

メンタルヘルス・マネジメント検定試験の関連スケジュールです。

第23回試験

第23回試験では、I種(マスターコース)・II種(ラインケアコース)・III種(セルフケアコース)の試験が実施されます。

実施内容実施日
本試験2017年11月5日(日)
成績票・合格証発送日
(II種・III種)
2017年12月15日(金)
成績票・合格証発送日
(I種)
2018年1月10日(水)

第24回試験

第24回試験では、II種(ラインケアコース)・III種(セルフケアコース)の試験が実施されます。

実施内容実施日
本試験2017年11月5日(日)
成績票・合格証発送日
(II種・III種)
2018年3月18日(日)
成績票・合格証発送日
(I種)
2018年4月27日(金)

詳細はこちらから。

合格率と難易度

メンタルヘルス・マネジメント検定試験の合格率は次の通り推移しています。

I種(マスターコース)

実施回合格率
第17回18.8%
第19回11.7%
第21回18.3%

合格率は、おおむね15%前後です。I種試験では論述形式の試験も加わることから、試験対策も難しいものになります。難関試験のレベルであると言えるでしょう。

II種(ラインケアコース)

実施回合格率
第17回55.7%
第18回53.2%
第19回48.7%
第20回54.6%
第21回49.3%
第22回67.9%

合格率は、おおむね50%です。テキストを熟読し、問題集を繰り返し解いて実力を高めておくことで、十分に合格可能なレベルの試験です。

III種(セルフケアコース)

実施回合格率
第17回83.2%
第18回80.0%
第19回78.4%
第20回82.3%
第21回78.1%
第22回80.0%

合格率は、おおむね80%です。多くの人にとって易しいレベルの検定試験であると言えます。

数値の出典はこちら。

出題基準と出題形式

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、I種・II種・III種いずれも、公式テキストの内容を基礎として出題されることとなっています。

各コースごとの出題基準・出題形式は次の通りです。

I種(マスターコース)

出題形式制限時間配点
選択問題2時間100点
論述問題1時間50点

I種(マスターコース)の出題範囲は次の通りです。

  • 企業経営におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性
  • メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割
  • ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
  • 人事労務管理スタッフに求められる能力
  • メンタルヘルスケアに関する方針と計画
  • 産業保健スタッフ等の活用による心の健康管理の推進
  • 相談体制の確立
  • 教育研修
  • 職場環境等の改善

II種(ラインケアコース)

出題形式制限時間配点
選択問題2時間100点

II種(ラインケアコース)の出題範囲は次の通りです。

  • メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割
  • ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
  • 職場環境等の評価および改善の方法
  • 個々の労働者への配慮
  • 労働者からの相談への対応
  • 社内外資源との連携
  • 心の健康問題をもつ復職者への支援の方法

III種(セルフケアコース)

出題形式制限時間配点
選択問題2時間100点

III種(セルフケアコース)の出題範囲は次の通りです。

  • メンタルヘルスケアの意義
  • ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
  • セルフケアの重要性
  • ストレスへの気づき方
  • ストレスへの対処、軽減の方法

詳細については、下記をご確認ください。

過去問・出題例が閲覧できるサイトも、後述しています。

合格基準(ボーダー)

メンタルヘルス・マネジメント検定試験の合格基準は次の通りです。

受験コース合格基準
I種(マスターコース)選択・論述問題の合計が105点以上、
論述問題の得点が25点以上。
II種(ラインケアコース)70点以上の得点
III種(セルフケアコース)70点以上の得点

数値の出典はこちら。

過去問・出題例を閲覧できるサイト

メンタルヘルス・マネジメント検定試験の過去問をまとまった量で提供しているサイトは無いようです。

しかしながら、若干ではありますが試験問題の雰囲気を確認できるページがありますので、ご紹介します。

合格に向けて、活用しましょう!

おすすめテキスト・問題集・講座など

前述のように、メンタルヘルス・マネジメント検定試験は公式テキストに基づいて出題されます。特段の理由が無ければ、公式テキストを一読してインプットを蓄え、過去問を解いてアウトプットの力をつける、というのが王道の学習法となります。

公式テキスト使用の際の注意点は以下。

  • 公式サイトのテキスト紹介ページを確認し、最新のものを使用すること。(テキストの改訂がちょくちょく行われているため、古いものを利用すると試験での失点につながります。)
  • 上記ページに正誤表の掲載もあるので、合わせて利用すること。
  • テキストのボリュームがかなりあるため、早めに試験対策を始めること。
  • I種・II種の内容はかなり高度なものとなるため、III種を飛ばして受験する場合でも、必要に応じてIII種のテキストを利用すること。

公式テキストは中央経済社が出版しています。また「公式」の表記はありませんが、同じく中央経済社が出版している過去問題集がありますので、対策教材として合わせて利用しましょう。

I種の教材

II種の教材

III種の教材

通信・通学講座など

検定主催の大阪商工会議所が開講している対策講座のほか、各種予備校による講座もあります。

解答速報サイト

メンタルヘルス・マネジメント検定試験の解答速報提供サイトをご紹介します。

日本マンパワー

人材開発事業の日本マンパワーは、メンタルヘルス・マネジメント検定試験の解答速報を毎回作成・公開しています。

日本マンパワーの解答速報は、下記ページをご確認ください。

↑上記ページ中段「試験・検定情報」をご確認ください。

リカレント

EAP専門スクールのリカレントは、メンタルヘルス・マネジメント検定試験の解答速報を毎回作成・公開しています。

リカレントの解答速報提供ページは、下記のツイッターアカウントで公表されます。

公式の解答

試験実施団体である大阪商工会議所の公式解答も、ネット上にアップされるのが通例です。

試験終了後、公式サイトをご確認ください。

Twitter・2ch・YouTube動画検索

メンタルヘルス・マネジメント検定試験に関する情報は、ツイッター2ちゃんねる、YouTubeでも手に入れることができます。

実際に受験した人の感想や、不適切問題に関する情報など、最新の話題を知りたい方は、下記のツイッター・2ちゃんねる検索用リンクを使用してみてください。

参考 Twitterで「メンタルヘルス 検定」を検索

参考 2ch(新名称:5ch)で「メンタルヘルス 検定」スレを検索

個人や企業の解説動画等を閲覧したい場合は、下記のYouTube検索用リンクを使用してみてください。

参考 YouTubeで「メンタルヘルス 検定」を検索(新着順)

合格発表日・合格発表サイト

メンタルヘルス・マネジメント検定試験の合格発表日は、上記試験関連日程にてご確認ください。

合格発表は、成績票・合格証の送付により行われる予定となっています(サイト上での発表はありません)。

おわりに

以上、メンタルヘルス・マネジメント検定試験の試験関連情報まとめでした!