HUAWEI E5577S と NETGEAR AC785 どっちを買うべき?悩みに悩んで検討した結果と、実際に使ってみたモバイルルーターのレビュー

外出先で、PCを使ってインターネットをしながら作業をしたい!

という欲求が最近強まりました。外出先でネット接続する方法は色々あると思うのですが、私は今回、モバイルルーターでネット接続することにしました。モバイルルーターを買って、いわゆる「格安SIM」を差し込んでネットをしようというわけです。

早速、モバイルルーターを入手しようと思いAmazonを見ると、ベストセラーが2つ並ぶというあまり見慣れない光景が。

ベストセラーとされているのは、HUAWEI(ファーウェイ)の「E5577S-324」(以下、「HUAWEI E5577S」)と、NETGEAR(ネットギア)の「AirCard AC785 100JPS」(以下、「NETGEAR AC785」)です。

価格もおおよそ同じくらい、機能的にも一見したところでは大差が無さそうなこの2つ。一体どっちにすればいいんだろう?

買った後で「やっぱあっちにしとけば良かった~~!」とは思いたくないので、念入りに調べてみました。そうしたら、実は微妙な差異が色々とあることが分かってきたんです。

そこでこの記事では、2017年秋現在、2大人気モバイルルーターであると思われる「HUAWEI E5577S」と「NETGEAR AC785」をいくつかのポイントで比較し、どちらを買うべきか検討していきたいと思います。

結論を言っておくと、私は比較検討の結果「HUAWEI E5577S」を選んで購入しました。その理由は、以下を読んでもらえれば良く分かると思います。せっかくなので、「HUAWEI E5577S」を使ってみた感想・レビューも書いていきます。

モバイルルーター選びで迷っている方は、良かったら参考にしてみてください!

スポンサーリンク

「HUAWEI E5577S」と「NETGEAR AC785」を徹底比較!

細かい比較に入る前に、両者の外観などをもう少し見ておきます。

まず「HUAWEI E5577S」ですが、白いボディに、白黒の無機質な感じの液晶画面がついているというデザインです。

「NETGEAR AC785」は、黒いボディに、カラーで現代的な感じの液晶画面がついています。

なんとなく、雰囲気は「NETGEAR AC785」のほうがオシャレな感じがします。なので最初はNETGEARのほうを買おうと思っていました。

価格

それでは、価格面から比較していきます。参考にするのはAmazonの価格です。ただし、Amazonでの販売価格は日々変動しますので、その前提で。

私が購入した2017年10月初旬の両者の価格は、どちらも9,000円台でした。ほとんど差がありませんでしたが、数百円だけ「HUAWEI E5577S」が安いという状態。なので、どちらかと言えば「HUAWEI E5577S」の勝ちかな、というところ。

しかし!購入方法によっては「HUAWEI E5577S」のほうを「NETGEAR AC785」よりも1,300円近く安く買えることに気が付きました。

その方法とは、「SIMカードセット」で買うという方法です。

「HUAWEI E5577S」にはSIMカードセットで買うという選択肢があり、これだと8,600円程度で購入できます。

でも、付属するSIMカードはいくらなの?SIMカードが高いなら意味ないでしょ?と思うかもしれませんが、別にSIMカードの値段というものは無いのです。SIMカード込みで8,600円程度ということです。モノが増えたのに価格が安くなるという、Amazonの魔術(?)ですね!

SIMカードはいくつかのモバイルインターネット会社が提供しています。私がルーター購入を検討していた当時は、「IIJ SIMセット」「LINE SIMセット」「BIGLOBE SIMセット」がありました。セットで買ってもらえたら、一定の割合で契約までしてくれる人がいるので、セット売りをするわけですね。

SIMカードをセットで買ったからといって、これらのモバイルネット会社(正確には「MVNO」と言います)と契約する必要は特にありません。実際、私も IIJ SIM のセット割で買いましたが、IIJ からもらったSIMカードは大事にとっておいて、モバイルネットの契約は安さ・品質の面で評判の良いDMM mobileと結びました。

さて一方の「NETGEAR AC785」には、2017年10月現在、このようなセット割は行われていません。残念。

1,000円以上も「HUAWEI E5577S」のほうが安く買えるなら、価格面では「HUAWEI E5577S」の勝利だと言って良いと思います。

もちろん、価格以外の面で劣っていたら意味がないのですが、そんなことは無いというのは後で見ていきます。

なお、セット割はそのうち無くなってしまう可能性も高いです。お早目に。

もし中古品が安いようなら中古を検討してもよかったです。でも、私が検討した当時は「HUAWEI E5577S」も「NETGEAR AC785」も、8,000円台のものしかありませんでした。

中古品は、結局のところ電池の状態などの不安要素が残ってしまいます。なので8,000円台では到底買う気にならず、今回は検討の対象からは外しています。

バッテリーの性能・持ち

バッテリーの性能・容量は「mAh」(ミリアンペアパワー)という単位で測られています。(実は私も今回モバイルルーターの購入を検討して初めて知りました。)

この「mAh」を使ってバッテリーに関する比較をしてみましょう。

「HUAWEI E5577S」は3,000mAh。

一方の「NETGEAR AC785」は2,000mAh。

なんと1,000mAhも違う!「HUAWEI E5577S」の大勝利です。

1,000mAhというのは、時間にしてどの程度違うのでしょうか? Amazonのページを見ると、「HUAWEI E5577S」は「最長約 12時間 (LTE モード)」という記載があります。

他方、「NETGEAR AC785」は「連続通信時間10時間以上」の記載。

2時間くらいの電池の持ちの違いがありそうです。

バッテリーを外した状態で電源につないで使えるか

モバイルルーターは通常、バッテリーによって電力が供給され、動作します。

ここで、人によっては次のような疑問を持つと思います。

「バッテリーを外した状態で、AC電源(コンセント)につないで使用することはできるのか?」

これはどういうときに問題になるかといえば、モバイルルーターを長期間使い込み、電池の性能が悪くなってしまったときです。

モバイルルーターを使おうとしても電池がすぐ切れてしまうという状況を想像してみてください。そんなときに、電池を外して直接コンセントから電気を供給して使用できれば、そのまま使えます。それができない場合は、バッテリーを新品に換えない限りほとんど使えません。

果たして、「HUAWEI E5577S」と「NETGEAR AC785」は、バッテリーを外してコンセントからの電源供給で使えるのでしょうか?

Amazonのレビューを参照する限り、「HUAWEI E5577S」はバッテリーを外した状態では動作しないようです。

一方、「NETGEAR AC785」は可能。

ということで、バッテリーを外した状態での運用という面では、「NETGEAR AC785」のほうに軍配が上がりました。

どのMVNO(モバイルネットの会社)と契約できるか

モバイルルーターを使って外出先でインターネット接続をするためには、モバイルインターネットのサービスを提供している会社と契約をしないといけません。この会社のことをMVNOと言います。

MVNOはいくつもあり、有名どころではDMM mobile(ディーエムエムモバイル)、IIJmio(アイアイジェイミオ)、mineo(マイネオ)、UQモバイルなどです。

契約するとMVNOからSIMカードが送られてきて、それをモバイルルーターに差し込んでネット接続を開始します。

重要なことは、モバイルルーターとMVNOには、いわば「相性」のようなものがあるということです。つまり、このモバイルルーターは「AというMVNO」は使えるけど「BというMVNO」はダメだよ、ということが有り得るのです。要注意。

私はモバイルルーターの購入を検討している時点で、既にDMM mobileと契約することを決めていました。なので、DMM mobileと「HUAWEI E5577S」の相性、およびDMM mobileと「NETGEAR AC785」の相性を調べておこう、ということになります。

DMM mobile に決めていた理由は、私のパートナーがスマホのSIMとして使っているというのが大きかったです。彼女はかなり調べてからDMM mobileに決めたようだったので、それに乗っかろうかな、と。これまで1年くらい使っていて、安定していて良いようです。

DMM mobileは、業界でも最も安いと言われています。実際、私は「データ通信SIMプラン3GB」を契約したのですが、月たったの850円!(税別)です。通信料のプランも1GB、2GB、3GB、5GB、7GB、8GB・・・と豊富なので、自分の使用量に合わせて契約できます。オススメです。

MVNOとモバイルルーターとの相性は、基本は公式サイトで調べます。まずは「HUAWEI E5577S」の公式サイトを見てみます。

残念ながら公式サイトに情報が書いてないですね・・・orz

でも、「E5577S DMM」でGoogle検索すると、すぐに「使えるらしい」という情報が出てきました。

他方の「HUAWEI E5577S」の公式サイトを見てみます。

こちらは一覧表に情報をまとめてくれていて、親切です。

DMM mobileの使用が可能ということでした。

ということで、どちらもDMM mobileが使えそうです。個人的には、契約できるMVNOの観点では両者は引き分けとなりました。

DMM mobile 以外のMVNOを使いたいなぁっていう人もいるかもしれないので、少し補足しておきます。

「HUAWEI E5577S」のほうですが、AmazonでSIMセット割として「IIJmio SIM」「LINE SIM」「BIGLOBE SIM」があったので、これら3つのMVNOが使えることは間違いないと思います。

「NETGEAR AC785」については、上記の表を見てもらえればいいかと思います。

設定の容易さ

設定は簡単なほうが良いですよね。

手がかりになるのはやっぱりAmazonのレビューです。

レビューを読んでいくと、「HUAWEI E5577S」のほうは「SIMを差し込んで電源を入れたらすぐネットにつながりました」という声が多数。メチャクチャ簡単というか、ほぼ設定が不要みたいです。

他方の「NETGEAR AC785」は対照的。設定が難しい、初心者には分からない、時間がかかった、といったレビューをたくさん見かけました。

私は電子機器の設定は苦手ではなく、むしろ色々調べて自分で設定するのは好きだったりします。

でも、最近はもう年齢的に言って余計なことに時間を使いたくないという気持ちが強いですね。。。

なので設定の容易さという点では、「HUAWEI E5577S」の勝ちとします。

SMS送受信

SMS(ガラケーやスマホのショートメッセージ)に対応しているか、というのも比較ポイントになります。

私はSMSってあまり使うことが無いのですが、「HUAWEI E5577S」のレビューを読んでいると、こんな記述がありました。

SMSに対応していることで、さまざまなメリットがあります。

GmailやDropboxなどの二段階認証にも使えます。また、LINE・メルカリなど、本人確認にSMS認証を利用しているサービスにも使えます。そういえば、Twitterアプリを開発する際もSMS認証ですね。

海外で使う場合、SIMの開通にSMS受信が必要になるケースもあります。

言われてみれば、私も最近、認証にSMSを使用しました。巷で流行っている「仮想通貨」の取引口座を開設しようとしたら、SMSの認証を求められたので、携帯電話でSMSを受信して対応したんですよね。

私、携帯電話ってあまり使いません。なので近い将来、携帯電話を持たないことにする可能性もあるため、SMS対応していないよりはしているほうが良いかなぁと思いました。

「HUAWEI E5577S」については上記のようなレビューがあるくらいなので、SMSに対応しています。「送受信」対応らしいです。(正確に言うと、端末側で送受信するのではなく、PCブラウザで開く管理画面からの送受信になるみたいですが。)

他方の「NETGEAR AC785」ですが、SMSの「受信」は可能、しかし「送信」はできないというレビューが見受けられます。

使う機会が多いのは受信だとは思いますが、送信ができないために国外で通信容量チャージができなかった、という声もあり、、、

そんな感じで、SMSの対応という面でも若干「HUAWEI E5577S」のほうが良さそうです。

なお、実際にSMSを使う場合は、MVNOと契約する際に「SMS対応プラン」に加入する必要があるので注意してください。

SIMカードサイズについて

SIMカードには、サイズで分けて3種類のものがあります。大きい順に「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」と言うようです。

「HUAWEI E5577S」は標準SIM対応。

「NETGEAR AC785」はmicro SIM対応です。

私個人は、SIMカードの大きさについては深いこだわりがなかったので、勝敗をつけるというほどのことはありません。

でも取り上げたのには理由があります。

実は、micro SIM や nano SIM は、変換アダプターを併用することでより大きいサイズのSIMカードとして扱うこともできるんですよね。

つまり、変換アダプタを利用するということを前提にして考えると、

「HUAWEI E5577S」は標準SIMが入るので、micro SIM・nano SIMも使うこともできる。

「NETGEAR AC785」はmicro SIMが入るので、nano SIMも使うことができる。標準SIMは使えない。

という具合に、微妙な差が出てきます。

つまり、もともと手元に標準サイズSIMカードを持っていて、そのカードを使いたいよ!という人の場合は、「NETGEAR AC785」は自動的に選択肢から外れてしまうんですよね。この点、よく注意する必要があると思います。

あとSIMカード関連で言えば、「NETGEAR AC785」は「SIMカードの出し入れがしづらい上に、SIMカードをキズつけてしまいそうだ」というレビューがとても目立ちました。「NETGEAR AC785」は残念ながらSIMカード周りではスペックが弱いみたいです。

比較結果のまとめ

以上を表にするとこうなります。

HUAWEI
E5577S
NETGEAR
AC785-100JPS
価格 セット割で8,000円台 9,000円台
バッテリー容量 3,000mAh 2,000mAh
バッテリーを外して
AC電源で使用
できない できる
MVNO DMM mobile OK DMM mobile OK
設定の容易さ 簡単ですぐできる 難しい
SMS送受信 送受信に対応 受信に対応
SIMカードサイズ 標準SIM micro SIM

多くの項目で「HUAWEI E5577S」が強い!

ということで、今回は「HUAWEI E5577S」を使わせていただくことに決定しました。

実際に「HUAWEI E5577S」を使ってみた感想

こちらが実際に我が家にとどいたモバイルルーターHUAWEI E5577S-324です。

使用開始から2週間ほど経過しました。以下では、最初のセットアップと、日々の使い勝手について書いていきます。

使用開始まで

セッティングの順番としては、まずSIMカードを自分で差し込みます。

指で軽く押してやれば入ります。

その後、バッテリーパックを入れてフタを締めます。

そして、電源ボタンを長押しして、電源ON。

少し待つとDOCOMOと表示されました。(DOCOMOと何の関係があるのかというと、私が契約したDMM mobileはDOCOMOの回線を利用しているモバイルネット会社なのです。)この表示がされると、モバイルルーターがインターネットに接続できたことになります。

つまり、SIMカードとバッテリーを差して電源を入れるだけで、ネットに接続できたわけです。設定がすごく簡単という話は本当でした。

あとは、モバイルルーターとPCの接続を実施する必要があります。ルーター側を手動で操作して、「端末情報」のメニューにてネットワーク名とパスワードを表示します。

↑ちょっと見づらいですが次のように表示されています。

SSID: xxxxx wifi
PWD: xxxxx

SSIDがネットワーク名、PWDがパスワードです。メモか何かしておいてください。

そして、PC側でネットワークの電波を拾っているはずなので、ネットワーク名をよく見て、「接続」をクリック。

パスワードを求められたら、先ほど確認したパスワードを入力します。

ネットワーク設定の選択を促されますが、「パブリックネットワーク」を選択しておけば問題ありません。

PCで使用する準備もこれで終わりです。無事、当ブログの閲覧ができました。

私のようにモバイルルーター素人・初心者でも超簡単です。

日々の使い勝手は?

私が自宅外で「HUAWEI E5577S」を使ってネット接続をしているのは、通勤のバス車内と、お昼休み中です。

ルーターの電源を入れるのは朝のバス車内。電源を入れて20~30秒くらいで接続します。待っている間にPCをカバンから取り出して開いて、3呼吸くらいしたらつながる感じです。快適。

PCでやっているのは、ウェブサイトのブラウジングとGmailの送受信です。ブラウジングは何の問題もストレスも無く、普通にできます。Gmailに関しては、標準ビューだと最初の読み込みにちょっと時間がかかる感じです。私は簡易HTMLビューに切り替えて使っています。

バスがバス停についたら、モバイルルーターの電源は切らずに、お昼まで放置します。放置しても、一定時間経つと勝手にスリープモードに入って、電池を節約してくれます。

お昼に再び使いだすときはスリープから戻ってネットにつながるまで、20秒くらいですね。問題も無く、快適です。

お昼の使用後も放置でスリープにしています。帰りのバスで使用して、使い終わったら電源を切っています。

上記のような感じで使っているので、電源ONの時間は12時間くらいですが、スリープ状態が長く、1日あたりの正味の使用時間は1時間~1時間半くらいだと思います。充電はいまのところ3日に1回くらいやれば十分です。

外出先でも気軽にネットにつないで情報収集でき、買って良かったです。私の場合スマホでネット接続をしていないもので、通勤時はこれまでは完全にオフライン。読書の時間にあてていました。

今は読書をしてもいいし、ネットをしてもよいし、選択肢の幅が広がっています。

良いですよ、モバイルルーター。迷っているあなたは、是非!