J-CASTが有給取る社員をモンスター扱い…。時代遅れの価値観を垂れ流すのはやめてください

ネットメディアのJ-CASTが、ゲーム発売日であることを理由に有給休暇を取得している新人社員を「モンスター」だと罵っています。

「ゲーム発売日なんで有休取ります」 モンスター新人、許せる?

   有給休暇は理由を問わず取得できる労働者に与えられた権利。会社側に時季変更権という例外はあるが、雇用者は申請されたら拒否できないのが原則だ。

一見、記事は中立的な立場で書いているかのようですが、見出しの付け方を見ても話の流れを見ても、ゲーム発売日であることを理由に有給を取った人を非難したいという意図が見え見えです。

ホントこういうのやめてもらえないでしょうか?

スポンサーリンク

有給休暇を取るのに理由は要らない

有給取るのに理由は不要なんですよね。なので、たた単に出社しなくないからという理由で有給を取ったとしても、本当に法律上何の問題もありません。

むしろ「理由」を問うている方がおかしい。理由を問うっていうのは、その理由如何では有給取得を認めないという意味なんでしょうから、法令遵守の精神に欠けています。有給休暇は、労働基準法に定められた労働者の権利で、会社は最大限それを尊重すべきなんです。

というのも、ちょうど私も今回退職するにあたり、10日間の有給休暇が残っており、その消化を申し出たところでした。ところが、色々な圧力をかけられ、結局5日間のみの消化しか許されませんでした。

こういうのは訴訟に持ち込めばふつうに勝てると思うのですが、そんな手間暇かけていられないですからね。結局労働者の泣き寝入りです。それで内心怒りを溜めているところにに、このJ-CASTのニュース。

いい加減、労働者の権利を踏みにじる価値観をばらまくのはやめてほしい。

J-CASTは賛否の声があると言うが

J-CASTは、「ゲームの発売日に有休」をとる行為に対して、「賛否の声がある」と言っていますね。

「ちゃんと有休は取ろう」という気運が高まっている。そんななか、「モンスター新人」の出現に賛否が巻き起こっている。

やっぱり「ちょっとね…」と思う人も

やはり「いい気はしない」という人もいるらしい。

でもどうなんでしょうか? 「賛否の声がある」というと、両論拮抗くらいに賛否が分かれているかのように印象が操作されそうになりますが、そのJ-CASTの記事の末尾アンケートにもあるように、「全く問題無い」という意見が実は大多数なのでは?

何しろ、大多数の人は労働者ですからね。有給休暇の権利を否定するような意見には与しないでしょう、普通。

思うに、労働者の中で問題があると感じている層があるとすれば、オジさん世代の連中なんじゃないでしょうか。若い頃、有給取得に理由が不要であることを知らされず、ずっと有給を取らずに働いてきた、だから新人のお前らも有給取るなよな、みたいな。

そういう負のスパイラル的な感覚で若い人を苦しめるのは、本当迷惑なので、やめてほしいですよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク