貸事務所物件が見つからない2つの理由と探すコツ、効率的な探し方

「事務所物件を探しているけど、なかなか希望に合うものが見つからない…」

私はかつて不動産の仕事をしていたので、自営業をやっている知人や、会社で総務担当をしている知人から、そういう相談を受けることがあります。

要は、オフィスを移転または新規立ち上げをする計画があるが、候補となる物件が無い、ということですね。

それは困ったね、ということでよくよく話を聞いてみると、かなり効率の悪い事務所の探し方をしていた、というケースが多いです。

不動産屋から見れば、「そりゃ、見つからないのは当然!」っていう・・・

そこでこの記事では、貸事務所物件が見つからない場合に考えられる2つの大きな理由と、そこから分かる「貸事務所物件を探すコツ」をご説明します。

そして、最後に貸事務所探しの効率を飛躍的に高める方法についてもご紹介します。

参考にしてみてください!

スポンサーリンク

貸事務所が見つからない理由1:ネットで情報を探している

事務所物件が見つからないという場合に非常によくあるのが、インターネットの情報を利用して物件を探しているというケース。

確かに一部の検索サイトでは、事務所物件を掲載しているところもありますよね。掲載されている情報を使えば、きっとすぐに見つかる、と思ってしまうのは無理もありません。

でも、事務所や店舗のような事業用物件は、ネット上に情報が無い場合のほうが多いんです。

つまり、ネット等には公開されていない、未公開の物件が実はかなりあるんですよね。

ネットに情報が無いのは何故?

インターネット上に情報を載せない理由は色々ありますが、最も大きな理由は賃料をあまり大っぴらに公開したくないということ。

なぜ公開したくないかというと、例えばあるビルのある区画が空いて、そこの募集情報をネットの空室検索サイトに載せたとしますよね。

オフィスの賃料というのは、契約時期やその区画の場所、設備等によって賃料が変わってくるのですが、一般的に、年数が経過していればしているほど、賃料が下がります。

そうすると、空室の区画はそのビルの最安の賃料で募集することが多くなります。募集賃料を現在入居している事務所区画の賃料と比較すれば、数万とか十数万の差になることもザラにあります。

そうすると何が起こるかというと、その募集賃料を見た他の入居中のテナントが、「じゃあウチの賃料も下げてよ!」と交渉してくることがあるわけです。そうなると、賃料を受け取る側のオーナーは困ってしまいますよね。

そういった理由から、空室情報の詳細は公にはされず、その事業用物件を管理している不動産業者が密かに持っています。

そして、空室となっている事務所の窓に、単に「貸事務所」「貸店舗」などと書いておいて、電話番号を載せておけば、事務所・店舗を探している人は電話をかけてきますから、そういうときのみ、必要な人にだけ渡している、というわけなんです。

貸事務所を探すには足を使うことも必要

以上のことから、インターネット上で得られる情報は、実際に空室になっている事務所のうちのごく一部の情報だけということになります。

それだと、母数が少ない分、自分の希望の物件は見つかりにくくなります。

では、ネットに無い物件を探すにはどうしたら良いかというと、もうお分かりでしょう。

事務所を構えたいエリアを実際に歩き回って、貸事務所の張り紙を見つけて、そこに記載のある不動産管理会社に電話をかける、というのが、実は一番確実なやり方です。

貸事務所が見つからない理由2:事業用物件専門業者に頼んでいない

でも、エリアを歩き回るなんて、そんな手間はかけられない!っていう場合も多いですよね。

その他にも、しなければならない日常業務があるわけですし、その合間を縫って対象エリアを歩くというのは、時間もお金も労力もかかります。

そこでよく採られる方法が、手近な不動産仲介業者に依頼するという探し方です。

しかし、それでも良い物件が見つからない!という場合があります。

普通の不動産業者に依頼しても見つからないのは何故?

その理由はというと、その不動産業者が事業用物件を得意とする業者ではないからです。

不動産業者といっても色々で、売買を専門にしているところもあれば、住居の仲介を中心に行っているところ、主として不動産管理をメインにしているところ、などがあります。

オールマイティになんでもできる業者というのは、まれです。得意不得意があって当たり前なんですね。

なので、付き合いがあるとか取引があるといった縁故で知り合いの不動産に依頼したところで、希望のオフィス物件がいつまでも出てこない、なんていうことになっても全然不思議ではありません。

貸事務所を探すには情報収集している業者に頼むことが必要

これに対して、事業用物件の仲介を得意としている、または専門にしているような不動産業者は、日々、エリアを歩いたり、車で移動したりしながら、貸事務所・貸店舗の情報を見つけては、情報収集をしています。

そのため、蓄積している情報は相当なものです。

こういう業者に物件探しを依頼すると、すぐに希望の物件が見つかったりします。

餅は餅屋。専門家に頼むのが、実は一番早いのです。

一括で複数の事務所専門仲介業者に依頼するには

以上のことから、賃貸の事務所探しをする際は、事務所探しを得意とする業者に物件の調達を依頼するのがベストな方法だということがお分かりいただけたと思います。

さらに効率を高めるためには、そのような業者を複数見つけて、業者間で競わせることにより、もっと早く、質の良い物件が見つかることでしょう。

「でも、どの業者が事務所物件探しを得意としているのか分からないし、複数見つけるなんて大変すぎる・・・」

そう思われたかもしれません。そのような時は、事務所物件探しを一括で複数の専門業者に依頼できる、「オフィスマッチ」を利用すると良いです。

「オフィスマッチ」では、自分の情報(会社の情報)と希望の貸事務所の条件を登録しておくと、オフィスマッチの側で適切な不動産仲介業者を最大5社選び、それぞれの業者に物件探しが自動的に依頼されます。

後は待っているだけで、希望条件に合った物件情報が送られてくる、という仕組みです。

この「一括で複数の事務所物件専門業者に物件探しを依頼できるシステム」は、かなり効率的です!今までありそうでなかったですね。

なお、先に書いたように、事務所物件の情報はネット検索では見つからないことがよくあります。

オフィスマッチを使うと、そういった未公開情報も含めて、物件情報を教えてもらうことが可能です。

オフィスマッチの使い方

オフィスマッチの登録の仕方を簡単にご説明します。

まず、トップページで「都道府県」「探している理由(移転・新規など)」「移転時期」を選び、ボタンを押します。(現状、東京・神奈川・千葉・埼玉が対応可能エリアです。)

ボタンを押すと、画面が「ご依頼フォーム」に切り替わります。こちらで、さらに詳細な希望条件を入力していきます。

ある程度、入力を省略することも可能ですが、詳しく書いたほうが、適切な物件提案をしてもらいやすくなります。

最後に、自分自身の情報(自分の会社の情報)を入力。

あとは、入力内容を確認し、情報を送信して待つだけです。

しばらくすると、数社から物件情報が得られることでしょう。

なお、利用料金は無料です。それどころか、成約に至った場合は、キャッシュバックや引越し料金割引などの特典を受けられることもあります。

東京・神奈川・千葉・埼玉でオフィスを探す際は、一度利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク