ポロシャツを長く着るための毛玉・毛羽立ち対策!TESCOM KD778を使ってみた

夏の男

男の夏の装いといえば… 

ポロシャツ!

ですよね!!

私は暑い季節になるとよくポロシャツを着ています。でも実を言うと、ひとつ悩みがありました。

それは、2シーズンくらい着ると、襟の部分に毛玉が出来てきたり、全体的に毛羽立ちが激しくなってきたりすることです。

こうなると、傷んだ服に見えてみっともないので、お気に入りのポロシャツでも処分せざるを得なくなります。

もったいない… そして、服といえども愛着をもつほうなので、悲しい(;_;)

しかし、この夏に思い切ってある製品を導入したところ、状況が一変しました。

毛玉も毛羽立ちも綺麗に取れて、無くなってしまったんです。

もうポロシャツを捨てなくてすむ! 長く着られる! こんな嬉しいことはありません。

ということで、今回は私が購入したある毛玉取り機についてご紹介します。

スポンサーリンク

毛玉クリーナーで服を新品に戻す方法

毛玉クリーナー

この夏に我が家で取り入れたのは、こちらの TESCOM製 毛玉クリーナー KD778 です。

軽いので片手でも持ちやすく、使いやすい。名称は「グレー」ですが、白を基調としています。デザインもスッキリしていて、どんな部屋にあってもおかしくない。

でも、大事なのは見た目ではなく、どのくらい毛玉が取れるか、毛羽立ちが取れるかですよね?

早速、実際に使用してみたところを見て行きましょう!

TESCOM KD778 で毛玉が取れる!

ポロシャツ1

まずはこちらの、トリコロールがアクセントなポロシャツ。

遠目には分かりにくいのですが、襟元に毛玉がたくさん出てきているんです。

ポロシャツに毛玉

写真に写っているのは襟の部分。毛玉がボツボツ…となって、雑な見栄えになっているのが分かるかと思います。

また、椅子等にもたれたときに擦れやすい背中の部分などにも、毛玉がたくさんありました。

それで、前の夏が終わったときには、もう捨てないとな…と思ったわけです。

でもなかなか捨てられずに、この夏を迎えました。

そこで意を決して買った毛玉クリーナーをあててみます。すると…

毛玉がとれた

!!

すごい! 毛玉が完全に無くなっているの、分かりますよね? 超滑らかな質感の襟になりました。

比較画像も置いておきます。クリックすると拡大しますので、是非見てみてください。

比較画像1

右のポロシャツなら、新品とそう変わりません。お気に入りの服が数年ぶりに復活した~!って感じです。

TESCOM KD778 で毛羽立ちが直る!

ポロシャツ2

次はこの紺色のポロシャツ。

こちらは、毛玉というよりも毛羽立ちがひどかったです。全面にわたり、傷んだ繊維が立っており、元の色合いよりも少し白っぽく見えていました。

毛羽立ち

今回も襟でためしてみます。表面が汚れているかのように見えるかもしれませんが、ちゃんと洗っています。毛羽立ちのせいで、そんなふうに見えてしまっているんですね。

あぁ、もうこんなに傷んでしまって…(涙)と、処分を考えていたポロシャツが、毛玉クリーナーをあてたところ、

毛羽立ちが取れた

この通り! 全然違うでしょ?

毛羽立ちが無くなって、だいぶすっきりした印象になりました。次の比較画像を見ていただければ、お分かりいただけると思います。

比較画像2

この後ポロシャツ全体にクリーナーをかけると、買った当初の質感が戻ってきました。

さらに、手持ちのポロシャツ数枚にクリーナーをかけたところ、カットされた繊維がクリーナーに溜まってきました。

たんまり毛玉

こんなにたくさん! 服の見た目を悪くしていた繊維が取れて、気分爽快です。

TESCOM KD778 おすすめの理由

TESCOM KD778 以外にも毛玉クリーナーはありますが、こちらの製品がオススメなのは理由があります。

値段が高すぎず、安すぎず

ネット上での販売価格は時間とともに変わっていきますが、おおむね2,000円台前後で推移しています。このくらいの値段なら、気兼ねせず買ってしまえますよね。

購入したらすぐに手持ちの衣類(セーター、マフラー、ニット、コート等)の毛玉をゴッソリ取れて、美しい見た目に戻せるので、コスパ抜群の製品です。

ACアダプターでパワフル稼働

毛玉クリーナーには色々な種類があり、その中には電池で動くものもあります。

電池式のものには電源ケーブルがありません。そのため、小回りが利きやすいというメリットもあるのですが、電池だとどうしても出力が不足しがちです。そのため、「いまいち取れない」という結果に終わってしまう可能性があります。

その点、KD778 はコンセントからの電源で動きます。なのでパワフルに毛玉をとってくれますし、電池切れの心配もありません。ガンガン使って、気のすむまで一気に毛玉を除去できるわけです。

確かにケーブルはありますが、私が使った感想としては、特に気にはなりませんでした。

調節可能で生地を傷めない

KD778 は、毛足をどのくらい残すか(どの程度深く刈り込むか)を、三段階で調節可能となっています。下の画像の丸いグレーの部分を回転させて、調節します。

調節可能な刃

一般に、毛玉クリーナーはやりすぎると生地に穴が空くと言われています。でも KD778 は高さ調整ができるので、比較的安心。

だから男性用の服だけでなく、女性物のデリケートな素材に対しても使えます。(←購入時、奥様を説得する材料にしてください)

まとめ

YouTube で検索すると、KD778 が毛玉を刈り取っていくシーンが動画で見られますよ!

YouTube で KD778 を検索

KD778 の出す刈り込み音… クセになってしまいます(//▽//)

あなたの衣類も、毛玉をとって新品同様に復活させ、長く着てみてはいかがでしょうか?

★こちらの関連記事もどうぞ★

寒いっ……!!だいぶ気温も下がってきましたね。冬の足音が聞こえてきた感じです。寒くなってくると、気になるのはやはり防...