驚愕!都道府県合格率ランキング。宅建に受かる地域とは?東京と福井があんな順位をつけるなんて…

luck-839037_960_720

ご存じでしたか? 宅建の試験実施団体は、毎年、試験結果の概要を公表しているんです。

[試験実施結果の概要 | 不動産適正取引推進機構]

この概要の中には、都道府県ごとの合格率も示されています。たとえば、今年度の福岡県の合格率は14.2パーセント、という具合です。

そして面白いことに、都道府県の間で合格率って結構違いがあるんです。しかも、上位は毎年同じような県が出てきていたりします。宅建が得意な県、というのがあるみたいなんですよね。

ということで、今回は完全にお遊びですが、全国47都道府県の合格率を、過去5年の年度ごとにランキングにしてみました。基本、上位5つの都道府県を示しています。

お楽しみください!

スポンサーリンク

平成23年度 宅建合格率ランキング

古い順に見て行きましょう。まずは平成23年度のランキングから。

順位 都道府県名 合格率
第1位 東京都 17.9
第2位 鳥取県 17.4
第3位 愛知県 17.3
第4位 神奈川県 17.2
第5位 愛媛県 17.2

結果は、東京都がトップ! やはり都会っ子の力は強いのか?と思いきや、2位は地方の代表格とも言えそうな鳥取県が続いています。僅差で、日本3大都市名古屋を擁する愛知県が3位にランクイン。

以降、関東圏の神奈川県、四国の愛媛県が続きました。

平成24年度 宅建合格率ランキング

続いて、平成24年度のランキングです。

順位 都道府県名 合格率
第1位 高知県 18.5
第2位 東京都 18.4
第3位 愛知県 18.1
第4位 千葉県 18.0
第5位 埼玉県 17.4

この年度は、前年ランク外だった高知県がトップ! 地方の力が強いです。でも、東京都も僅差で2位につけています。愛知県はこの年度も3位を死守。

以降、関東圏の千葉県、埼玉県が続いています。

平成25年度 宅建合格率ランキング

平成25年度は、当ブログを書いている Kiryu の受験年度でもありました。さて、ランキング結果や如何に?

順位 都道府県名 合格率
第1位 福井県 20.0
第2位 山形県 17.7
第3位 東京都 17.2
第4位 兵庫県 17.1
第5位 石川県 16.1

なんと福井県が圧倒的! この年度ではかなり高い合格率20.0%を記録しており、2位以降にかなりの差をつけています。何かすごい講師の方が現れたのでしょうか?

2位は山形県でこちらも地方。東京都は3位転落です。以降、僅差で兵庫県が続き、少し空けて石川県が5位にランクイン。

平成26年度 宅建合格率ランキング

平成26年度。この年度が、宅地建物取引「主任者」試験の最後の年となりました。

順位 都道府県名 合格率
第1位 高知県 20.8
第2位 福井県 20.4
第3位 東京都 19.9
第4位 香川県 19.6
第5位 兵庫県 18.4

高知県が再びトップに返り咲き! 第2位には前年度トップだった福井県が続いています。東京都は引き続き3位。

僅差でうどん県香川が4位、神戸市を擁する兵庫県が5位と続きました。

平成27年度 宅建合格率ランキング

平成27年度は、初の宅地建物取引「士」の試験となり、話題になりました。記念すべき最初の1位は?

順位 都道府県名 合格率
第1位 福井県 17.7
第2位 鳥取県 17.6
第3位 香川県 17.5
第4位 東京都 17.1
第5位 愛知県 17.1

福井県が首位奪還! 鳥取県も4年ぶりに姿を現し、2位につけました。そして3位がうどん県香川。なんだかんだで、四国エリアの出現率が高い?

東京都は4位となりましたが、5年間を通して毎回上位にランクされるという抜群の安定感があります。愛知県も再びお目見えしまして、5位でした。

過去5年平均 宅建合格率ランキング

最後に、5年平均を見ておきましょう。

順位 都道府県名 合格率
第1位 東京都 18.10
第2位 福井県 18.04
第3位 愛知県 17.34
第4位 兵庫県 17.20
第5位 高知県 17.06

東京都がトップに来た! さすが、首都東京の実力と言うべきでしょうか。比較的小さな差で福井県が2位。福井は宅建にかなり強い地域だと言えそうです。

後に続いた愛知県・兵庫県・高知県も、安定して高い宅建レベルを保っているということが分かります。

過去5年平均 ワーストランキング

おまけ。やや不名誉なランキングですが5年平均のワーストも見ていきます。

順位 都道府県名 合格率
ワースト1位 山梨県 12.42
ワースト2位 沖縄県 12.64
ワースト3位 佐賀県 12.90
ワースト4位 福島県 12.92
ワースト5位 長野県 13.40

山梨県、沖縄県、佐賀県、福島県が合格率13パーセントを切っており、長野県がそこに続きます。

全体的に、のんび~りしている印象の県が並んでいるように感じます。あまり法律にうるさくない土地柄で、それが宅建への弱さに現れているのでしょうか?

(なお、福島に関しては、平成23年3月に発生した東日本大震災、それに続く原発事故の影響もあるのかもしれません。)

おわりに

あなたの住まう都道府県はランクインしていましたか?

宅建を取りたい人でお金に余裕があるのなら、東京や福井に移住してしまうのもいいかも!

個人的には、福井の強さの秘密が知りたいところです。

以上、都道府県合格率ランキングでした!

コメント