【まとめ】技術士試験 合格率・過去問・解答速報等【平成29年度】

技術士試験の関連情報まとめです!

試験日程、合格率や難易度、過去問の閲覧が可能なサイト、おすすめテキスト・問題集、解答速報サイト、Twitter・2ch・YouTube検索用リンク等をまとめています。

試験前後に気になる情報ばかりを集めました。この記事をシェアもしくはブックマークしていただけると、今後、同じ情報を検索する手間が省けますので効率的です。

合格を手にするその時まで、ふるってご活用ください!

(トピックが多いため、この後に出てくる「目次」を使用し、必要な情報をとっていただければと思います!)

スポンサーリンク

技術士試験の概要と公式サイト

技術士試験は、21の技術部門(機械、船舶・海洋、航空・宇宙、電気電子、化学、繊維、金属、資源工学、建設、上下水道、衛生工学、農業、森林、水産、経営工学、情報工学、応用理学、生物工学、環境、原子力・放射線及び総合技術監理)におけるプロフェッショナル・エンジニアであることを証する国家試験です。

第一次試験に合格することで「技術士補」として登録することが可能になります。第二次試験に合格することで「技術士」として登録することが可能になります。

第一次試験の受験者数は毎年1万人以上、第二次試験の受験者数は毎年2万人以上という人気資格です。

公式のサイトはこちら。

試験地や試験科目、受験資格、受験手続の方法、問い合せ先等の正確な情報は、上記公式サイトで再確認することをおすすめします。

試験日程

今年度の技術士試験の関連スケジュールです。

第一次試験(「技術士補」試験)

実施内容実施日
本試験2017年10月8日(日)
合格発表平成29年12月14日(木)[予定]

詳細は下記ページより「技術士第一次試験実施案内」をご確認ください。

第二次試験(「技術士」試験)

【筆記試験】

実施内容実施日
総合技術監理部門の必須科目2017年7月16日(日)
総合技術監理部門を除く技術部門
総合技術監理部門の選択科目
2017年7月17日(月・祝)
合格発表2017年10月31日(火)[予定]

【口頭試験】

実施内容実施日
本試験2018年11月~2019年1月の間の
あらかじめ通知する日
合格発表2018年3月9日(金)[予定]

詳細は下記ページより「技術士第二次試験実施案内」をご確認ください。

合格率と難易度

合格率を第一次試験・第二次試験に分けて表にまとめました。

第一次試験

第一次試験の合格率は次の通り推移しています(対受験者合格率)。

実施年度合格率
平成2463.3%
平成2537.1%
平成2661.2%
平成2750.6%
平成2849.0%

第一次試験は実施年によってばらつきがあるものの、おおよそ40~50%前後の合格率であると考えられます。資格試験としては、易しくも難しくも無い、一般的なレベルであると言えます。

第二次試験

第二次試験の合格率は次の通り推移しています(対受験者合格率)。

実施年度合格率
平成2413.7%
平成2516.4%
平成2615.1%
平成2714.7%
平成2814.6%

第二次試験の合格率は毎年20%を下回っており、15%前後となっています。資格試験としては難関レベルの難易度であると言えるでしょう。

数値の出典はこちら。

出題基準と出題形式

第1次試験と第2次試験の出題基準・出題形式は次のようになっています。

第一次試験

全科目択一式です。

区分内容解答時間配点
基礎科目科学技術全般にわたる基礎知識を問う問題1時間15点
適性科目技術士法第四章の規定の遵守に関する適性を問う問題1時間15点
専門科目当該技術部門に係る基礎知識及び専門知識を問う問題2時間50点

詳細は下記ページより「技術士第一次試験実施大綱」をご確認ください。

第二次試験

※複雑な内容を単純化して示しています。必ず実施大綱にてご確認ください。

【総合技術監理部門を除く技術部門】

区分内容解答時間配点
必須科目「技術部門」全般にわたる専門知識1.5時間30点
選択科目「選択科目」に関する専門知識及び応用能力2時間40点
選択科目「選択科目」に関する課題解決能力2時間40点
口頭試験受験者の技術的体験を中心とする
経歴の内容及び応用能力、他
20分100点

【総合技術監理部門】

区分内容解答時間配点
必須科目・択一「総合技術監理部門」に関する課題解決能力及び応用能力2時間50点
必須科目・記述「総合技術監理部門」に関する課題解決能力及び応用能力3.5時間50点
選択科目1選択した「技術部門」全般にわたる専門知識1.5時間30点
選択科目2選択した技術部門に対応する「選択科目」関する専門知識及び応用能力2時間40点
選択科目3選択した技術部門に対応する「選択科目」に関する課題解決能力2時間40点
口頭試験「総合技術監理部門」の必須科目に関する
技術士として必要な専門知識及び応用能力、他
40分200点

詳細は下記ページより「技術士第二次試験実施大綱」をご確認ください。

合格基準(ボーダー)

技術士試験の合格基準は、次の通りとなっています。

【第一次試験】

  • 基礎科目:50%以上の得点
  • 適性科目:50%以上の得点
  • 専門科目:50%以上の得点

【第二次試験】

※簡略化して表示しています。

  • 筆記試験:必須科目・選択科目のいずれも60%以上の得点
  • 口頭試験:いずれの試問についても60%以上の得点

詳細は、下記ページをご確認ください。

過去問・出題例を閲覧できるサイト

試験実施団体により過去問が公開されています。

その他、下記の過去問サイトがあります。

技術士試験の合格に向けて、活用しましょう!

おすすめテキスト・問題集・講座など

技術士の試験範囲は広範・多岐に渡りますが、ここでは多くの人が共通して利用している参考書のみを記します。

まず、第一次試験の基礎・適性科目の参考書としてよく利用されているのがEXAMPRESSの『技術士教科書』シリーズです。

次に、第二次試験の全体像を見通すために参考書としてよく読まれているのが『世の中を元気にする 技術士を目指せ』です。

上記書籍をとっかかりとして、受験対策を開始してみてはいかがでしょうか。

解答速報サイト

技術士試験の第一次試験、および第二次試験の択一問題の正答は、試験終了後すみやかに公開されることとなっています。

下記ページをご確認ください。

第一次試験の正答発表:2017年10月16日(月)予定

第二次試験の正答発表:2017年7月24日(月)予定

Twitter・2ch・YouTube動画検索

技術士試験に関する情報は、ツイッター2ちゃんねる、YouTubeでも手に入れることができます。

実際に受験した人の感想や、不適切問題に関する情報など、最新の話題を知りたい方は、下記のツイッター・2ちゃんねる検索用リンクを使用してみてください。

参考 Twitterで「技術士」を検索

参考 Twitterで「技術士補」を検索

参考 2chで「技術士」スレを検索

参考 2chで「技術士補」スレを検索

個人や企業の解説動画等を閲覧したい場合は、下記のYouTube検索用リンクを使用してみてください。

参考 YouTubeで「技術士」を検索(新着順)

参考 YouTubeで「技術士補」を検索(新着順)

合格発表日・合格発表サイト

技術士試験の合格発表日は、上記試験関連スケジュールにてご確認ください。

合格発表日には、合格者の受験番号が掲示されるのが通例です。

下記ページをご覧ください。

おわりに

以上、技術士試験の試験関連情報まとめでした!