【まとめ】賃貸不動産経営管理士 合格率・過去問・解答速報等【平成29年度】

賃貸不動産経営管理士試験(賃貸管理士)の関連情報まとめです!

試験日程、合格率や難易度、過去問の閲覧が可能なサイト、おすすめテキスト・問題集、解答速報サイト、Twitter・2ch・YouTube検索用リンク等をまとめています。

試験前後に気になる情報ばかりを集めました。この記事をシェアもしくはブックマークしていただけると、今後、同じ情報を検索する手間が省けますので効率的です。

合格を手にするその時まで、ふるってご活用ください!

(トピックが多いため、この後に出てくる「目次」を使用し、必要な情報をとっていただければと思います!)

スポンサーリンク

試験概要と公式サイト

賃貸不動産経営管理士は、アパート・マンション等の賃貸不動産の維持管理に関するスペシャリストです。

賃貸不動産経営管理士協議会が実施する資格試験に合格することによって、賃貸不動産経営管理士になることができます。

国土交通省は平成28年8月、賃貸住宅管理業者登録制度を改正しました。それにより、制度に任意で登録する事業者(管理会社)は、事務所ごとに1名以上の賃貸不動産経営管理士を置くことが義務づけられました。

宅建業やマンション管理業のように全ての事業者が登録する制度にすべきだとの声もあり、本制度及び賃貸管理士のあり方からは、今後とも目が離せません。

公式のサイトはこちら。

試験地や試験科目、受験資格、受験料、受験手続の方法、問い合せ先等の正確な情報は、上記公式サイトで再確認することをおすすめします。

試験日程

賃貸不動産経営管理士試験の関連スケジュールです。

実施内容実施日
本試験2017年11月19日(日)
合格発表2018年1月中旬予定

詳細はこちらから。

合格率と難易度

賃貸不動産経営管理士試験の合格率は次の通り推移しています。

実施年度合格率
平成26年度76.9%
平成27年度54.6%
平成28年度55.9%

合格率は、おおむね50%です。ある程度真面目に勉強をすれば合格することが可能な、どちらかと言えば易しいほうの試験であると言えます。

ただし、この試験は2013年に始まったばかりです。現在は合格率を高めに設定し、有資格者を確保している段階であると思われます。今後は合格率は引き下げられるでしょう。

数値の出典はこちら。

出題基準と出題形式

賃貸不動産経営管理士試験は四肢択一で、40問が出題されます。

出題範囲は次の通りです。

  • 賃貸管理の意義・役割をめぐる社会状況に関する事項
  • 賃貸不動産経営管理士のあり方に関する事項
  • 賃貸住宅管理業者登録制度に関する事項
  • 管理業務の受託に関する事項
  • 借主の募集に関する事項
  • 賃貸借契約に関する事項
  • 管理実務に関する事項
  • 建物・設備の知識に関する事項
  • 賃貸業への支援業務に関する事項

詳細については、下記をご確認ください。

過去問・出題例が閲覧できるサイトも、後述しています。

合格基準(ボーダー)

賃貸不動産経営管理士試験の合格基準は次の通りです。(カッコ内の数字は「管理士講習修了者」、つまり講習を受けることで4問免除となっている人の合格基準です。)

実施年度合格基準
平成27年度40問中25問以上
(36問中21問以上)
平成28年度40問中28問以上
(36問中24問以上)

現状では、合格のためには7割程度の正解が必要になっています。

数値の出典はこちら。

過去問・出題例を閲覧できるサイト

公式サイトにて過去問2年分程度の試験問題・正解番号が公開されています。

その他、下記の過去問サイトがあります。

賃貸不動産経営管理士試験の合格に向けて、活用しましょう!

おすすめテキスト・問題集・講座など

賃貸不動産経営管理士はまだ開始されてから年月が浅く、決まった学習法というものはありません。テキスト・問題集をともに利用する方のほか、問題集のみで合格する方、講座を利用する方など、様々です。

テキスト

賃貸不動産経営管理士には公式テキストがあります。

こちらの公式テキストで学習するのが王道であり効率的です・・・と言いたいところですが、実際にはこちらのテキストは評判があまりよろしくありません。

1,000ページを超える厚さがあり、そのわりに試験にはあまり関わりの無い部分も多く、さらには誤った記述や誤植、用語の不統一が散見される・・・というのが主な理由です。

それでも公式テキストを選ぶべきである、という意見もありますが、もう少しコンパクトな参考書で勉強したい方には、『賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト』のような一般のテキストもあります。

公式テキストのおよそ半分のページ数で、内容もよくまとまっています。

それでも500ページはありますので、一読するだけでも時間がかかります。学習スケジュールは余裕をもって立てましょう。

問題集

公式の問題集はありませんので、一般のものを利用します。『賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集』がよく使われています。

現状、合格率は高めの設定であることもあり、問題集だけを繰り返し学習することで合格点を取れるケースもあるにはあります。

全体的な知識の習得よりも、とにかく短期間での合格を優先するという場合には、問題集だけの利用というのも選択肢のひとつです。

講座

まず、忘れてはならないのは試験実施団体が開催している「賃貸不動産経営管理士講習」です。こちらは修了から一定期間、賃貸不動産経営管理士試験の4問免除が受けられるというお土産がついた講習です。受講料を払う余裕のある人は是非受けましょう。

その他の一般の講座として、時間が無くスキマ時間を細かく使いながら学習したい!という方向けの「通勤講座」があります。

スマホで学習が勧められるオンライン講座として、人気が高まっています。

その他、代表的な通信講座としては下記のものがあります。

解答速報サイト

賃貸不動産経営管理士試験の解答速報提供サイト、および公式の解答掲載ページをご紹介します。

日建学院

不動産系資格に強い対策予備校日建学院は、賃貸不動産経営管理士試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

日建学院の解答速報は、下記ページをご確認ください。

LEC

法人向けeラーニングサービスを提供しているLECは、賃貸不動産経営管理士試験の解答速報を2016年度に作成・公開しています。

2017年度については今のところ不明ですが、下記ページをチェックしてみてください。

住宅新報web

住宅系新聞の住宅新報webは、賃貸不動産経営管理士試験の解答速報を毎年作成し、有料で公開しています。

住宅新報webの解答速報は、下記ページをご確認ください。

公式の解答

賃貸不動産経営管理士試験公式サイトにて、公式の解答が公表されます。

下記ページをご確認ください。

Twitter・2ch・YouTube動画検索

賃貸不動産経営管理士試験に関する情報は、ツイッター2ちゃんねる、YouTubeでも手に入れることができます。

実際に受験した人の感想や、不適切問題に関する情報など、最新の話題を知りたい方は、下記のツイッター・2ちゃんねる検索用リンクを使用してみてください。

参考 Twitterで「賃貸不動産経営管理士」を検索

参考 2ch(新名称:5ch)で「賃貸不動産経営管理士」スレを検索

個人や企業の解説動画等を閲覧したい場合は、下記のYouTube検索用リンクを使用してみてください。

参考 YouTubeで「賃貸不動産経営管理士」を検索(新着順)

合格発表日・合格発表サイト

賃貸不動産経営管理士試験の合格発表日は、上記試験関連日程にてご確認ください。

合格発表日には、試験実施団体ホームページにて合格者の受験番号が掲載されるのが通例です。

下記ページをご確認ください。

おわりに

以上、賃貸不動産経営管理士の試験関連情報まとめでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク