30年以上鼻炎・花粉症に悩む私のオススメ薬と対策。緑の箱のアネトンとマスクでくしゃみ・鼻水がピタッと止まる!

がっくり幼児

辛いくしゃみ・鼻水でお困りですか?

実は、私も30年以上、アレルギー性鼻炎+花粉症です。なのでよく分かります。

朝の起きぬけから始まる、度を超したくしゃみ・鼻水。ストレスと疲労の原因にもなりますし、とても辛いですよね。花粉の時期はなおのこと。

でも、私はある市販の鼻炎薬に出会って以来、とても快適に過ごせる日が多くなっています。

今回はその鼻炎薬のご紹介と、合わせて行いたい対処法(対症法)のご紹介です。

スポンサーリンク

オススメ市販薬 アネトンアルメディ鼻炎錠

紹介したいのは、この武田薬品のアネトンアルメディ錠です。

アネトン箱

緑色が印象的な箱。銀の袋の中に、褐色の錠剤が3粒ずつ入っています。

アネトン包

アネトン錠剤

鼻炎・花粉症の薬としてアネトンアメルディ錠が気に入っている理由は、次の3つ。

眠くなりにくい

市販の鼻炎薬は、副作用で眠くなるものが多いです。私は以前、別の鼻炎薬を使っていましたが、服用後、仕事中によく眠気に襲われ、大変な思いをしました。

対照的に、アネトンアルメディは眠くなりにくいのが特徴。

専門的なことはよく分かりませんが、楽天のレビューでも、眠くなりにくいという声がたくさん寄せられています。

少量でよく効く

アネトンアルメディ錠の用量は、1回3錠、1日3回までです。

しかし私の場合、朝1錠飲めば十分夕方まで効いてくれます。少量で十分という点が、次の経済性のところにも関わってきます。

安価で経済的

この薬は、90錠で1,500円程度です。

私は1日1錠しか使わないので、1500円を90日で割り算すると、1日あたりのコストは17円。

わずか17円でその日1日快適に過ごせるのですから、本当に安いものです。

鼻炎・花粉症のオススメ対策

アネトンアルメディ錠は、飲んでから効き目が出てくるまで1時間くらいかかります。飲み薬なので仕方ないですが、効き始めるまで若干時間差があるんですね。

そこで、朝は朝ご飯後にすぐ1錠飲みます。

そして、マスクをして通勤。マスクをしていると、ホコリや花粉による鼻への刺激を軽減できます。そのため、しないときに比べて、くしゃみや鼻水をグッと抑えられ、薬の効きも良くなります。

そして、会社に着くころには薬の効き目が出始めます。

これで1日中、スッキリした気分です! 鼻をかまずに仕事ができる!

ちなみに、マスクは毎日使い捨てなので、たくさん入っていて安いものがおすすめです。私のお気に入りはこちらのBMCフィットマスクです。

BMCマスク箱

男性でも女性でもフィットする、ちょうど良い大きさ。同居している交際相手(女性)もお気に入りです。鼻あての針金も入ってます。

BMCマスク

安物にありがちな、変なにおいも気になりません。

まとめ

幼い頃から、鼻炎・花粉症と闘ってきました。

鼻にシュッと打つ薬も打ちました。
塩水で鼻うがいもやりました。
減感作療法もやりました。
レーザーで粘膜を焼くこともしました。

でも結局、完治はおろか、改善させることもできず(泣)

ならばということで、ここ数年は対症療法としてアネトンアメルディ錠を使っています。毎日気持ちよく過ごせていますよ!

用法等にご注意の上、ぜひお試しください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク