仮想通貨を始めたい?リップル(XRP)がどう考えてもオススメ。ブリッジ通貨の将来性がスゴ過ぎる!

image credit: @ripple

仮想通貨、してますか?

私も今年2017年秋にようやく仮想通貨を初購入しました。これまでに購入した通貨はビットコイン、イーサリアム、オーガー、リップル、ネムの5種類。

実際買ってみたり、調べたりしてみて思うのは、仮想通貨初心者にオススメなのはダントツでリップル(XRP)だなぁ、ということです。

なぜかというと、リップルは将来性に満ち溢れているから。

スポンサーリンク

リップルの魅力は「ダントツの将来性」

仮想通貨にはそれぞれの存在意義・目的がありますが、リップルの存在意義は「国際送金を簡単で楽なものにする」こと。

たとえば日本からアメリカへの送金。今までは、日本の銀行からアメリカの銀行にお金を送る際、円からドルに変換して送金するわけですが、そこには多大な手間と時間がかかっていました。

その手間と時間を削減するために、「円からドル」の間に「リップル」を挟もうじゃないか、というのが、リップルの基本アイデアです。

円→リップル→ドル

円をリップルに変換して、リップルをドルに変換するという流れになります。円とドル、法定通貨と法定通貨の橋渡しをする役目を持つことから、リップルは「ブリッジ通貨」であると言われています。

なぜブリッジ通貨があると手間・時間が削減できるのか?

その具体的で詳細な説明は専門家に譲りますが、、、、

時価総額第四位の仮想通貨リップルとはいったいどういった仮想通貨なのでしょうか?今回は、革新的な海外送金システムを構築しているリップルとは、どんな特徴やメリットがあるのかをご紹介していきたいと思います!
「価値のインターネット」の実現 ripple(リップル)は、全ての通貨と換金可能となるブリッジ通貨を目的としています。外貨準備がリップルだけで済むことによる手数料の安価化に貢献します。 IOU取

自分なりに少し想像するだけでもピンと来ます。

たとえばあなたが日本で銀行を経営していて、他国への送金事業をやっていたとしましょう。

これまでは日本から他国へ送金しようというときは、対ドル変換・送金、対ユーロ変換・送金、対ポンド変換・送金、対ウォン変換・送金、対元変換・送金・・・というように、法定通貨の数だけ異なる送金方法があったわけです。そのため、あなたは送金対応しようと思う通貨の数だけ、他国の銀行と予めパイプを作ったり、具体的な送金の手順について合意しておく必要がありました。

ところが、リップルというブリッジ通貨があれば、円からの変換・送金はリップルに対してのみ。円とリップルの交換準備だけしておけば良いことになります。リップルからドルへの変換・送金は、アメリカの銀行に対応してもらえればいいわけですから。

これを考えただけでも、かなり時間と手間暇が減りそうだなぁと分かりますよね。

世界からアツ過ぎる視線を集めるリップル!

実際、リップルは多くの銀行の注目を浴びて、国際送金の実験に使われだしたりしています。

参考 Googleで「Ripple 送金 実験」を検索

リップルはリップル社というアメリカの企業が発行・運営しているのですが、公式パートナーとなっている銀行も爆発的に増加中。

インターネット決済プロトコル『Ripple』に関する総合情報サイト。公式ドキュメントの日本語訳、リップルをめぐるフィンテック業界の動向などをお届けします。

世界の銀行がこれを使って取引をする未来が間もなくやってくる、と強く感じます。その未来が見通せる人は、リップルを買わずにはいられません。

リップルは、私も愛用している仮想通貨取引所コインチェックで購入できますので、乗り遅れたくない人は是非どうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク