【iPhone】画像をHEICではなくJPEGで保存する方法

新しく購入した iPhone のカメラで撮影をしたところ、画像が JPEG ではなくHEIC という拡張子で保存されていました。

HEIC は iOS 11 以降で標準採用されたようですが、互換性が低いです。Windows などの他の環境で利用するには特別な方法が必要になりますし、WordPress などのブログでも扱いづらい。

そこで、iPhone のカメラの設定を変更し、JPEG 形式で保存する設定に変更してみました。ここではその方法を紹介します。以下、iPhone 7 での方法ですが、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

「設定」をタップ

はじめに「設定」をタップします。

「カメラ」をタップ

次に「カメラ」をタップします。

「フォーマット」をタップ

続けて「フォーマット」をタップします。

「互換性優先」をタップ

最後に「互換性優先」をタップします。

「互換性優先」の右端にチェックマークが入れば完了です。

おまけ:拡張子 HEIC について

ちなみに、「HEIC」という拡張子は必ずしも「ファイル形式の名前」ではないようです。ファイル形式の正式名は HEIF (High Efficiency Image File Format) となっています。

HEIF 形式の画像(つまり拡張子が .heic の画像)は、JPEG 形式に比べるとファイルサイズが小さくなります。そのため、画像をたくさん撮る人にとっては、HEIF 形式が適している場合があります。ストレージの節約になりますからね。

とはいえ、画像を編集して色々な用途に利用する人にとっては、「ファイルサイズが大きいこと」よりも「互換性が低いこと」のほうが圧倒的に問題になってしまいますよね。

サクッと JPEG 保存に切り替えて、画像編集を楽しみましょう♪

この記事はあなたのお役に立ちましたか? よろしければ、SNS やブログ等でご紹介をお願い致します。

情報を必要としている一人でも多くの人に読んでいただき、「良かった!」「助かった!」と思ってもらうのが私の願いです。

あなたのお力をお借りできれば嬉しく思います。

コメントや質問・要望なども励みになりますので、お手すきの際にお寄せくださいませ。

お読みいただき、ありがとうございます(*^o^*)

【雑記】その他
Kiryuをフォローする
スポンサーリンク
キリュログ

コメント