平成29年度情報処理安全確保支援士試験 解答速報・合格発表サイト等まとめ

平成29年4月16日(日)に実施される情報処理安全確保支援士試験(春期試験のみ実施)の解答速報サイト等まとめです。

解答速報サイトのほか、Twitter・2ch 検索用のリンクや、合格基準点に関する情報、合格発表日・発表サイトの情報を載せています。

試験前後にきっと必要になる情報を集めました。シェア・ブックマークしていただくと、同じ情報を繰り返し検索する手間が省けますので効率的です。

ご活用ください!

スポンサーリンク

解答速報サイト

情報処理安全確保支援士試験の午前I試験・午前II試験(いずれも多肢選択式)については、試験日当日中に公式サイトに解答が掲載されます。

午後I試験・午後II試験(いずれも記述式)の解答もいずれは公式サイトに掲載されますが、できるだけ早く解答を手に入れたい場合は、他の団体が提供している解答速報を利用すると良いでしょう(後述)。

公式の解答

試験実施団体であるIPAの公式の解答は、下記ページに掲載されます。「新着情報」をご確認ください。

情報処理推進機構(IPA)の「情報処理技術者試験」「情報処理安全確保支援士試験」ページです。

iTAC

iTACは、情報処理技術者関連試験の勉強会です。

iTAC は、情報処理安全確保支援士試験の午前II試験(多肢選択式)、午後I試験(記述式)の解答速報を作成しています。下記に掲載されます。

上記トップページ左側メニューより「解答例速報」>「情報処理安全確保支援士(SC)」に進んでください。

またはこちら。

午前II試験の解答速報は、試験当日の18:00発表予定です。

2017/04/16追記:午前試験の解答速報が公開中!

午後I試験の解答速報は、試験当日の18:00発表予定です。

2017/04/16追記:午後I試験の解答速報が公開中!

午後II試験の解答速報は、試験当日の19:00発表予定です。

アイテック

アイテックは、情報処理技術者の人材育成を行っている企業です。

アイテックは午後I試験(記述式)の解答速報を作成・公開しています。こちらに掲載されます。

本試験の解答速報と自身の試験結果が確認できる自動採点サービスを本試験当日より無料で誰でも利用できる。IT人材教育は株式会社アイテック。これまで8,000団体、90万人以上の学習をサポート。

公開予定日は、2017年4月19日(水)です。

Twitter・2ch 検索用リンク

情報処理安全確保支援士試験に関する情報は、ツイッター2ちゃんねるでもやり取りされています。

実際に受験した人の感想や、不適切問題に関する話題など、最新の情報を知りたい方は、下記リンクを使用して検索してみてください。

Twitterで「情報処理安全確保支援士」を検索

Twitterで「情報処理安全確保支援士試験」を検索

2chで「情報処理安全確保支援士」スレを検索

合格基準

情報処理安全確保支援士試験の合格基準についておさらいしましょう。

合格基準の前提として、午前I試験・午前II試験・午後I試験・午後II試験はいずれも100点満点です。

合格基準は、午前I試験・午前II試験・午後I試験・午後II試験それぞれ60点以上となっています。

全ての区分で合格基準以上をとることにより合格となります。

合格発表日・発表サイト

合格発表日については現在のところ不明ですが、試験日から2ヶ月後が目安となります。

合格発表は、IPA のサイト上に合格者の受験番号を掲載することにより行われます。下記ページの「合格者受験番号一覧」をご確認ください。

情報処理推進機構(IPA)の「情報処理技術者試験」ページです。

別途、合格者に対しては合格証書が発送されます。また、官報においても合格者の受験番号が掲載されます。合格証書発送日・官報公示日については、下記を参照してください。

情報処理推進機構(IPA)の「情報処理技術者試験」ページです。

おわりに:お疲れ様でした

長きにわたる受験勉強、神経を使う受験当日、大変お疲れ様でした。

さて、この「情報処理安全確保支援士」という新しい資格試験を受験したあなたは、既にご存じの通りかと思いますが…

この資格、合格後に維持していくのに非常にお金がかかります。具体的には、年1回のオンライン講習の受講に2万円程度、3年に1回の集合講習の受講に8万程度がかかるので、3年間で15万円もの大金が必要です。

会社が出してくれるなら良いですが、自分で資格の面倒を見ようと思うと大変すぎます。。。

金銭面で不安だなぁ・・・と思う方には、息抜きの意味も含めて、以下の「お金を増やす」本をご紹介します。

↑お金の増やし方の超入門本。安全・簡単な「お金の増やし方」の具体例を紹介。

↑5年で4億円の資産を作った30代の著者に学ぶ「お金に働いてもらう」技術と、「お金が入ってくる仕組みを作る」技術

↑ブラック企業で働き、年収も300万円台半ばにとどまっていた著者が、いかにして年収1億5000万円を稼ぎ出すようになったかという話。

これだけ読めば、資格取得後数年以内にはお金持ちになり、資格維持は簡単どころか、維持する必要さえなくなっているかもしれません(≧▽≦)

Kindle 無料サンプルも提供されていますので、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク