【まとめ】情報処理安全確保支援士 合格率・過去問・解答速報等【平成29年度春・秋】

情報処理安全確保支援士試験(セキスペ)の関連情報まとめです!

試験日程、合格率や難易度、過去問の閲覧が可能なサイト、おすすめテキスト・問題集、解答速報サイト、Twitter・2ch・YouTube検索用リンク等をまとめています。

試験前後に気になる情報ばかりを集めました。この記事をシェアもしくはブックマークしていただけると、今後、同じ情報を検索する手間が省けますので効率的です。

合格を手にするその時まで、ふるってご活用ください!

(トピックが多いため、この後に出てくる「目次」を使用し、必要な情報をとっていただければと思います!)

スポンサーリンク

情報処理安全確保支援士試験の概要と公式サイト

情報処理安全確保支援士は、サイバーセキュリティ対策の企画・要件定義・開発・運用・保守・分析・評価・指導・助言等を行うスペシャリストです。

ネットワークやシステムを悪用したサイバー犯罪の手口が年々高度なものとなる中、情報技術分野において安全確保を専門とする人材のニーズが高まっています。

本試験に合格すると、情報セキュリティに関する知識と実践力を客観的に証明することができます。

公式のサイトはこちら。

試験地や試験科目、受験資格、受験料、受験手続の方法、問い合せ先等の正確な情報は、上記公式サイトで再確認することをおすすめします。

試験日程

今年度の情報処理安全確保支援士試験の関連スケジュールです。

春期試験

今年度の春期試験は終了しました。

秋期試験

実施内容実施日
本試験2017年10月15日(日)
合格発表試験日より約2ヶ月後

詳細はこちらから。

合格率と難易度

情報処理安全確保支援士試験の合格率の推移は次のようになっています。

受験年度合格率
平成2413.8%
平成2513.9%
平成2614.0%
平成2715.6%
平成2814.9%

おおむね14%前後で推移しています。難関レベルの国家試験です。

数値の出典は、下記ページの「推移表」です。

出題基準と出題形式

情報処理安全確保支援士試験は、大きく「午前試験」と「午後試験」に区分されており、それぞれに対して出題範囲が設定されています。

さらに、実際の試験では午前試験はIとIIに、午後試験もIとIIに区分されます。

午前I・II

試験区分出題数制限時間出題形式
午前I30問50分四肢択一式
午前II25問40分四肢択一式

午前I・II試験の出題範囲は次の通りです。

  • データベース
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • システム開発技術
  • ソフトウェア開発管理技術
  • サービスマネジメント
  • システム監査

なお、午前I試験の内容はその他の高度試験と共通となっています。また、応用情報技術者試験に合格している等、一定の条件を満たすと、午前I試験は免除を受けることができます。

午後I・II

試験区分出題数制限時間出題形式
午後I3問中2問選択90分記述式
午後II2問中1問選択120分記述式

午後I・II試験の出題範囲は次の通りです。

  • 情報セキュリティシステムの企画・要件定義・開発・運用・保守に関すること
  • 情報セキュリティの運用に関すること
  • 情報セキュリティ技術に関すること
  • 開発の管理に関すること
  • 情報セキュリティ関連の法的要求事項などに関すること

出題範囲についてより詳細な情報が必要な場合は、下記ページにて「出題範囲」のPDFをご覧ください。

過去問・出題例が閲覧できるサイトも、後述しています。

合格基準(ボーダー)

情報処理安全確保支援士試験は、午前I試験・午前II試験・午後I試験・午後II試験はいずれも100点満点です。

合格基準は、午前I試験・午前II試験・午後I試験・午後II試験それぞれ60点以上となっています。

全ての区分で合格基準以上をとることにより合格となります。

詳細は、IPAの試験要綱をご確認ください。

過去問・出題例を閲覧できるサイト

公式サイトにて過去問が公開されています。解答・講評付きです。

(↑情報処理安全確保支援士は、平成28年秋以前は「情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)」という名称でした。該当年以前の過去問を閲覧する際は留意してください。)

その他、下記の過去問サイトがあります。

情報処理安全確保支援士試験の合格に向けて、活用しましょう!

おすすめテキスト・問題集・講座など

情報処理安全確保支援士は、平成29年春から始まった新しい試験です。そのため、「評判が良く合格に近づけるテキスト・問題集」といったものがそれほど明らかではありません。

しかしながら、本試験が旧「情報セキュリティスペシャリスト試験」を引き継いだ試験であることを考慮すると、基本的には旧試験や他の高度試験と同様の方針で対策を進めていくのが良いでしょう。具体的には、次のようなものです。

  • 午前I・午前II試験は過去問で対応する(午前I試験はできるだけ免除制度を利用する)
  • 難度がアップする午後I・午後II試験は、該当試験のテキストを用意して対策する

次の翔泳社のテキストは、過去問4回分の試験解説がダウンロードできる特典がついています。

午前対策・午後対策の両方に使用できます。

経済的に余裕のある人は、資格対策講座が提供している通信講座の利用も検討してみましょう。

解答速報サイト

情報処理安全確保支援士試験の解答速報提供サイト、および公式の解答掲載ページをご紹介します。

TAC

資格対策予備校のTACは、情報処理安全確保支援士試験の解答速報(午後I・午後II)を毎年作成・公開しています。

TACの解答速報は、下記ページをご確認ください。

iTAC

情報処理技術者関連試験の勉強会iTACは、情報処理安全確保支援士試験の解答速報(午前II試験・多肢選択式、午後I試験・記述式)を毎年作成・公開しています。

iTACの解答速報は、下記ページをご確認ください。

左側メニューより「解答例速報」>「情報処理安全確保支援士(SC)」に進んでください。

アイテック

IT人材育成会社のアイテックは、情報処理安全確保支援士の解答速報(午後I試験・記述式)を毎年作成・公開しています。

アイテックの解答速報は、下記ページをご確認ください。

公式の解答

情報処理安全確保支援士の公式の解答は、午前試験(多肢選択式)については試験日当日中に公式サイトに掲載されます。

午後試験(記述式)についても、後日、公式サイトにて掲載される予定です。

下記ページをご確認ください。

Twitter・2ch・YouTube動画検索

情報処理安全確保支援士試験に関する情報は、ツイッター2ちゃんねる、YouTubeでも手に入れることができます。

実際に受験した人の感想や、不適切問題に関する情報など、最新の話題を知りたい方は、下記のツイッター・2ちゃんねる検索用リンクを使用してみてください。

参考 Twitterで「情報処理安全確保支援士 OR セキスペ」を検索

参考 2ch(新名称:5ch)で「情報処理安全確保支援士 OR セキスペ」スレを検索

個人や企業の解説動画等を閲覧したい場合は、下記のYouTube検索用リンクを使用してみてください。

参考 YouTubeで「情報処理安全確保支援士試験 OR セキスペ」を検索(新着順)

合格発表日・合格発表サイト

情報処理安全確保支援士試験の合格発表日は、上記試験関連スケジュールの通り、試験日より約2ヶ月後が目安となっています。

合格発表は、IPA のサイト上に合格者の受験番号を掲載することにより行われます。下記サイトをご確認ください。

別途、合格者に対しては合格証書が発送されます。また、官報においても合格者の受験番号が掲載されます。合格証書発送日・官報公示日については、下記を参照してください。

おわりに

以上、情報処理安全確保支援士試験の試験関連情報まとめでした!