ただ前に進むしかない件。

あまりにも回り道をし過ぎたし、好き勝手をし過ぎたと思う。

大学生の頃。私は就職活動をしなかった。周りの人達はそういう活動をしていたのだと思うが、自分にはやりたい仕事や働いてみたい場所なんて無かった。ただ、やってみたいと思う研究があったので、進学をした。

大学院という場所で、自分のやりたいことを追及した。学校も周りも支援してくれたので、何年も自分のやりたい事だけを続けた。楽しく充実した青春時代だった。

できることなら研究で食っていきたいという思いもあった。しかし、能力及ばず、情熱も保つことができず、断念。

その後社会に出た(サラリーマンとして働き始めた)が、うまくなじめなかった。4年で3社を辞めた。

早、33.5歳だ。こんな生き方をしてきたから、今の年収は年齢から期待されるほどの水準には全く届いていない。かろうじて食うに困らない程度だ。

この先結婚したり、子どもを持ったりという夢も見るが、一体どうなることだろう・・・?

少しの希望があるとすれば。

20代の頃、私は自分がやっていることを「お金につなげる」ということを全く考えていなかった。マネタイズという概念を知らなかったし、そんなことはどうでもよかった。自分の知的欲求が満たせればそれで良いと思っていたから。

しかし社会に出て、奨学金への依存もできなくなり、完全に自分の力で生活を始めてからというもの、私はお金で非常に苦しめられることとなった。24時間365日抱え込まなければならない重荷としての「お金」が、私にのしかかってきた。

それもあり、ここ2年ほどは、お金を作るということを真剣に考えるようになった。といっても、私には元手があるわけでもなく、素晴らしいアイデアや技術があるわけでもない。私は、たとえそうであっても気軽に始められる「ブログ」を始めた。

当初は全くお金にならなかった。時間と労力だけが空気中に溶けて消えていった。しかし、1年を過ぎた頃から、状況の変化が目に見えて現れた。収益が生まれるようになってきたのだ。近頃は、調子の良いときで月数万円のお金を生み出してくれるようになった。

こんなふうに自分の力でお金を稼ぐことができるなんて、凄い。外へ出て会社という場所で他人の命令に従って働かなくても、自分で考えて行動することでお金が手に入る。私はようやくマネタイズのことを少し理解したし、面白いと思うようになった。

俺だって、やればできるのかもしれない。

この先、色々な不安はあるけれど、この方法をなんとか伸ばしていこう。2年で月数万円を作れるようになったなら、これを育ててもっと大きな花にすることは、きっとできる。

ひとまず目指すは月10万円、その次は月20万円。月30万円くらいになったら、本業にできるかな? そこまで行けるのかどうかは全く分からない。私より後にブログを始めて、とうの昔にそのレベルに行ってしまった人もいるが、私は上手くやれるほうではないらしい。

でもこの希望に賭けて、毎日少しずつ踏みしめ、積み上げていきたい。

いつかお金という呪縛から解放される日を夢見て、胸に刻み込もう。

ただ前に進むしかない件。