予算控えめのワンタッチテント「キャンパーズコレクション サンシェード3人用」海・公園での利用に最適!フルクローズもメッシュ窓も。女性でも組み立て・片付けが簡単

奈良県在住のカヤといいます。

友人たちと一緒に海に行くことになったので、ワンタッチテントを購入することにしました。

まだ1度もテントを買ったことがないので、どういうものがいいのかわかりませんでしたが、アマゾンで探した結果・・・

「キャンパーズコレクション カーテン付ワンタッチサンシェード3人用(クッション2枚付き)」を購入しましたので、ご紹介します!

スポンサーリンク

【商品概要】キャンパーズコレクションのワンタッチテントを選んだ理由

こちらのテントの特徴で特に気に入ったのが、UVカット率が97%と高いこと。海に行くために購入するので、これは一番重要でした。

本体サイズは、幅200×奥行150×高さ130cm。3人用のゆったりサイズです。

ワンタッチ式で簡単に設置できるようです。キャリーバッグ型のケースに収納できて、重さは2.5kgと持ち運びしやすそうなのも、よかったです。

キャビン型フレームで、頭上の圧迫感も少なそうです。写真で見ても単純な三角形のフレームのものよりも、ゆったりして見えます。

有名アウトドアブランドのものだと、同じような商品でも数万円します。年に数回しか使わないものなので、そんなに予算はかけられません。

こちらは安めで、アマゾンでの評価も高かったのが購入の決め手でした。

【商品感想】3,000円台なのに、収納ケースからメッシュ窓まで!驚きの機能性

これにしてよかったです!

海に行ったとき、想定していなかったのですが、ゴツゴツした大きめの石が多い砂浜でした。床面が薄い生地なので、石の硬さがダイレクトに伝わってきます。

ですので、収納ケースが2つに分かれて、弾力性のあるクッションになったのは、とても助かりました。

厚み約1センチの、しっかりとしたクッション材が入っているようです。

海岸の砂浜では影もなく、日差しがとても強かったのですが、さすがUVカット率97%、遮光率95%!中に入れば涼しく過ごせました。体感温度が全然違います。

後ろの窓はメッシュ窓にもできるので、風通しもちょうど良いです。

スクリーンで窓や入口の全てを隠すこともできます。中で着替えをできるのでいいですね。

外から見えない状態で、授乳やおむつ替えも気兼ねなくできるので、赤ちゃんがいる人にもおすすめです。

広さも十分です。大人2人と子供1人で、ゆったりくつろげました。大人が、足を伸ばした状態で寝転がることもできます。

外側の四隅にはペグをさせる穴があるので、付属の金属製のペグをさして固定することも可能。

内側天井に取り外し可能のメッシュ棚がついているので、小物を置くことができます。

ただ、強風でテントが傾いたとき、ちょっとテントを移動させたいときなど、棚からものが落ちてしまう可能性があります。カメラなど落下しては困るものは置かないようにしましょう。

重いドリンクなども避けたほうがいいでしょう。わたしも、テントの移動中にドリンクがすべり落ちてしまいました。

ではこのメッシュ棚には何を置くのがいいのでしょうか?

まだ夜のキャンプには使用したことがないのですが、この商品のようなランタンを置くと、テント全体が明るくなっていいのかもしれません。工夫次第で、ただの小物置き以上の使い方ができそうです。

購入前に、1番不安だったのは、組み立てや片付けが大変だったりしないか?ということです。

実際にやってみると、女性一人で組み立てるのに30秒、片付けるのには1分10秒と、あっと言う間でした。

ワンタッチテントなので組み立てが早くできるのは当然かもしれません。でも片付けまで簡単なのはありがたいです。

ここでどんなふうに片付けるのかを、ざっと紹介します。

準備:まず収納ケースをクッションとして使っていたら、ファスナーを合わせてバックの状態に戻しておきます。

STEP1:片付ける人は立ったまま作業します。2本のワイヤーを近づけて1枚の板のようにします。この時に、布を折りぐせのついているところで、ワイヤー2本の内側に折り込むようにすると、後できれいだと思います。きれいに折り込まなくても、片付けるのは可能です。

STEP2:胸の前で、ワイヤーの出っ張っているところを左右それぞれの手でもって、内側に向かって押していきます。

STEP3:ワイヤーにクセがついているので勝手にスルスルと丸まっていきます。収納ケースの大きさぐらいまで小さくなったら、ケースの中に入れて、出ている布を押し込みながらファスナーを閉じていきます。作業している本人でも、どのように丸まっていっているのかよく理解できないのですが、でもちゃんと折り畳まれていくので大丈夫。

ここまでで1分10秒でした!

【おわりに】これからは紫外線を避けつつ、レジャーをもっと楽しめそう!

今まではこのようなテント(サンシェード)を持っていなかったので、レジャーに出かける際、日焼け対策と荷物置きをどうしようかと思っていました。

でもこれがあれば、紫外線の強い季節のレジャーも安心です。

持ち運びもしやすい形状なので、これからも海やプール、公園遊びなどいろいろな場面で使用していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク