「続けられる仕事」から「続けたい仕事」へ。仕事と人生のネクストステージへ進むということ。

to the next stage

私はこれまで、それほど長くない期間に3社を渡り歩いてきました。

最初の会社はゴリゴリの営業会社。ブラックそのもので、とてもまともではありませんでしたので、半年で退職。

2番目の会社は、不動産の管理会社です。色々と勉強になることもあり、そのまま続けるのも不可能では無かったのですが、細かい点で「何だかなぁ」と思うところがあり、ストレスを感じていました。

私は間もなく現在の会社を辞めることになっている。この退職は私から願い出たもので、もう覆ることはない。辞めることにした理由はい...

勤めながらこっそりと転職活動をしたところ、ある会社から内定をもらったので、2年ちょっとで退職。

3社目は現在の会社です。都会の綺麗なオフィスビルに入ったIT企業。不満らしい不満は、無いといえば無いのですが、最近思うところがあるのです。

スポンサーリンク

会社辞めたいなぁ…

またぞろ「会社辞めたい」という思いがふつふつと湧いてきました。笑

私は飽きっぽい性格なので、ある程度こういうことになるとは予想はしていたんですけどね!

でも、以前の会社にいたときとは、ちょっと感情の抱き方が変わっています。

単に「このままここに居続けたら、自分が自分でなくなる!死ぬ!逃げなくては!」みたいな気分ではありません。

この会社に居続けることはできる

私は、業界未経験で入社したこともあり、まだまだスキルが足りていません。なので日々、勉強中の身でもあります。

会社はそんな私を温かく見守ってくれています。ありがたいことに。

そして、今回の会社は毎日ほぼ定時で帰れますし、昼の休憩も十分とれますし、土日も何の邪魔も無く休めます。

雇用条件の面で不当だと思えることが何も無い。

だから、私はこの会社での仕事をずっと「続けられる」んですよね。たぶん。

5年後、10年後もこの会社に居ようと思えば、おそらく居られる。何年も先の未来の自分が想像できることは、以前勤めていた会社では無かったことです。

継続して勤められる職に就けたことはありがたい。

でも、「何か満たされないなぁ」って思うようになっています。

月曜から金曜まで、毎日8時間働いて、やっぱり、ちょっと違うなと。

「続けたい」かどうか

良い会社に入れたのに、満足できないのはなぜだろうと考えたとき、分かったことがありました。

それは、この仕事は続けられる仕事ではあるけど、続けたい仕事ではないということです。

持続可能性のある仕事ではある。でも、持続欲求は大して無い。

つまり、本当に自分がやりたいことは、別にあるんですよね。

次なるステージへ

本当に自分がやりたいことは、実はもう見えています。

私は、その仕事なら一日中時間を忘れてしまうくらいに取り組めるので、その仕事が私にとって「続けたい仕事」です。

今は副業的にそれをこなしているだけなのですが、まぁ、まだまだ食えるレベルには至っていません。

でも、数年後には必ず… と虎視眈々と狙っています。

今の仕事は、生活のためにもうしばらくの間辞めるわけにはいかなそうですが、私は確実に「以前のステージ」から脱して、「今のステージ」に来ることができ、そして「次のステージ」に向かい出したんだな、と感じています。

続けられない仕事をしている。
(過去の自分…)

続けられる仕事をしている。
(今の自分)

続けたい仕事をしている。
(未来の自分!)

あなたはどのステージにいますか? 現状から飛び出す予定は、ありますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク