通勤講座「宅建士」収録問題数は?→全部で紙の問題集約3冊分!

宅建士 通勤講座に「ドはまり」している通勤講座オタクのKiryuです\(^o^)/

通勤講座を購入すると、次の3つの問題集が付属してきます(2018年現在)。

  • 通勤問題集(一問一答の問題集)
  • セレクト過去問集(過去の本試験から重要問題をセレクト)
  • 11年分テーマ別過去問集(過去問11年分をテーマ別に整理)

それぞれの使い勝手や雰囲気は、以前書いたレビュー記事を参照してもらうとして・・・

先日通勤講座「宅建士」の無料講座を試してみたKiryuです!先日の記事はこちら。今回は上記の改訂新版です。お...

ちょっと気になったのですが、各問題集はそれぞれ何問くらい収録されているのでしょうか?

言い換えると、「スマホで宅建士の問題が解けるのはいいけど、紙の問題集何冊分くらいあるのかな?」ってことでもあります。

「買ったはいいけど問題が少なかった」じゃ、意味無いですし…

実は、宅建士通勤講座の収録問題数は、実際に通勤講座を購入して、各問題集を開いて数えなければ分かりません。

「そうなんだ。じゃ、お前が数えろよ!」

皆さんの声が聞こえた気がしました・・・(≧▽≦)

ええ、宅建士合格を目指す皆様のために、私が数えましょう!

「通勤問題集」「セレクト過去問集」「11年分テーマ別過去問集」それぞれの問題数を、以下でご確認ください!

スポンサーリンク

「通勤問題集」の問題数

通勤問題集の収録問題数は、結論から言うと519問です。

519問ということは、紙の問題集で言うと『わかって合格る宅建士 一問一答セレクト600』1冊分と同じくらいですね。

上記の問題集は600問なので、通勤問題集のほうが80問少ないですが、おおよそ一問一答問題集1冊分と思ってもらえればいいかと思います。

以下、数え上げた際のデータです。

「宅建業法」分野

レッスン問題数
宅建業法の全体像9
免許制度16
取引士15
保証金制度17
媒介・代理契約と広告の規制12
重要事項の説明13
契約と業務上の規制10
自ら売主制限16
報酬の制限8
監督処分・罰則と住宅瑕疵担保履行法16
合計132

「法令上の制限」分野

レッスン問題数
法令上の制限の全体像、都市計画法114
都市計画法230
建築基準法17
建築基準法215
建築基準法324
国土利用計画法19
農地法22
土地区画整理法16
宅地造成等規制法とその他の法令16
合計163

「権利関係」分野

レッスン問題数
契約と行為能力・意思表示10
代理10
弁済・相殺・時効10
物権12
担保物権(物的担保)12
人的担保10
売買契約110
売買契約210
賃貸借その他・不法行為10
相続10
借地借家法1(借地)10
借地借家法2(借家)10
区分所有法10
不動産登記法10
合計144

「税その他」分野

不動産取得税と固定資産税17
譲渡所得税12
印紙税、登録免許税、贈与税12
地価公示と鑑定評価14
5問免除科目25
統計問題
合計80

132+163+144+80=519

「セレクト過去問集」の問題数

セレクト過去問集の収録問題数は、結論から言うと306問です。

306問ということは、紙の問題集で言うと『みんなが欲しかった! 宅建士の問題集 本試験論点別』を1冊とだいたい同じ感じですね。

上記の問題集は、過去問から290問を厳選しているので、通勤講座のセレクト問題集と同程度のボリュームです。むしろセレクト問題集のほうが少し多いくらい。

セレクト過去問集は、このような厳選タイプの過去問集1冊分と思ってもらえればいいかと思います。

以下、数え上げた際のデータです。

「宅建業法」分野

レッスン問題数
宅建業法の全体像6
免許制度10
取引士10
保証金制度9
媒介・代理契約と広告の規制10
重要事項の説明11
契約と業務上の規制12
自ら売主制限14
報酬の制限8
監督処分・罰則と住宅瑕疵担保履行法10
合計100

「法令上の制限」分野

レッスン問題数
法令上の制限の全体像、都市計画法16
都市計画法29
建築基準法12
建築基準法26
建築基準法312
国土利用計画法8
農地法9
土地区画整理法10
宅地造成等規制法とその他の法令8
合計70

「権利関係」分野

レッスン問題数
契約と行為能力・意思表示8
代理6
弁済・相殺・時効5
物権8
担保物権(物的担保)9
人的担保3
売買契約15
売買契約29
賃貸借その他・不法行為9
相続6
借地借家法1(借地)6
借地借家法2(借家)6
区分所有法7
不動産登記法6
合計93

「税その他」分野

レッスン問題数
不動産取得税と固定資産税8
譲渡所得税3
印紙税、登録免許税、贈与税7
地価公示と鑑定評価8
5問免除科目17
統計問題
合計43

100+70+93+43=306

「11年分テーマ別過去問集」の問題数

11年分テーマ別過去問集の収録問題数は、結論から言うと561問です。

11年分ということなら50問×11年分=550問かと思いましたが、11問多い?(^_^;) なぜだろう・・・

はっきりとしたことは分かりませんが、1つの問が2つ以上のテーマに関わっている場合もあるので、そのあたりが関係しているかもしれません。

ご存じのように、市販の紙の宅建過去問集の中には、先に触れたような「厳選型」ではなく何年もの問題を全て収録した「網羅型」と言うべきものがあります。

たとえば、『わかって合格(うか)る宅建士 過去問12年PLUS(プラス)』は網羅型の過去問題集です。

12年分問題集に比べると、通勤講座のテーマ別過去問集は1年分少ないですが、おおよそ、市販の網羅型過去問題集1冊と同程度のボリュームと考えていただければいいかと思います。

以下、数え上げた際のデータです。

「宅建業法」分野

レッスン問題数
用語の定義6
免許20
宅地建物取引士13
営業保証金10
宅地建物取引業保証協会11
重要事項説明21
37条書面19
媒介契約24
業務上の規制32
自ら売主制限39
監督・罰則13
住宅瑕疵担保履行法8
合計216

「法令上の制限」分野

レッスン問題数
都市計画法23
建築基準法22
農地法11
宅地造成等規制法11
土地区画整理法11
国土利用計画法・その他の法令上の制限12
合計90

「権利関係」分野

レッスン問題数
制限行為能力者制度5
意思表示5
代理8
時効、条件・期限5
物件変動7
占有権・所有権・用益物権5
抵当権・根抵当権12
抵当権以外の担保物権4
債権の消滅3
債務不履行・解除・債権者代位権・詐害行為取消権8
連帯債務・保証債務4
債権譲渡4
売買7
賃貸借5
借地権10
借家権12
売買・賃貸借以外の契約4
相続11
不法行為・不法利得8
区分所有法11
不動産登記法11
判決文・条文16
合計165

「税その他」分野

レッスン問題数
不動産取得税・固定資産税10
印紙税・登録免許税7
所得税・相続税・贈与税7
地価公示・鑑定評価11
住宅金融支援機構11
景品表示法11
土地・建物22
統計11
合計90

216+90+165+90=561

収録問題数まとめ

以上、宅建士通勤講座の収録問題数を見てきました。

まとめると次のようになります。

問題集名問題数
通勤問題集519問
セレクト過去問集306問
11年分テーマ別過去問集561問

それぞれ、紙で販売されている「一問一答集」「厳選型過去問集」「網羅型過去問集」と同じ程度のボリュームがあるということも、分かっていただけたのではないかと思います。

これは見方を変えると「宅建士通勤講座を購入すれば、3冊の問題集が一気に手に入る」ということでもあるんです。

そのあたりのことは、次の記事で改めてお話しようと思います。

宅建士試験高得点合格者のKiryuです♪突然ですが、「宅建士通勤講座はコスパが良い」そんな話を耳にすることが...

では!

スポンサーリンク
スポンサーリンク