『20代で隠居 週休5日の快適生活』をする前に考えたい事。あなたに愛する人はいますか?その人を守れますか?

隠居リス

毎日汗水たらして働いても、生活はなかなか豊かにならないし、ストレスにさらされて心も体も疲れ気味。

それならば、いっそ極限まで仕事をしない生活に切り替えて、隠居生活をすればいい!

確かにそんな生き方も良いかもしれません。でも、もし私の知り合いがそうすると言いだしたら、いやちょっと待て、考え直せ、って言うと思います。

大原扁理さんの著作『20代で隠居』を読みまして、そんなことをつらつらと考えましたので、書いていきます。

スポンサーリンク

『20代で隠居 週休5日の快適生活』の内容

著者は20代にして「隠居」生活を始めたという男性です。

1ヶ月の生活費は家賃・水光熱費・食費・交際費等全部あわせて7万円台とのこと。住んでいる場所が東京なのにこの金額というのは確かにちょっと驚きです。

生活費がそれだけなので、著者は週に2日間しか働いていません。あとの5日はのんびり生活。

朝はラジオ体操から始まります。食事の際はトーストやうどんや野草等の粗食を食べ、残った時間は図書館で借りてきた本で読書でもして過ごします。たまに小旅行とか友人とランチとか。

年収は100万円以下だけど、ストレスフリーな日々で心も体も健康です。確かにうらやましい。こういう生き方もあるのね、ということを知る意味では面白い本です。

「隠居ってイイ!」という気持ちは分かる

貧乏生活

ここで私の学生時代を振り返ってみます。実は20代の半分以上をエアコンの無いオンボロ寮の部屋で過ごしました。

当時はとにかくお金が無く、かなり生活レベルを落として暮らしていました。真夏は暑くて眠れず、真冬も寒くて寝れないのが悩みでした(笑)。

そんな貧乏生活も結構楽しかったので、著者が質素な隠居生活を良いものと感じる心情はよく分かる気がします。

でも、著者が言うような隠居生活を私や私の近しい人がこれから始めるとしたら、どうか?

「守りたい大切な人」を捨てますか?

故郷

私には守りたい人がいます。故郷の家族と恋人です。

彼らが病気になったり困窮したりしたら、私は彼らにできる限りのことをしてやりたいと思うことでしょう。そのためにはお金が必要で、お金を稼ぐには日頃一定の職に就いて、日々の糧を得ながら蓄えをしておくのが得策であると思います。

そうでなければ、ある日突然守るべき人のためにお金が必要になったとしても、何もできることがありません。きっと、のほほんと隠居生活をしていたことを物凄く後悔することでしょう。少しでもたくさん働いて、貯金しておけばよかったと悔やむことでしょう。

私が過去に長らく送っていた低レベル生活を脱して、社会に出てできちんと働こうと決めたのも、そういう事態を想像するようになったからでした。

この種の隠居生活というのは、大切な人がいないか、大切な人を守りたいときに守れないことへの覚悟を持っているのでなければ、到底達成することができないんです。

だから、私はこの先隠居はできないし、する気にはなれません。そして、誰か私の知人が隠居生活をしたいと言い出したら、「いざというとき大切な人を守れないけど、それでもいいの?」と諭すと思います。

なお、著者がそのあたりをどう考えているのかは、不明です。この本の中に、著者の家族や恋人の話はほぼ出てきません…。

おわりに

私としては、著者が自分の意思で隠居生活をする分には全く構わないし、楽しそうだとすら思います。

しかし、守りたい人がいる今の私には、目指すことはできない生き方かな…という思いがした一冊でした。

というわけで、『20代で隠居 週休5日の快適生活』は、あくまで、「天涯孤独になったらこんな生き方もできる!」という選択肢のひとつとして、捉えておくのがよいのではないかと。

著者のブログはこちら。

oharahenriさんのブログ「大原扁理オフィシャルブログ「大原扁理のブログ」Powered by Ameba」です。最新記事は「迪化街建築さんぽ②」です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク