『「売る」から、「売れる」へ。』水野学氏の講義で学んだ事

「売る」から、「売れる」へ。 水野学のブランディングデザイン講義

「Kiryuくんって、センス無いよね」

って、昔よく言われていた。高校生くらいまでだろうか。

それから後は言われることは無くなったけど、それはセンスが良くなったからではない。単に、大人どうしの会話で面と向かって「センスが無い」と言うのは失礼になるから、気を使ってくれているだけだろう。

センスが無いのは自覚している。このブログだって、全然飾り気が無いままで、いまだにロゴだって無い。自分が装飾的な部分に凝りだすとおかしくなると思うから、手が付けられないのだ。

私はそんな感じで、「センスコンプレックスの塊」な人間である。

でも、実を言うと、センスの欠落した自分から少しでも脱却したいと、心の底では思っている。

…先日、ふと見かけたのが、この本。

黄色い帯には、「慶應義塾大学の名物講義がついに書籍化」とある(トップの画像)。う~ん、東京の大学では、こんなに面白そうな講義をやっているんだね。

パラパラめくって見ると、何やら「センスの身に着け方」というような話が書いてある。

そして、『「売る」から「売れる」へ』というタイトル。最近の私の「ブログでモノを売りたい」という思いとも絡み合って、つい一気読みしてしまった。

私は、センスとかブランディングとかにはこれまで全くの不勉強であるため、この水野学氏の書籍化された「講義」は、全ての事が学びだと感じられた。この記事では、その学びの中から特に印象深かった何点かを取り上げつつ、本書を紹介する。

スポンサーリンク

デザインの力で売れるように仕向ける

「売れる」ように仕向ける

水野学氏の肩書は「クリエイティブディレクター」である。氏の仕事は、デザインの力を使ってブランドの力を引き出し、商品を「売れる」ように仕向けること、なのだという。

売れるデザインを作ったり、それを専門的にアドバイスすることを仕事にしている人がいる、という事実。つまりそれは、デザインが変われば、モノは売れるようになるということ。そして、それは意図的に、狙って引き起こすことができるということでもある。

「本当にそういうことが可能なんだ」というのが、私の率直な感想だ。私自身は、あまりデザイン重視な人間でないからなのか、デザインで売れるということへの直観があまり働かない。

でも、人は私の想像以上にデザインを見ているし、それに突き動かされている。(おそらく私自身も、自分では意識できていないだけで、実際にはデザインの良し悪しにかなり影響されているんだろう。)

だからこそ、デザインという要因で売れるか売れないかという結果が決まっていくのだ。

要するに、デザインの力は実在する。このことを専門家の言葉で確認できたことが、私にとってはひとつの学びであった。

センスとは何か

センスとは?

水野氏は「センス」を次のように定義している。

「センスとは、集積した知識をもとに最適化する能力である」

これは、私のようなセンスコンプレックス人間に勇気を与えてくれる言葉である。センスは生まれ持った才能や感性ではない。知識を集めて、それを咀嚼することで誰にでも身に着けられるものだし、研ぎ澄ませることができるものだ、ということだから。

水野氏はさらに、具体的にどうすればセンスを磨くことができるのか、そのやり方を3通り示している。それは「定番を知ること」「流行を見つけること」「共通点を見つけること」という3つ。詳細が気になる方は、ぜひ本書を読んでみてほしい。

センスについてのプロの考え方・理屈を知ったことで、私も私自身のセンス向上の道筋が見えたようで、かなり前向きな気持ちになれている。

「見え方のコントロール」が必要

ブランドは細部に宿る

ブランドを確立するには、その企業のあらゆる「見え方」をコントロールする必要がある、と水野氏はいう。商品デザインや社長の立居振舞いはもちろん、商品流通用の段ボールまで美しく。「ブランドは細部に宿る」という水野氏の言葉に、氏のブランドに対する考え方が凝縮されている。

他人に見える部分に徹底的にこだわることで、何が起こるか。企業に対して人々が良いイメージを持ち、それが売上の向上や良質な人材を集めることにつながり、さらに良いデザインの売れる商品が生まれ、いっそう企業のイメージが良くなり、、、、という、売れる好循環が生まれるのだ。

私のブログに照らして考えると、「見え方をコントロールせよ」というのは耳の痛い言葉だ。私は見え方に気を遣うことに強い苦手意識を感じてきた。自分なりに最低限・最小限のこだわりを落とし込んではいるけれど、徹底的にやっているかと言われると、そんなことは全然無い。

デザインや見た目を追及することに関して、私は初心者中の初心者なので、今はまだ何をどう手をつけたら良いか判断ができない。これからブログを変化させ、成長させるときの指針として、胸に置いておきたい。

まとめ

水野学氏の仕事例

水野氏は様々なプロジェクトのコンサルタントを務め、長く売れる商品を次々と生み出してきた。センスを磨き上げ、モノや企業にブランドを宿らせることで、商品が人々に選ばれるよう仕向けてきた。

その華々しい成果は、私から見れば魔法のように感じられる。しかしそれは魔法でもなければ奇跡でもない。水野氏の熟考と計算がもたらした緻密な芸術である。

水野氏が「ぼくは手の内は全て明かすほうで」と語っているとおり、本書では氏のセンスに対する考え方とブランディングの進め方が、とても良く整理された形で綴られている。

センスについて考えてみたい方、ブランドの意義と方法論に触れてみたい方は、本書『「売る」から、「売れる」へ。 』を使って水野氏の講義に参加してみるのが、一番の近道かもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク