イボを除去して再発を防ぐ方法、費用と反省点。美容科へ行ってみた!

数年前、左の頬に小さいイボができました。

普通の皮膚科へ行ったら、液体窒素で焼くとかいう処置をしてくれたのですが、その後も何やら跡が残ったままになっていました。

それが、最近大きくなってきたように感じていたんですね。たぶん、イボの再発です。

ちょっと目立つなぁと思い、イヤだったので、また病院行こうと思うようになりました。

でも、普通の皮膚科だとまた同じことの繰り返しかなと思ったので、美容皮膚科や美容外科に行って本格的に取ってもらうことにしました。

以前、脱毛専用の美容科には行ったことがあったのですが、今回は総合美容皮膚科・外科みたいなところです。

私は男性なので、「男の行くとこじゃないかな?」とも思いましたが、気にせず行ってみたよ!というお話です。

スポンサーリンク

イボお披露目

イボっていうのは、これです。ボケてしまっていますが、真ん中のひときわ大きい、茶色のやつですね。

触っても特に痛みはありませんが、見た目が良くない。

美容科に行ってみた

私にとっては初のフツーの美容皮膚科です。院内の患者さんは当然、女性の方ばかりでした。スタッフも全員女性。

待合室で待っている間、「う~ん、場馴れせんな、これは・・・」と思い、なるべく周りの人には目を合わさないようにしていました(笑)

診察室へ呼ばれ、美人の女医さんに見ていただきました。いわく、「脂漏性角化症」っていうものだそうです。

説明によると、皮膚は表皮・真皮・皮下組織の三層構造だそうですが、そのうち表皮と真皮がやられている状態。

処置としてはレーザーで取ってしまいましょう、とのこと。

早速、手術台で横になって局所麻酔をチクッとやって、手術は10分もかからずに終わりました。痛みは全く無し。

手術後は、1週間は毎日朝と夜2回薬を塗り、テープをあてるということをしていました。傷口を乾燥させないことが重要なんだそうで。

塗り薬(たぶん炎症止め)↓

テープ↓

肌色のテープとはいえ、顔に貼ったまま仕事行くのはちょっと恥ずかしかったです。

施術後はこうなりました

こちらは1週間後の状態。汚い色のイボは無くなって、少しピンク色がかっています。綺麗になったなぁ…。

劇的ビフォーアフターはこちら。

そして「あっ!!」と気が付いたのですが。

下のほくろもついでに取ってもらえばよかったです。きっと、ほくろも同じような施術なんじゃないでしょうか。

料金は若干高くなるのでしょうけど、同じような場所ですし、一度に取ってしまうんだったなぁ、と。私のあとにやる人は、周りのほくろ除去も検討されると良いと思います。

さてこの後、「色素沈着の時期」を経るので、手術をした部位は少し茶色くなるそうです。めげずに「美白クリーム」を1ヶ月ほど塗り、その後半年くらいかけて徐々にきれいになる、というのが女医先生のお話でした。

イボ取りの費用は?

こちらが処置時の領収証。

イボ除去費用は7,054円でした。

次の画像は、手術から1週間後に行ったときの領収証(美白クリーム代と説明されました。このレシートからは良く分かりませんが)。

お薬代1,600円。

イボ除去の料金と合わせて1万円もいってないですね。

保険が効かないのでちょっとした出費にはなってしまいますが、1万円未満でイボが取れてスッキリするなら、いいかな!と思います。

(実はここ1年くらい「どうしようかな」とアレコレ悩んでいましたが、さっさとやってしまえばよかったです。)

反省点などまとめ

  • 顔にできたイボを液体窒素で焼くと再発するかもしれません。
  • レーザーでイボをとるときは、近くのほくろの除去も合わせて検討しましょう。
  • 色々と思い悩むより、美容皮膚科・美容外科に行ってしまうほうが、スッキリした気分になれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク