私が会社を辞めて無職になった理由。イライラをぶつけてくる人とは仕事はできない

この4月から無職の Kiryu です。人生で何度目かの無職ライフを送っています!

会社から解放されて、解放感たっぷりです。あなたもたまにはいかがですか?

さて、この記事では私が今回仕事を辞めた理由を綴ってみようと思います。

一言で言えば、退職理由は「人間関係」。よくあることかもしれませんが、上司との関係です。

スポンサーリンク

最初は良い上司だと思った

私にとって大きな問題となったのは、所属する部署の直属の上司です。

入社したての頃は、とても良い上司だと思いました。私は未経験の業界への入社だったので、戸惑うことや困ることも多かったのですが、なんでも親切に教えてくれましたし、仕事の進め方やスキルアップの方法について、相談に乗ってもらったりもしていました。

基本的に残業しないでさっさと帰るべしという考え方の人で、自らそれを実践する人だったので、部下としても早めの帰宅をしやすかったです。

しかし入社から数か月が過ぎた頃、ちょっとずつ「あれ?」と思うことが出てきたんですよね…

イライラをぶつけてくる

その上司は仕事のできる人でした。仕事のできる人には、どこでもそうだと思いますが、仕事が回ってきます。なので、波はあるのですがかなり忙しそうにしていることが度々ありました。

そして、仕事が溜まってくるとイライラし始めるようでした。単に本人がイライラしているだけなら良いのですが、その感情を周りにもぶつけるようなことをしていることが、だんだんと分かってきました。

簡単に言うと、周りの人に暴言を吐くような感じです。

私は、初めの頃はその被害に遭うことはなかったのですが、入社から数か月が経過して会社に慣れ、その上司にとっても私が「お客さん」的存在でなくなった頃から、当たりが強くなってきました。

感情的な人と一緒にいるのは疲れる

こちらとしては、新入社員なので色々と質問したいこともあるのですが、相手がイライラしているので訊くこともできません。なので仕事が進まない… そして仕事が進まないので、時折暴言を吐かれる。悪循環です。

暴言についてはこちらも気にしなければ良いとは思うのですが、毎日、何時間も一緒に仕事をする相手なので、どうしても影響を受けてしまいました。

私は精神的に疲れ、不安定になり、自宅に帰ってからなかなか眠れなかったり、会社に行くのがとてもイヤだと感じたり、勤務時間外でも仕事と上司のことばかりを考えるようなことが度々起こるようになってきました。

最悪だったのは、同居する交際相手に八つ当たりしてしまったことです。自分が一番大切にしたいと思っている人に対して、全く無関係な事情でつらくあたってしまうことを何度もしました。俺ってクズ…!

退職を決意

今後もずっとこの上司とやっていかないといけないのか? こんなに不愉快で落ち着かない日々がずっと続くのか?と思うと、もうこれは何年も勤めてはいられないな、と感じ出しました。

2017年が明けた頃に、年明け初のイライラをぶつけられたところで、「辞めよう」と決めました。

その翌日には退職を申し入れ、引き継ぎ等を終えて、3月いっぱいでの退職となりました。辞めるまでの約2か月間も非常に精神的につらく、何度も通勤拒否をしたくなりましたが、なんとか乗り切りました。

会社としては良い会社だったので、私としてはこの上司のことさえなければ辞めたくなかったんですけどね。

人間関係が理由で会社を辞めるという話は良く聞きますが、それまで私はあまりよく理解できていませんでした。しかし今回の件で、いかに人間関係が自分の勤労意欲や心の安定に影響を及ぼすか、よ~~く理解できました。

上司との関係で悩み、疲れ、自ら命を絶つ人の気持ちも、少しだけ分かりました。私自身は、自殺という選択肢を自分がとることはほぼ無いと思うのですが、これだけ気持ちが追い込まれたら死を選ぶ人がいてもおかしくないな、という程度の気分にはさせられました。

おわりに

つらつらと書いてきましたが、そんな感じで退職に至りました。入社が昨年の春頃で、1年も経たずしての退職です。

私の念願のホワイト企業への入社だったので、私としてもとても残念な選択でした。でも、いくら会社がホワイトでも、上司がブラックで自分が気持ちよく仕事ができずに心を病んでしまうくらいなら、辞めてしまったほうがマシというものです。

今は確固たる収入源も無く、貯金で暮らしている状態ですが、退職前に比べたら心がずっと軽く、幸せな気分でいられています。

イライラなどの負の感情をぶつけてくる人とは、仕事はできない。これが私の退職理由であり、勤めていた会社で学んだ一つの教訓でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク