PCで「トゥ」「ドゥ」を入力する方法3つと覚え方【かなり簡単】

PCでトゥ・ドゥを入力する方法3つと覚え方

Windows PC使用歴20年のKiryuです。

今回はPCのキーボードで「トゥ」「ドゥ」を入力する方法を3つ解説します。また、その中の1つを特にお勧めし、その理由もお伝えします。

小さい「ゥ」が含まれているときの打ち方って、どうも忘れてしまいがちですよね。何度か練習しても、時間がたつと思い出せなくなるから困りもの。

でも大丈夫です。この記事をサッと読むだけで、忘れたくても忘れられない「簡単な覚え方」を知ることができます。

それだけではありません。

その「簡単な覚え方」を1つ知っておくだけで、「ァ」「ヵ」「ュ」といった他の小さい文字も全く問題なく打てるようになります。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

トゥ・ドゥを入力するおすすめの方法

PCで「トゥ」「ドゥ」を入力する際の一番おすすめの方法は「ゥ」を LU で入力するやり方です。

次の手順で入力してみてください。

「トゥ」の入力方法
TOLU
「ドゥ」の入力方法
DOLU

この方法では「ト」と「ゥ」を別々に入力します。

「ト」を入力するために TO の順でキーを押します。これはいつもやっている通りです。

続けて「ゥ」を入力するために LU の順でキーを押します。

次のアニメーションのような感じで入力できるはずです。

T→O→L→U

おすすめの理由1:覚えやすい

「ゥ」を LU で入力するやり方をおすすめする理由は「覚えやすいから」です。

「ゥ」を「エルとユー」の組み合わせで入力するなんてむしろ覚えにくくない?と思うかもしれません。

でも、次のように連想することでいつでも思い出すことができます。

  1. 小さい「ウ」を入力したい
  2. 言い換えると、Littleリトル な「ウ」を入力したい
  3. LU

「エルとユー」の「エル」は「Little」の「L」。だから小さいウを入力したいときはLをつける。

そう考えるとすごく簡単ですし、覚えやすいですよね。

おすすめの理由2:応用が利く

「ゥ」を LU で入力するやり方をおすすめする理由は「応用が利くから」です。

どういうことかというと、「小さいウ」だけでなく「小さいア」「小さいイ」「小さいエ」「小さいオ」も同じように「エル」を使って入力できるんです。

「ァ」の入力方法
LA
「ィ」の入力方法
LI
「ゥ」の入力方法
LU
「ェ」の入力方法
LE
「ォ」の入力方法
LO

なぜ「ァ」を入力するときは LA の順でキーを打つのでしょうか?

もうお分かりですよね。「小さいア」はすなわち「Little ア」、なので LA と入力します。

* * *

応用はまだ終わりではありません。「ァィゥェォ」にとどまらず、そのほかの「小さい文字」も同じように L を頭につけて入力できます。

「ヵ」の入力方法
LKA
「ヶ」の入力方法
LKE
「ッ」の入力方法
LTU
「ャ」の入力方法
LYA
「ュ」の入力方法
LYU
「ョ」の入力方法
LYO
「ヮ」の入力方法
LWA

ここまでをまとめると次の「覚え方」として一般化できます。

「ゥ」などの小さい文字を打つには、頭に Little の L をつける

この覚え方を知っておけば、もう小さい文字は怖くありません!

スポンサーリンク

トゥ・ドゥを入力するその他の2つの方法

「トゥ」「ドゥ」を入力するその他の方法を紹介します。

「ゥ」をXUで入力する

PCで「トゥ」「ドゥ」を入力する際、「ゥ」を XU で入力することもできます。

次の手順で入力してみてください。

「トゥ」の入力方法
TOXU
「ドゥ」の入力方法
DOXU

この方法では「ト」と「ゥ」を別々に入力します。

「ト」を入力するために TO の順でキーを押します。これはいつもやっている通りです。

続けて「ゥ」を入力するために LU の順でキーを押します。

次のアニメーションのような感じで入力できるはずです。

T→O→X→U

* * *

「小さいウ」を「XU」で入力するこのやり方も、ほかの「小さい文字」に対する応用が利きます。

「ァ」の入力方法
XA
「ィ」の入力方法
XI
「ゥ」の入力方法
XU
「ェ」の入力方法
XE
「ォ」の入力方法
XO
「ヵ」の入力方法
XKA
「ヶ」の入力方法
XKE
「ッ」の入力方法
XTU
「ャ」の入力方法
XYA
「ュ」の入力方法
XYU
「ョ」の入力方法
XYO
「ヮ」の入力方法
XWA

一般化して「小さい文字を打つには頭にXをつける」と覚えられるので便利なのですが、1つ問題点があります。

それは「連想がきかない」ことです。

先にお伝えした「頭にLをつける」やり方は「LittleのL」と覚えることができました。でも「X」はそういう覚え方ができません。

このことから、個人的には「X」よりも「L」のほうをお勧めしています。

TWU・DWUで入力する

PCで「トゥ」「ドゥ」を入力する際、「TWU」「DWU」と打つこともできます。

「トゥ」の入力方法
TWU
「ドゥ」の入力方法
DWU

この方法では「ト」と「ゥ」を分けず、次のアニメーションのように一度に入力します。

T→W→U

* * *

この方法の良いところは、打鍵数だけんすう(キーを打つ回数)が少ないところです。

先に見てきたやり方では「トゥ」を入力するのに4回キーを叩く必要がありました(例:TOLU)。

でも TWU と打つなら3回で済みます。素早く楽に入力できるのです。

* * *

他方、この方法のあまり良くないところは「覚えにくいこと」と「応用が利かないこと」です。

「TWU」「DWU」という打ち方は、何かに関連付けて覚えるわけではないので、明日になったら忘れてしまいそうな気がします。

また、「TWU」「DWU」という打ち方は「ァ」「ヵ」といった他の小さい文字を打つときのヒントにはなりません。

以上のような難点があることから、「TWU」「DWU」を使った入力方法は「可能な限り打鍵数を減らしたい上級者向けのやり方」だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

今回はPCで「トゥ」「ドゥ」を入力する方法3つをご紹介しました。

ポイントを復習しておきましょう。

簡単に覚えられておすすめできる方法は「ゥ」を LU で入力するやり方です。

「トゥ」の入力方法
TOLU
「ドゥ」の入力方法
DOLU

「ゥ」などの小さい文字を打つには、頭に Little の L をつけると覚えておけば、他の小さい文字(ァィェォヵヶッャュョヮ)に応用できます。

よく似た入力手順として「ゥ」を XU で入力するやり方も紹介しました。

「トゥ」の入力方法
TOXU
「ドゥ」の入力方法
DOXU

最後に、キーを叩く回数が少なくなる方法として「TWU」「DWU」と打つやり方も紹介しました。

「トゥ」の入力方法
TWU
「ドゥ」の入力方法
DWU

3つの方法を紹介しましたが、最終的には自分が最も打ちやすいと感じたものを1つ選んでいただければOKです。

しばらく使っていると、自然と指が打ち方を覚えて楽にタイピングできるようになりますよ。

以上、参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました