宅建士合格ブログへようこそ!

このブログを訪れたあなたは、「宅建士の資格をとりたい!」という気持ちが高まりつつある人だと思います。転職を有利にするため、給料アップのため、昇進や起業の準備のため…色々な思いがあることでしょう。目標を実現するためには、質の良い情報を集めて何としても合格を勝ち取りたいですよね。

さて宅建士の資格を取るためには、年に1回の宅建士試験を受験し、合格する必要があります。宅建士試験の合格率は毎年15%前後です。10人いても1人か2人しか合格しない高い難易度なので、きちんと対策を練って、計画的に受験勉強をしていく必要があります。

そこでこのブログの出番です。このブログでは、受験までに必要な様々な情報を提供しています。特に、「独学」と「通信講座」に関する情報を中心にお伝えできるよう努めています。

このブログの管理人Kiryuは、数年前にゼロから宅建士の勉強を始め、半年かけて独学し、一発で合格することができました。しかし今になって勉強をしていた当時を振り返ってみると、合格するかどうか分からない中、手探りで勉強を続けるのはとても不安で苦しいと感じていました。また、もっと効率的な勉強のやり方を知っていれば半年も費やすことはなかったのでは…と反省しています。

だからこそ、私の後に続く人には「これならきっと合格できる!」と思えるような勉強法を知ってほしい。また、「独学ばかりが選択肢じゃない。工夫が凝らされた教材を使って、楽しい気持ちで、比較的短い期間で学んでいく通信講座という選択肢もある」ということを知ってほしい。そんな思いでブログを書いています。

ぜひこのブログを参考にして学習を進め、宅建士合格を勝ち取ってください!あなたを応援しています。


新着記事はこちら!

売主の担保責任は暗記不要!最強の覚え方は「理解」すること。理想形から民法の規定を導く考え方をシェアします
売主の担保責任を暗記できず困っていませんか? 実は暗記する必要はありません。筋道立てて理解する方法があるからです。この記事を読んで売主の担保責任をハックしましょう!
宅建士の「法定講習」は全国どの都道府県でも受講できる?(遠隔地へ引越す宅建士が知っておくと良いことシリーズ その3)
宅地建物取引士証の更新前に受講が必要な「法定講習」。資格登録をしていない都道府県でも受講できるのでしょうか? 私が引越す際に調べたことをまとめてみました。
宅建士の住所等の「変更の登録」は必須? 郵送で手続できる?(遠隔地へ引越す宅建士が知っておくと良いことシリーズ その2)
引越し等で住所が変わったり、結婚等で氏名が変わったりした宅建士は、何か手続きが必要なのでしょうか? この記事では「変更の登録」についてまとめています。関連事項についても書いていますので、引越し前にチェック!
都道府県外へ引越す際、宅建士の登録移転は必要?移転不可の場合って?(遠隔地へ引越す宅建士が知っておくと良いことシリーズ その1)
宅建士が都道府県外へ引越す際、「登録の移転」をする必要があるのでしょうか? そもそも登録移転ができない場合とは? 私の実体験に基づいて書いてみました。
フォーサイト宅建講師はYouTuber!? 窪田義幸先生のまとめ。学歴や講師経験・保有資格など
フォーサイト宅建士講座の専任講師 窪田義幸先生とは? YouTuberとしても大活躍中!受講者からの支持も厚い窪田先生の知られざる経歴について!
一目でわかる!宅建合格後に必要な手続き・日数・費用の早見表。4か月・7万円以上かかることも!
宅建士試験に合格したら、さっそく資格登録を済ませて宅地建物取引証を手に入れましょう!そのために必要な手続き・所要日数・費用について早見表にまとめました。
契約書と37条書面の違いは何?契約書と37条書面を分けた実例は?
契約書は37条書面を兼ねることが多いとよく聞きます。でも契約書と37条書面は何が違うのでしょうか?契約書が37条書面を兼ねないケースとは? 私の理解を共有します。
資格スクエア宅建講座の口コミ・評判を検証!有料で受講した結果、おすすめできないと感じた理由5つ。今後の改善を望みます!
資格スクエア宅建講座の口コミ・評判って気になりますよね。有料で受講した結果、残念ながら、私には合いませんでした…orz デメリットを5つ紹介します。

実を言うと、このブログは私が過去に書いた宅建士関連の記事を加筆修正し、新しい姿に生まれ変わろうとしている最中です。複数の記事を見ていくと、文体や写真の雰囲気にばらつきがあるかもしれません。どうかしばらくの間、ご容赦くださいm(_ _)m


未改稿の記事も含めた記事一覧はこちらです(★がついているのは改稿済で、内容がより充実しています)。

スポンサーリンク
Kiryuをフォローする
宅建士合格ブログ