【Excel】二次関数のグラフを作る方法【簡単】

【Excel】二次関数のグラフを作る方法【簡単】

Excel使用歴約20年のKiryuです。

今回はExcelを使って二次関数のグラフを作る方法を解説します。

はじめにグラフの作り方だけをざっと説明します。そのあとでxやyの値を素早く簡単に入力する方法についても紹介します。

この記事を参考にしていただければスムーズに二次関数のグラフを作れるはずです。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

二次関数のグラフを作成する手順

二次関数のグラフを作成する手順を解説します。ここでは例として二次関数 y=x2 のグラフの作り方を見ていきましょう。

  1. 一定範囲のxの値を縦方向に入力

    一定範囲のxの値を縦方向に入力します。上の画像では-6から6までの整数を入力しています。
    (Excelの機能を使ってxの値を素早く入力する方法については後述します。)

  2. xの値に対応するyの値を入力

    xの値に対応するyの値を入力します。
    (Excelの機能を使ってyの値を素早く入力する方法については後述します。)

  3. 入力したデータをすべて選択

    入力したデータをすべて選択します。

  4. 「挿入」タブの「グラフ」グループにある散布図アイコンをクリック

    データを選択した状態で「挿入」タブの「グラフ」グループにある散布図のアイコンをクリックします。
    グラフの選択肢がいくつか出ますが「散布図(平滑線とマーカー)」または「散布図(平滑線)」のどちらかをクリックします。

  5. 「散布図(平滑線とマーカー)」と「散布図(平滑線)」のグラフ

    二次関数のグラフが挿入されます。
    上が「散布図(平滑線とマーカー)」をクリックした場合のグラフで、
    下が「散布図(平滑線)」をクリックした場合のグラフです。
    グラフ上のマーカー(点)の有無のみ異なります。
    好みや用途で使い分けてください。

スポンサーリンク

xの値を素早く入力する手順

xの値はひとつずつ手入力しても構いませんが、Excelのオートフィル機能を使うと素早くたくさんの値を入力できます。

オートフィル

以下で手順を見ていきましょう。

  1. セルA2に-6を入力

    最初にセルA2に-6を入力します。

  2. オートフィルを実行

    セルA2を選択した状態でマウスのカーソルをセルA2の右下に近づけます。
    マウスのカーソルが十字のアイコンに変わったら Ctrl を押しながら下方向にドラッグします。

  3. xの値を素早く入力できた

    xの値を素早く入力できました。

スポンサーリンク

yの値を素早く入力する手順

yの値はひとつずつ手入力しても構いませんが、Excelのオートフィル等の機能を使うと素早くたくさんの値を入力できます。

オートフィル

以下で手順を見ていきましょう。

  1. セルB2に数式を入力

    セルB2に y=x2 の右辺をExcelが理解できる形に書き換えて記述します。今回の例では「=A2^2」と書きます。

  2. セルを確定

    セルを確定すると計算結果「36」が表示されます。

  3. オートフィルを実行

    セルB2を選択した状態でマウスのカーソルをセルB2の右下に近づけます。
    マウスのカーソルが十字のアイコンに変わったら下方向にドラッグします。

  4. yの値を素早く入力できた

    各xに対応するyの値を素早く入力できました。

手順の1つめ「二次関数の右辺をExcelが理解できる形に書き換えてセルB2に入力する」ところが少し難しいかもしれません。

次の表にいろいろな二次関数のとその書き換え例を示しましたので参考にしてください。ちなみにハット「^」はべき乗の記号で、アスタリスク「*」は乗算(掛け算)の記号です。

y=ax2 の場合
二次関数の式B2に入力する数式
y=x2=A2^2
y=10x2=10*A2^2
y=-x2=-1*A2^2
y=-10x2=-10*A2^2
y=ax2+b の場合
二次関数の式B2に入力する数式
y=x2+1=A2^2+1
y=10x2+1=10*A2^2+1
y=-x2-1=-1*A2^2-1
y=-10x2-1=-10*A2^2-1
y=ax2+bx+c の場合
二次関数の式B2に入力する数式
y=x2+x+1=A2^2+A2+1
y=10x2+5x+1=10*A2^2+5*A2+1
y=-x2-x-1=-1*A2^2-1*A2-1
y=-10x2-5x-1=-10*A2^2-5*A2-1
スポンサーリンク

この記事のまとめ

green

今回はExcelで二次関数のグラフを書く方法について解説しました。

xやyの値を手入力したとしてもグラフは書けます。でもせっかくなのでExcelの機能を使ってxやyの値を一気に入力しちゃいましょう。そのほうが楽ですし、慣れれば時間も短く済みますよ。

以上、参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました